日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

東アジア杯 VS中国

一言。
ひっでぇぇ試合。

振り返ってみると、前半は全くいいところなし。
早々にPKで失点すると、反撃の糸口はなかなか見えず。
どうにか栗原のセットプレーからの得点で追いつくも各自見せ場はなく退屈な内容。
これならテレビ東京の「進撃の池上彰」でも見ているほうが有意義に時間を過ごせたろう。

ところが後半に入ると流れは日本へ。
中国が早々とばてたこともありボール回しがスムーズに。
これでリズムが出てくると、左サイド槙野の完璧な低いクロスに柿谷が合わせて勝ち越し。
槙野のクロスも絶妙、そして低い位置且つGKもすぐ目の前にいる中で、綺麗に頭で流し込んだ柿田も素晴らしい。
さらに2分後。今度は柿谷が中央へ切れ込みシュート。こぼれたところに工藤がつめて3点目。
柿谷の切り込みは勿論、左に囮で入った原口の猛烈なあがりも好アシスト。
うん、よかったのはここまで。
ここで大人しくチャンネルを7に合わせるのが懸命でした。

その後は中国の足が完全にとまったこともあり追加点、とは行かず。
ある程度形は作れても得点にはならず。特に柿谷が完全ドフリーで抜け出した場面をトラップミスでフイにしたのは痛かった。柿田には1得点1アシストしたけど、実質1点失ったよ。
一方の中国は足こそ殆ど止まっており前半ほどの勢いはなかったが、ロングボールを放り込み果敢に前へ。
するとポスト直撃シュートのこぼれ球を詰めた所で駒野が痛恨のファール。
このPKをきっちり決め1点差。
これで勢いを取りもどすと、今度は右サイドからのクロスボールに合わせて同点。
今日はもう両サイドガリガリに破られていたな。この時の槙野の対応もあかん。
結局このままのスコアで試合終了。
日本としては2点のリードをもらい、ゲームでも支配できていた中、つまり“勝てた試合”をみすみす逃すという最悪の結果に終わりました。

まあ正直、これじゃ国内で結果出してもベストメンバーの代表に漏れるのは仕方ないな。
特に両サイドバックは守備がスカスカで、とてもじゃないがウッチー、長友とは比べられないレベル。
青山、山口の両ボランチも微妙。役割分担はできているとは感じたが、中盤でうまくさばけていない場面も多く中々インパクトを残すことはできなかった。これなら途中出場の高橋の方が印象に残ったかな。
そして散々国内組待望論が出ていた前線。
悪くはなかったが良くもなかったという印象。1番期待していた柿谷に関してはもう少し見てみたいと思う。
両サイドの原口、工藤も少しは持ち味を出していたが、まだまだ浅い。
あとは大迫、豊田を次戦以降でじっくり見てみたいところ。

と、選挙速報のU字画面のおかげで見にくいなかで見たにも関わらず薄っぺらな試合で正直疲れた。
やっぱテレ東が賢明だったかなぁ(遠い目)。
2013-07-21 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR