日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

コンフェデ杯・イタリア戦

今朝方行われたコンフェデ杯イタリア戦。
日本は善戦むなしく3-4で逆転負け。これで準決勝進出は消滅してしまった。残念。

試合は前半から日本が圧倒的に試合。
ブラジル戦とは打って変わって積極的な展開で、序盤スローペースのイタリアを完全にパス回しで翻弄。
何より香川のボールタッチ数がブラジル戦とは段違い。やっぱ香川が触ると流れが出るね。
さらにボランチの長谷部も積極的に攻撃参加。これもブラジル戦では見られなかった違い。
こうして攻撃に人数をかけることで圧が増した日本。さしものイタリアもまずは守備という意識に。
又、攻撃に人数をかけたことでセカンドボールを拾える率も高くなり、日本としてはセーフティにイタリアのゾーンでプレーできていました。こういう攻撃が出来るなら文句ないよ。

すると先制したのは日本!岡崎が抜け出したところをブッフォンが倒してPK!
これを本田が真ん中ではなく右端に決めて先制!
さらに今度はCKから、最後は香川が1番得意としている反転してからのシュートでゴール!
まさかまさかの2点を先取する展開に驚き。これで僅かながら「いける!」と思った。
しかし、序盤のハイペースがたたったか、30分過ぎから明らかにスローダウン。
なんとか無失点で前半終えよう、と思っていたがCKから1点を返される。
いやな時間に失点はしたが、なんとか1点リードで前半終了。

後半、いつまで耐えられるか・・・そもそも前半のペースだと厳しいなぁ、とか思っていると・・・
あっさり同点(汗)。
内田のOGになってしまったが、これは吉田のいただけないプレー。説教されても仕方ない。
最近の吉田は本当に守備陣の核として活躍していたのに、この場面で致命的なプレーをしてしまっては・・・
この辺りが吉田がどうも中堅クラスから抜けられない要因なんだよなぁ。
するとその直後に微妙な判定でイタリアにPK。これをバロテッリが決めてイタリア勝ち越し。
ああリードとはなんだったのか(遠い目)。
ただそこからセットプレーで同点に追いついたというのは見事だった。
遠藤のキックは完璧、岡崎のヘッドも満点。これぞ、相手に守備固められた中でセットプレーという飛び道具を使って得点を決める、というお手本の様なゴールでした。
これで波が来たか、日本はその後息を吹き返し攻勢に。
香川らの惜しいシュートもがあるもポストに阻まれて勝ち越しはならず。
すると終了間際、一瞬の隙を突かれてイタリアに勝ち越しゴールを許してしまう。これで勝負あり。

まあこんな打ち合いになるとは思わなかったというのが1番。
ブラジル戦とは明らかに攻撃に関する意識を変えて臨んできたというのは十二分に理解した。
結果4失点はしたが3得点と攻撃では成果を残す。
確かにイタリア相手に善戦したのは評価できる。が、善戦しても負けちゃ意味ない。親善試合じゃない国際試合では結果が何よりよ。
この場面どんなに良くても勝ち点0ではアウト。ボロクソに押されながらの1-0での勝利でも次戦に繋がった。
その辺り、経験や地力の差でイタリアに軍配が上がったかなと。
はっきり言って、コンディションの差もあったかもしれないが、イタリアにブラジルほどの脅威はなかった。
バロテッリだけはどうにもならない印象だったが、他の選手に対しては充分に対応できていたと思う。
特に心臓部のピルロに関してはほぼ完封したといって間違いない。度々ボールを奪う場面もあったし、前からの守備は非常に効いていたと思う。

まあなんぼいっても決定力の差だよなぁ。
どちらも足が止まってきた中で、数少ないチャンスをものにしたイタリアと、再三のチャンスを作りながらポストに当ててばかりいた日本。
ホントにネイマールとかバロテッリみたいなエースフォワードがいればなぁ。

これで残念ながらコンフェデ杯は終了。世界との差は嫌というほど思い知っただろう。
残り一戦、消化試合となってしまったメキシコ戦は有意義に内容を求めて欲しい。
グループ最下位で帰ってくるのは勘弁な。
2013-06-20 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR