日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2013 セ・リーグ

今年はWBCがあったのでそちらの方ばかり集中していました。
なのでオープン戦も殆どノータッチで今になってようやく結果をチェック。
そういうわけで今年はあまり自信はありません。
まあ毎年自信があってガチでやっても外してばかりなので(爆)、こうやってゆるーく見ていけばむしろ当たるのかもしれない。
ゆるキャラブームもあるし、ゆる予想で言ってみようと思う。


1位:巨人
今年もセリーグの中では頭一つ抜けたような存在。
まあ普通にやってりゃ優勝、どんなに悪い材料が重なってもCS圏内は硬いだろう。
唯一の不安は大量に選出されたWBC勢のコンディションくらい。投手陣はどうにもなるが、大黒柱の阿部、替えの効かない坂本、長野に悪影響が出るとまずくなってるかも。

投手陣は、東野のトレードで香月、阿南を獲得。
しかしなんといっても今年の注目は黄金ルーキーの菅野。
入団に至るまでは色々とあったが、実力に関しては文句なし。
早くも新人王候補最有力に挙げられるなど先発ローテとして期待されている。
まあ菅野の出来がどうであれ、内海、杉内、ホールトン、沢村と実績の有る先発が4枚。さらに今年こそ大ブレイクしそうな開幕投手指名の宮國もおり層は非常に厚い。
他にも高木京、小山、笠原と開幕ローテからもれてしまった期待の選手もおり、多少の怪我人くらいではびくともしない鉄壁の布陣と言えよう。

リリーフは先発に比べると、とは思うがそれでも十分に揃っている。
右のマシソン、左の山口に抑えは西村と7回以降のリレーは磐石。
新戦力としては、クローザー候補にも挙がっていたアコスタがいるが、あまり期待しないほうが良さそう。
それよりも難病から戻ってくる越智の復帰投球に期待しています。

野手に関しても言うまでもなし。12球団ナンバーワンといって相違ないだろう。
打線の破壊力は文句なし。機動力もあり走攻揃った選手が並んでいる。
不安点は先に書いたとおりWBCの影響と阿部の怪我くらい。
新戦力で期待していたロペスに関しては、オープン戦を見る限りダメだと。
正直、2年目のボウカーの方が期待していたり。日本シリーズの時の様な勝負強さを期待してみたい。

★注目選手
投手:菅野、宮國
野手:村田、横川、ボウカー


2位:ヤクルト
大きな補強はないもののバランスはいいチーム。
毎年けが人は悩まされているが、それでも昨年は3位。
つまり怪我人がいなければ、となるのだが、それはヤクルトには無理な話だったりする。
直、私ここ3年ほどセリーグはヤクルト応援しているので、そろそろ日本シリーズで見たいという願望も多少は入っております。

投手陣は大きな補強はないものの元々のポテンシャルは高く問題なし。
既存の戦力に加え、ルーキーの小川が相当期待できそうなので戦力は着実に上積みになった。
石川、館山、村中の3本柱と共に1年間ローテに定着してくれることを期待している。
ブラジル代表のフェルナンデス、プエルトリコ代表のロマンらWBC戦士の活躍も楽しみだ。

野手陣は今年も頼りになる面子が揃う。打線の破壊力は球界屈指。
だったのだが、バレンティン&川端と中軸打者が怪我で出遅れ早くも暗雲。
今年もヤ戦病院は通常運営で、スタメン選出に悩む日が続きそう。
特に開幕直後のバレンティンは狂ったように打ちまくるので期待していたが・・・
ただ、その代わりに期待できそうなのがメジャー帰りの岩村。楽天時代?知らんよ。
今年はオープン戦から好調で川端の故障もありサードのスタメンは当確っぽい。
ついに復活する姿を見られると非常に楽しみである。2割8分20本くらいは期待している。

★注目選手
投手:小川、フェルナンデス
野手:岩村、雄平、中村


3位:阪神
昨年はまさかの5位に沈んだが今年こそはと“マイナーリーガー”2名の補強を敢行。
日本球界を思うとあまり喜ばしくはないが、これはかなり大きい補強になったといえそうだ。

投手陣は先発はほぼ変わらず。なので大きな変化は期待できない。
問題は絶対的守護神だった藤川がメジャーへ行ってしまった事。これはそう簡単に埋まらない。
代役には久保が納まるようだが、絶対的な決め球というものは存在せず、先発時代からバランスが持ち味の投手だったと思うので、正直抑え適正があるかどうかは疑問。精神的には強そうだけど。
抑えだけではなく中継ぎも不安。昨年出来すぎの感がある加藤なんかは今年成績を落としそう。
売り出す予定のAFK(安藤、福原、久保)のリリーフ3本柱がどれだけ機能するか、それが阪神の順位を上下させる最大の要因になるだろう。
・・・6月ごろには解散している気が(遠い目)。

さて今年の阪神投手陣といえば注目はスーパールーキー藤浪。
日本人離れした高さと、即プロでも通用するといわれる投球には誰もが期待するところ。
まあ高卒1年目なので5勝もできれば十分。今年はプロで経験を積みながら体作りに努めて欲しい。
活躍するのは2年目、3年目以降で問題なし。くれぐれも阪神には未来の日本球界のエース候補を潰すようなことだけはしないでもらいたい。
直、個人的に既にあだ名で「ドラゴン」と呼んでいますw

打線はホームランバッターこそ少ないが巧打者が揃っている。
昨年不調だったマートンの復活に期待。2年目の伊藤隼も飛躍して欲しい。
ただ、巨人との違いは選手層の厚さで、怪我人が出るとがくっと戦力ダウンする感は否めない。
代役となる選手(坂とか荒木とか)がスタメンクラスに比べると打棒に全く期待できないのは痛い。
新井さん(兄)は・・・

そんな中で今年の注目はなんといっても西岡&福留。
正直、マイナーリーガーに大枚をはたいてあまり印象は良くないのだが、残念ながらオープン戦では好調でこれならシーズン中も問題なく活躍していそう。
特にミネソタの金塊こと西岡はまだ若く、普通にロッテ時代の成績に戻してきそうだ。
あとは新戦力としては新外国人でスイッチヒッターのコンラッドを獲得。
正直評価に難しい選手。中距離バッターの触れ込みだったのにオープン戦ではホームラン3本で打率2割6分。
シーズンに入ると打率はそのままで長打が激減するパターンか。スイッチヒッターとしてはセギノールクラスにはなれそうではなく、せいぜいリンデンくらいの成績が残せれば吉。

★注目選手
投手:藤浪、久保
野手:マートン、伊藤隼、コンラッド


4位:中日
近年は非常に安定感を持って戦えているチームではあるが、そろそろAクラスから落ちそう。
DeNAに外国人3人を持っていかれたのもあるが、世代交代の失敗によるスタメンの高齢化が響いてきそう。

先発投手はエースの吉見と2番手の山内は計算できるが、それ以降は微妙なところ。
その吉見も昨年末は怪我もあったし、山内にしても昨年のブレイクからそのままの成績を残せるかは未知数。
岩田、大野、伊藤準あたりがそろそろ二桁勝利できるようにならないと厳しい。
期待できそうな投手は多いんだが、どうにもシーズン通じて働けず、平凡な成績に終わってしまっている印象が強い。
新戦力ではブラッドリー、カブレラと2名の外国人を獲得したが、こちらもあまり当てにはできない。
どちらかでも使えるようなら儲けものレベル。

先発以上にまずそうなのがリリーフ。
岩瀬もそろそろ衰えが見えており、後継者が必要。その1番手だった浅尾は怪我明けでアウト。
昨年大活躍だった田島は2年目のジンクスをどう越えられるか。ここが問題ないようなら先は明るい。

野手陣は今年も打線で苦労しそう。
スタメンの高齢化に加え、長打力が圧倒的に不足している。
そのカンフル剤として獲得した新外国人のルナとクラーク。
ルナはまあそこそこくらい。ユーティリティの中距離打者というカタログスペックの時点で危うい。
むしろクラークの方に期待している。こちらは明かな長距離打者という感じ。本拠地がナゴヤドームなのでそれほどホームランは期待できないが20本くらいは。
と、2人の外国人に頼りたいが、いかんせん実力はシーズン入ってみないと分からない。
和製大砲の中田もそろそろ出てきて欲しいが・・・
まあ今年も機動力と小技で1点を取りに行く野球になりそう。
そのスモールベースボールにおいて最も期待したい存在が1番の大島。
昨年は盗塁王こそとったものの、企画数が多く成功率は芳しくない。打線を引っ張る意味でももっと確実性を上げて頼れるリードオフマンになってもらいたい。

★注目選手
投手:大野、田島
野手:クラーク、中田、大島


5位:広島
アメトークでカープ芸人をやったり、密かに注目を集めている広島。
ただ球団の財政事情から今年も大きな補強はなく、今年も厳しいペナントレースになりそう。

投手陣はバリントン、マエケン、野村、大竹と計算できる先発が4枚。これは大きい。
野村に関しては2年目のジンクスが不安。昨年後半は負けも込んでいただけにどうなるか。
これらの面々に続いて福井、斉藤、篠田辺りがついてこれるようなら面白い。
先発投手に関しては十分に揃っているといえるだろう。

リリーフに関しては先発よりも不安な点が多い。
その最たるは今村のクローザー転向。昨年フル回転の活躍で大ブレイク、WBC代表にも選ばれた。
が、活躍1年目の成績であった先期ほどの成績を残せるかは疑問。しかもより精神的負担の大きいクローザーとなれば、勤続疲労と相成って潰れないかと心配。(実質)1年目で活躍した広島の中継ぎの2年目以降にあまりいい成績を残し続けている選手がいないというのも・・・(小林幹、沢崎、苫米地、etc)。
正直、ミコライオをそのまま起用しても問題ないと思うんだがなぁ。
頼むから先は長い若手右腕を潰さないでくれよ、と。

野手では4番に座るであろうエルドレッドがオープン戦で絶好調。
昨年途中獲得ながら11本を打った打力は頼もしく、2年目の今年はもう少し率も残せる怖い打者になって欲しい。
ちなみにバレンティンが怪我で出遅れていることもあり、密かに今年のホームラン王になるんじゃないかと思っています。
もう1人、新外国人のルイスも面白い存在。オープン戦では微妙だったが、走攻守に揃った外野手で3番打者としては適任。この選手が好調ならば広島打線にも相当厚みが出ると見て間違いない。
ただ、↑の2人もそうだが不確定要素が強く確かな戦力として計算できるかは未知数。
中軸打者の栗原も怪我があり開幕こそ間に合ったものの、今年も1年を通じてやれるかは微妙。
二塁の東出は今シーズンアウトで代役の安部、菊池らのレベルアップは必須。
昨年ブレイクした堂林はオープン戦で大苦戦。今年は勝負の年になりそう。
と、不確定要素も多く期待もあるが不安も大きいチームといえる。
投打が噛み合えば十分CS圏内も狙えるが、逆の場合だと最下位という事も・・・

★注目選手
投手:野村、今村、永川
野手:エルドレッド、ルイス


6位:DeNA
長らく低迷期に入っているDeNA。
しかし今年は!と期待させる新戦力が多数。
中日からブランコ、ソーサ、ソトと実績の有る外国人をまとめて獲得。
さらには昨年はブルワーズに所属し、青木の同僚としても御馴染みだったバリバリのメジャーリーガー、モーガンを獲得。
とどめに、ソフトバンクとの大型トレードで、出戻りの多村、吉川に先発候補の神内を獲得と、全球団で1番の注目をさらったオフシーズンでした。
これは期待せずにはいられない。とにかく昨年よりも楽しみなチームになったのは間違いないはず。

・・・なのだが、例年通りの最下位予想なのは投手陣の薄さのせい。
相変らず先発は壊滅的で、さらに高崎が怪我で出遅れていることもあり序盤から非常に厳しい。
開幕投手が5回3失点の藤井になってしまうこともからも惨状は理解できるはず。
そもそも計算できる先発が三浦と高崎しかおらず中々見通しが立てづらい。新戦力のソトには期待しているが、中日時代から1年間通して働けたことがなく、どれだけやれるかは未知数。
昨年ブレイクの兆しを見せた国吉、カカミン、阪神時代は外国人枠にも苦しめられたジェン辺りのブレイクに期待するしかない。

リリーフは今年も山口が締めることになるか。そこにソーサも加わったので厚みは増した。
と、思っていたが加賀が先発にまた戻るような感じなのでプラマイゼロ?むしろ加賀は右に対しての絶対的なリリーフエースだったのでややダウンか。ソーサも年齢的に若くはなく昨年同様やれる保障ははないし。
今年も四苦八苦で投手をやりくりすることになりそうだ。

対して野手は明るい材料が多い。
なにより日本で実績の有るブランコが入ったのは大きい。
昨年はやや苦しんだ感もあったが、黙っていてもきっちり成績を残してくれる好打者。本拠地が名古屋ドームから横浜に移ったことで今年は30本も期待できそう。
そしてもう1人の大物モーガンですよ。ブランコとは違い俊足巧打タイプのバッターでハッスルプレーも持ち味。
1番起用かと思っていたがどうやら3番になる模様。こちらは3割30盗塁くらいは決めて欲しい。

元々打線はそこそこ機能しているチームだったので↑の2人が入ったことでより怖さが増したといえる。
ただ去年は出来すぎっぽかった中村、年齢で厳しくなってきているラミレスに過度の期待は出来ない。
そういう意味でも、チーム期待の和製大砲である筒ゴーには早くものになってもらいたいところ。
それと昨年は高卒ルーキーながら貴重な経験を積めた高城にも期待している。
何故なら今の日本球界は慢性的な捕手不足。阿部が代表引退とか言いだしたお陰で次回WBCの正捕手が見通し立たない状態(大阪桐蔭の森君に期待している状態)。
そんな中で攻守で期待できそうな高城にはマジで期待している。正捕手が定まればチーム自体も確実に浮上してくるだろうからね。100試合出場、2割4分5本くらいは頑張れ!

★注目選手
投手:ソト、ジェン
野手:ブランコ、モーガン、高城
2013-03-29 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR