日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

微妙な勝利侍

WBC2戦目。日本は中国に5-2で勝利。
勝ったには勝ったが昨日の様な満足感はない。
これで2次ラウンド進出を確定的になったとはいえど、不安が残る内容でした。

今日の意気込みとしては、
相手は中国だからコールド勝ちも十分有り得る。9時には試合終わるからやべっちFCもずれこむ事はないな!
昨日は大幅延長のお陰でワープロがなくなってしまったようだし(泣)。てか放送枠2時間というのが。
とか、思っていたら・・・はぁ・・・

問題はやはり打線ですよ。
中田が幸先よく先制打を打ち、5回には糸井の走者一掃タイムリーで5点差。
このまま押せ押せムードで大量得点!と、思っているも、以降得点は入らず・・・
特別中国投手陣が良かったわけでもない。ブラジルの投手と比べ球速も遅く球筋も素直。えげつないボールがあるわけでもなく、割とオーソドックスな投手(日本にもいそうなタイプ)が多かったと思う。
にも関わらずここまで抑えられてしまうというのはまずい。
阿部、長野、稲葉が不調で打線が切れてしまうというもあるが、他の場面でもあっさり三凡に終わったりと淡白な攻撃ばかり目立ってしまった。
しかも格下と見られていたブラジル、中国と2試合連続で続いては・・・
次のキューバ戦は消化試合になる可能性も高いが、せめて打線も上がってきているという兆しを見せて欲しい。
過去2戦よりは遥かに投手レベルも上がるので、いよいよ打線の真価が問われる時だろう。
好不調ではなく、これが日本打線の限界だというのなら悲しい。

一方で投手陣は最後の山口以外ほぼ完璧。
特に先発のマエケン。練習試合で見た限り本調子には程遠く、不安な中で本大会入り。昨日の田中のようになってしまうんではないか?と思いながら見ていたが杞憂だった模様。
直球のスピードも大分戻ってきていたしコントロールも良かった。相手が中国打線ということもあるが5回1安打でまとめたのは見事。練習試合から確実に調子を上げており、これなら2次ラウンドでも十分期待できそうだ。
その後を継いだ、内海、涌井、沢村も問題なし。沢村なんかはかなり球が来ていて気持ちよかったね。
内海→涌井のリレーは謎だったけど(汗)。

次節、水曜は2次ラウンドでも試合をすることになるであろうキューバ戦。
ボコボコにして悪いイメージをたっぷり植えつけてやろうじゃないか。
2013-03-03 : WBC 2013 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。