日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

WBC展望 (POOL D)&優勝予想

ラストのPOOL D。
代表の巨人戦の裏、東京MXで棚橋と田口がヴァンガードやってた(汗)。


-POOL D(アメリカラウンド)-
アメリカ
メキシコ
イタリア
カナダ

■アメリカ
大正義&大正義。辞退者が相次いだことで真のベストメンバーとは言えないかもしれないが、そもそもアメリカの選手層を持ってすればそんなんは小さいこと。
オールメジャーの顔ぶれで今回も優勝候補の筆頭。

投手陣は先発、リリーフ共に磐石。
ナックルボーラーで昨季20勝のディッキーと、21勝を挙げたジオ・ゴンザレスの2枚看板は、現在世界でも5本の指に入る先発投手。
この2人に続くのがボーグルソン、ホランドとやや落ちるのが少し気になるくらい。これでバーランダーとストラスバーグが入ってたら・・・というのは夢。
リリーフにも当たり前の如くメジャートップレベルの選手が並ぶ。
今までは各チームのクローザーを寄せ集めて、中継ぎの登板に対応できていない感じもあったが、今回は本職中継ぎをずらりと揃えこちらも磐石。左右のバランスもよく不安な点は全くといっていいほど無い。
そしてクローザーには今や世界ナンバーワンとの呼び声も高いキンブレルが控える。
昨シーズン、42セーブに防御率1.01というトンデモ記録を残している化け物。
100マイルの速球と高速カーブで組み立てるというスタイルは江川の最上位変換みたいなもんか。

野手も鬼。もう↓でオーダー組んでみたからそれを見てくれ。強い(断言)!
辞退者?なにせれ美味しいの?ってレベル。これでトラウト、フィルダーいたら・・・(恐)。
ベンチの代走守備要因のブルームクイスト(元マリナーズの馬面)以外、全員シーズン二桁ホームラン。
打率3割3人(+規定未満だがルクロイ)、上位は走れるメンバー、守備も堅い、と。
そして何より、これだけのメンバーを指揮するのが元ヤンキースのトーリ監督。
百戦錬磨の名監督を据え、戦えるメンバーを揃えたアメリカ代表が今回こそ頂点に輝くのか?

予想オーダー
1番 (中) ジョーンズ
2番 (遊) ロリンズ
3番 (左) ブラウン
4番 (右) スタントン
5番 (一) テシェイラ
6番 (三) ライト
7番 (指) マウアー
8番 (二) フィリップス
9番 (捕) ルクロイ

先発:ディッキー、ゴンザレス、ボーグルソン
ロングリリーフ:ホランド、デトウィラー
中継ぎ:↑↓以外
抑え:キンブレル


■メキシコ
中米の強豪国。
第1回WBCで日本が優勝できたのはメキシコのアシストがあったたことを忘れない。

メキシコ国内リーグ同様、チームも投低打高の流れ。
投手に関しては今までよりもさらに小粒になった印象。
かつてはエースにロアイザ、クローザーにソリアと先発抑えに中心となる選手がいたのだが今回は後ろが微妙。
エース格のガヤードはブルワーズで昨季17勝。同僚で昨季5勝のエストラダが後に続く。
・・・ブルワーズもこの2人とカナダの斧も許可したんだし青木も出せよな(ぼそっ)。
不動のクローザーだったソリアの後継者には昨季レッドソックスで25セーブのアセベスがその座につく。
ただ防御率5点台10敗とお世辞にも好成績とはいえない。チームのアキレス腱になりそうだ。

野手もメジャーで実績の有る選手も多く中々どうして粒揃い。
主砲のエイドリアン・ゴンザレスが打線の鍵。代表常連の兄、元巨人エドガーも勿論選出。
日本球界に馴染みのある選手としては元オリックスのカリーム・ガルシアと、元楽天のルイス・ガルシアが選出。
2人とも常連。ルイスの方は一昨年に見に行ったKスタでの試合でホームラン打ってヒーローインタビューに上がってたからとても印象に残っています。フォームが気持ち悪いんだよね。
ん?外野手登録2人!


■イタリア
ヨーロッパ二強の一角。国内リーグのプロ化で実力もめきめきと上げており侮れない。
コーチにピアザがいるぞ。

投手陣はメジャーでも登板経験の有る面子が数名、とあとはマイナーリーガーか。
イタリア投手陣のエースというとコディー・チッロって選手が思い浮かぶんだが何故か選ばれてない。
前に台湾だかを抑えている影像を見て中々の好投手だと思ったんが。
まあこういう大会(国籍云々が緩い)なので。国内組よりもイタリア系マイナーリーガーなどの海外組を優先させたということだろう。
その海外組の1人であるオリックスのマエストリは代表ではエースになるのか?
これまでの代表の試合では確かクローザーだったと思うが、どうなるんだろ。
昨シーズン途中から加入し、かなり対応できている様に感じたので先発でも十分いけると思うが。
又、今回も日本球界に馴染みのある選手では元ロッテのセラフィニが選出されている。残念ながら相方?のパスクチは今回漏れてしまったよう。
あとブライアン・スウィーニーなる投手がいるが、この人は元日ハムのスウィーニーだと。
日ハム時代に割と活躍したから印象には残っているが、イタリア系だったっけ?

野手もあまり分からないが、メジャーでそこそこの実績がある選手が数名。
注目はやはりリッディ。イタリア本土生まれ初のメジャーリーガーということで話題になった選手。
マリナーズ所属なのでイチローがいた時代には観る機会がありました。イメージとして荒削りそのまま。
あとは昨シーズン、カブスで15ホームランを打っているリゾという選手もいる。
他にもベテランのプントと、俊足外野手のテノーフィアがメジャーの経験が豊富。
爆発力はないが、中軸で少ない得点をもぎ取っていく野球になりそう。


■カナダ
今回は予選からになってしまったが問題なく突破。
メキシコとの2位争いは激戦必至。

投手陣はあまり芳しくない。
エース候補のデンプスターが辞退により柱となる先発が不在に。先発候補は前の大会では結構揃っていたような記憶があったのだが、殆ど実績のない面子ばかりになってしまった。
まあ前回大会でも元近鉄ジョンソンとかいた位だし元々こんなレベルなのか。
一方でリリーフ事情は割と安泰。
日本球界組のモルケン(ハム)とマシソン(巨人)の2人は代表でも必ず戦力になるだろう。
セットアッパーにはクレイン。何度もMLBで50試合以上の登板をこなしており鉄腕と呼ぶにふさわしい。
そして抑えには青木の同僚、あのアックスフォードが控える。
直、アックスフォードに関しては打たれてる場面しか・・・と(汗)。

野手に関しては投手よりも強みが有る。
ジョーイ・ボットとモルノーが並ぶ中軸はアメリカや中南米勢にもひけをとらない破壊力。
ただ実はそれだけが頼みだったりもする。他にメジャーで打てる選手はマーティンとソーンダース位なもん。
ロウリーとか入ってるじゃん、とか思っていたがジェドじゃなくてブレット・ロウリーって誰だよ。
と、思っていたが昨シーズン11ホームラン打っているようで中々。
あとは守備職人のオアくらいしか。


POOL Dに関してはアメリカが圧倒的優位。残り1枠を3カ国が争うという形になるだろう。
3カ国の中でイタリアはやや実力が落ちるので、実質メキシコとカナダの対決になる可能性が高い。
メキシコとカナダ、投手はメキシコ>カナダ、野手はメキシコ<カナダという印象。
短期決戦は投手の差で決まる可能性が高い、ということでメキシコを推す事にする。
イタリアは全くノーチャンスというわけではなく、1勝すればグループの台風の目になることも。
アメリカが3勝して、残りが1勝2敗で並ぶようなことがあれば面白くなりそうだ。

◎ アメリカ
○ メキシコ
▲ カナダ
× イタリア

と、POOL A~Dまで予想と所感を長々。
最後に2次ラウンド以降の予想をさらりと。

2次ラウンド
-POOL A(東京ラウンド)-
○ 日本
○ 韓国
▲ キューバ
▲ オランダ

-POOL B(アメリカラウンド)-
◎ アメリカ
○ ベネズエラ
▲ ドミニカ共和国
× メキシコ

-決勝ラウンド-
準決勝
○ ベネズエラ(POOL B 2位)×韓国 (POOL A 1位) ●
○ アメリカ(POOL B 1位)×日本(POOL A 2位) ●
決勝
○ アメリカ×ベネズエラ ●

と、なった。戦力的にはアメリカで間違いないんだが、アメリカが優勝している図が浮かばない。
決勝までは残っても中南米チームの前に涙を飲むことになりそう。
でもまあ1番投打とも戦力的に充実しているアメリカを優勝候補の本命に挙げることにする。
対抗としてPOOL Bで2位で上がってきそうなベネズエラかドミニカ。
そろそろ中南米勢の躍進を見てみたい。アメリカよりも「国を挙げて」という本気度も感じられるしね。

日本は2次で1敗くらいして2位通過の可能性が高いと思う。で、準決勝でアメリカにリベンジされる流れ。
ここまでの練習試合を見てあまり期待できないし、何より3連覇のプレッシャーというのが。
あとは山本采配がどうかと。優勝経験のある人ではあるが、オレがリアルタイムで見た2回目(01~05年)の時はずっとBクラスだったからなぁ。
なんにせよ3連覇は非常に難しいのは間違いない。
それでも優勝候補の3番手に挙げるのは「日本野球の実力を見せてくれ!」という想い。
メジャー勢がいなくとも、日本の野球は世界のトップを走るものだと言うことを改めて示して欲しい。

★優勝予想
本命:アメリカ
対抗:ベネズエラ(ドミニカ共和国)
大穴:日本

いよいよ明日開幕!ガンバレ侍JAPAN!!
2013-03-01 : WBC 2013 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。