日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ブラジルが見えてきた。

アジア最終予選イラク戦。
先日のUAE戦の焼き回しを見ているかの様な凡戦だった。
前回の課題が全く克服できておらず、逆にピンチなシーンだけが増えた印象。
とはいえ、結果的には勝ち点3をゲッツできたので合格点。
これで最終予選は4試合終え丁度折り返し地点。
ここまで3勝1分けで勝ち点10と全く問題なし。理想どおりの展開といって間違いない。
残り4戦の内アウェーが3試合になるのが唯一の不安だけど、今日の勝利で3位チームとはかなり差がついたし、残り2勝2敗でもどうにかなると考えると次回W杯は大丈夫そうだ。

で、ここから内容。
まあ川島、前田、岡崎以外は平均点以下だったか。後はマーヤと伊野波が及第点くらい。
長友は相変わらず攻撃面ではぶっちぎりでキレキレだったのだが、いかんせんポジションを高く保ちすぎたおかげで相手右サイドから再三突破を許す。
駒野も正直印象は薄い。最近のジュビロでのプレーには程遠い感じ。
この両サイドをつかれ前半の序盤はかなりまずいシーンもあった。
幸いにイラクの決定力不足とミスにも助けられた感じ。あれで最初からエースのマフムード入ってたら正直2失点くらいしていてもおかしくなかった。これはジーコの消極的采配に助けられたな。
あと気になったのは長谷部。試合勘がやはり戻らないのか小さなミスが多かった。運動量は問題なかったと思うのだが、どうにもボールが足元に収まっていないイメージ。はぁ、移籍市場終わっちまったしなぁ・・・
後半にはマーヤのペナルティエリア内でのハンドっぽいプレーがあったが審判スルーで一息。あれは助かった。
と、このように無失点というほどの安心感はなかったのが守備の感想。
やはりカバーの名手今野さんの不在は痛いよう。

攻撃はもう形が見えずチグハグしまくっていた。
あのスローインから岡崎→前田の得点はしびれたが、正直良かったのはそれくらい。
特に本田さんが完全に師匠化。決定力をロシアに忘れてきた模様。
あとは散々クロスボールを放り込んでは跳ね返される繰り返し。まともに点が入りそうだったなの前田の1点を除けば清武と本田に1回ずつくらい。もうどこの岡田サッカーかと思ったぞ。
ああいう攻撃をするならもっと早い時間にハーフナー入れるか、もしくは駒野に代えて高速クロスの使える酒井宏でも入れれば良かったかと。
あとは左サイドを再三切り裂いていた長友と清武のゴールに向う角度のあるクロスも効果的だった。
ああいうシーンこそもっと見たいプレー。GKの好セーブもあったが得点の香りはした。
イラクも後半は前半のハイペースがたたって大分疲れてきていたし、もっと早めに攻撃のカードきっておけば追加点に繋がる可能性もあったはず。。
ただ今日の試合は安全第一勝ち点3を取りに行くという事を優先して考えるなら、無理をせず現状の選手のままペースを崩さず終了間際までプレーさせたザッケローニ采配が正解だったかな。

これで次節は欧州遠征を挟んで11月にオマーン戦。ここで勝てばほぼ決定だろう。
と、その前には楽しみなブラジル&フランス戦も。
特にフランス戦は完全なアウェーで欧州強豪と対戦という、現在の正直な実力を測るには理想的な一戦。
金さえあれば現地に行きたかったのがそんなもんがある訳もなく残念。
2012-09-11 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。