日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタが北海道初上陸 (美瑛の丘サイクリング編)

8月11日(曇り時々晴れ)
不愉快極まりない朝。
クソみたいな試合をみた後、1時間程ウダウダし旭川駅へ。
でもまあ、よく考えればそもそも1次リーグ敗退覚悟のチームがベスト4。
もうこれだけでできすぎじゃないか。
最後の2試合はかぼちゃの馬車如く、“いつもの”関塚ジャパンに戻ったと考えれば納得だ。
しかし相手が悪かった。せめてイングランド戦が見たかったというのはオレだけじゃないはず。

旭川から富良野線で美馬牛へ。
あまり馴染みのない知名だが美瑛の隣駅。
この沿線の観光地というと大体が美瑛と富良野。
富良野は観光所が駅から少し離れている&バスが少ないこともあって今回はカット。
なので自然溢れる美瑛観光になるわけだが、この美瑛のメインスポットの半分は美馬牛から行った方が早いというわけで今回は美馬牛で下車。
ただし美瑛駅とは違い駅前に商店などは何にもないので注意。

観光には美馬牛駅近くのレンタルサイクルを利用。
いやー初めて電動自転車に乗ったけどこりゃ快適でたまらんわ。これなら坂道もスーイスイ。
今の自転車が廃車になる際には是非とも電動に買い換えたいもんよ。
で、ここから美瑛の丘ハイライト。
今朝方の3位決定戦の嫌な思いは美瑛の自然に癒してもらおう。

biei
一本のポプラ。未舗装の道を通るので注意。

biei2
拓真館という写真館を見学。この辺りでっかいトンボが沢山居るも捕まえられず。
↑は拓真館から10分ほどの位置にある哲学の木。見てのとおり曇り空なのがいただけない。
また、ポプラ~拓真館の途中にある四季彩の丘は後ほど。

biei3
ん、貴様、見ているな。

biei4
ふれあい牧場。
哲学の木からは15分ほど。

biei5
千代田の丘見晴台より。前方にある施設は先ほどのふれあい牧場。
ここに来るまでの未舗装の坂道は電動でもきつい。足はともかく尻が痛い。

biei6
千代田の丘~三愛の丘と経由して美瑛駅方面に向うところにあるひまわり畑。
ガイドブックには載っていない場所だが、この一面に咲き乱れる黄色は圧巻。
琥珀さんが両手を広げてる図を思い浮かべたのはオレだけ?

biei7
美瑛と美馬牛の間で線路を越えるポイント。
と、時刻表を見たら偶然にも5分ほどで列車と遭遇することが発覚!
休憩がてら少し待って富良野・美瑛ノロッコ1号の通過を眺める。

biei8
夕陽の絶景スポットである新栄の丘を経由しクリスマスツリーの木。
しかしながら午前中&曇り空なので新栄の丘は微妙。なので省略。
そしてクリスマスツリーの木。
うーむ、空色のおかげで魔界大冒険の絵みたいだ。

ここでぐるーっと回って美馬牛駅へ。
ただレンタサイクルの時間まで残しておいた四季彩の丘を見学。
biei9
ここは名称の通り季節ごとに様々な花が植えられております。
一面に花畑が広がっている様は非常に美しい。正しくレインボー。

biei10
意外と高低があるので歩いて見るのは結構しんどいかも。
しかしそんな疲れもこの花々を見れば癒される、はず。
難点は今までの場所とは違い観光客が多めなことか。
チャイニーズのツアーとかぶったのはまずった。てか土産物屋のレジくらい並べよクソ。

biei11
入り口付近には藁ロールで作られた人形も。
な、なんとも言えない完成度だ(汗)。

biei12
締めはソフトクリーム、あまーい。

これにて美瑛の丘観光は終了。
走行距離はガイド推奨ルートで25km、今回は最後に四季彩行って寄り道したのでそれよりもうちょっと。
これでだいたい3時間半位。
丘という名の通りにルートは坂道の上り下りが非常に多い&激しいの、レンタサイクルの際にはマウンテンバイクか電動がおススメ。体重の軽い人は前者、デブは後者がいいかと。
そういえば美馬牛駅前で盆踊りのリハーサルやってたんだが、曲の1つになぜかけいおんの2期OPが(汗)。
どうもここの青年会だかの人にはそちらの属性が混ざっている模様。

美馬牛から再び旭川へ。
乗っている時間は40分。なのだが美瑛に着く前に爆睡して目が覚めたらもう旭川だった。
このあとの列車までそれほど時間もないし、ひとまず昼食は改札隣のレストランで。
asahieki
レストランサニーガーデンにて煮魚御膳(900円)。
まあ駅中だしそんなに・・・と思っていたが、これがなかなかどうしてうまお!
煮魚(キンメかな)は丁度いい味付けでご飯にあうことあうこと。
この醤油煮を嫌いな日本人はいないだろうなという感じ。疲れた体でも箸が進みます。
これでサラダー&ドリンクバーまでついてるんだから満足よ。とりあえずパンパンまで食べた。

旭川から札幌までは2時間半ほど。
但し特急王国の例に洩れず、この函館本線は列車の本数は多いものの特急ばかりでなかなか札幌まですんなり行かせてくれない。
ここを越えるか南の石勝線を越えるかは悩みどころだか、いかんせん根室本線の落合⇔新得間の本数が少ないのでしょうがない。
iwami
途中岩見沢で乗り換え。
↑は新型車両verのスーパーカムイ。貧乏人をあざ笑うかのごとく追い越していくぜ。
特急・新幹線に気兼ねなく乗れるようになればそら一流よ。

~つづく~
2012-08-26 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR