日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キモヲタが北海道初上陸 (知床クルーズ&網走編)

8月9日(晴れ後曇り所により雨)
そういえば昨日の夕食のメインはカニだったわけだが、どうもオレはカニむきが下手で食べ方が汚い。
あのTVでやってるカニむき名人みたく上手くいかんもんだねと。

sire21
昨日の雨からは打って変わって青空の知床。
今日の目玉はなんといっても知床クルーズ。オホーツク海から知床半島を眺めます。
なんか事前の案内でTVが来て芸能人が同乗するってことだったが誰だが判らんかった(汗)。
観光客にはあまり理解している人がいなかったことを考えると2代目大泉洋みたいな北海道ローカルな人かな。

sire22
予約を早めにしたので2階の後ろっかわのいい席をとれたのが良かった。
「海上は寒いんで防寒具持ってけ」ということだったが、やや冷えるも丁度いいくらいの温度。
朝の潮風がびゅんびゅん吹き抜けて非常にきもてぃー。

sire28
岩場にはオジロワシが沢山。
これもエゾシカ、ヒグマと並ぶ名物だったりする。

sire23
その目当ての1つであるヒグマ。
残念ながら本日は多く見られず2匹しないなかった。

sire24
水平線と観光船オーロラ。冬場は砕氷船になる。

sire29
航路周辺には昨日のフレペの滝だったり温泉で有名なカムイワッカの滝だったりと半島には色々と滝が存在。
どれがどれだか忘れたので割愛。
↑は確か硫黄の滝だったと思う。硫黄が流れてくるので河口付近の水が緑色になっています。

と、そんなこんなを2時間ほどかけて知床半島の3分の2くらいを往復。
時間がある場合は4時間近くかかって知床岬まで往復してくるルートもあります。
また船乗り場の近くにはこんなのも。
sire26
ゴジラ岩だって。この辺りの漁師の間で定着した呼び名だそう。

バスの時間があるので早めに昼飯。
と、行く予定だった店がまさかの空いてねー!12時からか。
仕方ないので他に行くことにするも迷う。
ちょうど目に入ってきたのはバスターミナル前の伝統ある趣の店。
ちゃっちゃと調べてみると中々良さそう。
sire27
そこで入ったのが知床料理一休屋、この界隈で一番歴史のある名店だそう。
頼んだのは看板メニューにもなっているさけ親子丼(1575円)。
昼飯にしては少し豪華にしたが小っちゃいことは気にしない。
その味は・・・う、うまうまきゅん!、の上のドドスコワイルドだぜぇ~。
これはとんでもねぇな。鮭の身がもうプルプルで最高。それにいい具合の漬けイクラが囲んでいるとあれば鬼に金棒じゃないか。このコンボにノックアウトされない奴はいないだろう。
お土産の絵葉書サービスもあり満足度は120%。最優秀食事賞は決定。

知床から今日はバスで網走まで。
斜里から列車でいけばパスで乗れるのだが、いかんせん本数が少ないので網走観光が出来なくなってしまう。
その交通の便が不便ということもあってか知床には車で来る人が殆どなのだろう。
バスに乗っていたのは網走まで全区間オレ1人だったり(汗)。
実は昨日のシャトルバスでも1回完全独占があった。元はとれんだろうなぁ、と。

2時間弱で網走駅前に到着。
早速荷物を預けて目的の博物館網走監獄へ。
と、ここでバスを待っているうちに雨が降ってきやがった・・・
しかも結構本降りになってきたので困る。バスの待ち時間中に網走監獄へ行くか、それとも予定を変えて室内の流氷博物館に行くかを熟考。ここは自分の晴れ男メーターを信じ予定通り網走監獄へ向うことに。

またまたオンリーワンの観光路線バスで監獄まで10分ほど。
こりゃ空いてるだろうと思っていたが意外と混んでいたり。やはり北海道の公共交通機関は不人気なのか。
aba
ご存知の通り網走といったら網走監獄。
流石にここは現在は使われておらず北海道開拓時~昭和まで使われた施設を博物館にしたもの。現在の網走刑務所は別の場所にあります。雨が中々やまないものの入り口で傘を借りられたので問題なし。
早速監獄の赤レンガをくぐって中へ。

aba2

aba3
中には各監獄施設から受刑者の暮らし、過酷な開拓の様子などの資料が展示されております。
そしてそれを分かり易く?理解させてくれるのが↑の蝋人形。
これが非常にリアルで生々しい。こりゃ夜は肝試し会場にもってこいだな。

aba4
で、網走監獄で1番有名なのは↑の図か。
長い廊下両サイドに牢獄があり、これが中心から放射線状五本のびています。

aba5
いわゆる分度器の中心の位置にあるのがこの監視所。ここから全方向の端までよく見えます。

aba6
外から見ると1つの建物はこんな感じ。
他にも沢山施設があり予想以上に充実した見学。
全ての施設は紹介できないので興味があるなら現地にいくべし。ここは当たり。

帰りのバスまで1時間程あったので網走駅まで歩くことに。
ヒーハー言いながら45分ほど。直、往路は登りがあるのでバス推奨。

aba7
網走駅から本日の宿泊地である北見まで1時間10分ほどの移動。
学生とわずかな観光客のみなのでキハ40系1両でも余裕あり。
持参のFate/Zeroも3巻の折り返しへ。原作も最高だね。ならば決闘ではなく誅罰だ!

北見で夕食。
sasaki
訪れたのは北見の名店らしいラーメンささき。
なのだが・・・人がいねぇ・・・
1度は店通り過ぎて中を確認しちまったよ。
なんとなく入りにくかったけど他に行く候補もなかったので突入。
注文したのは醤油ラーメン(600円)。これは微妙な気が・・・
と、思っていた普通にイケルじゃないか。シンプルだがしっかり魚介が効いたスープは素晴らしい。
濃すぎるわけでもなくあっさりしすぎもせずの絶妙のラインがいいね。コスパも○。
評価:★★★★

ちなみにすっかり忘れてたが事だがここでは本来塩ラーメンを頼むはずだったり。
まあ醤油で美味かったからいいけど。
そういえば店に人が居なかったのもそうだけど、この北見という街は人がいない。
商店街もシャッター商店街になってるし、なんかゴーストタウンみたいに感じました。まだ8時前なのに。
街の規模に反してこの時間に誰も歩いていないというのはなんか不気味だったり。

~つづく~
2012-08-21 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。