日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

シドニー以来のベスト8!

ロンドン五輪、サッカーU23日本代表!モロッコを下しベスト8決定!!
開会前には全く予想していなかった2連勝でまさかの1次リーグ突破。
ベスト8はあのナカータら黄金世代を揃えたシドニー大会以来12年ぶり。こりゃたまげたわ。

今日の試合やべっちFC風に評価するならば、
点数:70点
評価ポイント:勝ち点3ゲット、無失点。
MOM:吉田
かな。

前半は前回のスペイン戦とはなんだったかのかという位の出来。
前への意識が高くポゼッションは短く常に縦に狙ってくるモロッコ相手になかなかハイプレスができず。
ロングボールを放りこみつつ、随所に個人技で突破してくるモロッコの攻撃に手を焼きます。
前半だけでも2回は失点覚悟のシーンはあったが、どちらもギリギリでなんとか防ぐ。
逆に日本の攻撃で得点の香りがしたのはせいぜいCKくらいなもので流れからの得点機は訪れる。
終始モロッコの7番と9番に手を焼いている感がした前半でした。

後半は前半よりもマシになるもなかなか得点の香りはせず。
前半に比べると大分前への意識が出てきたように見えたがGKの好セーブもあり得点ならず。
こういう時に頼りになりそうな大津も残念ながら2試合連続はならずエヒメッシにチェンジ。
しかし日本には奴がいた!
永井神降臨!!
清武のパスが丁度相手ディフェンスの後ろに落ちるとそこに永井が突っ込む。そしてとび出してきたGKをあざ笑うかのように蹴りこんでゴール!!
これは前にもオーストラリア戦だったかで見たようなシーンだな。
しかしまあ永井はスペイン戦であそこまでボロクソに外していたのにどうしてこう難しいシーンはあっさり決めるのだろう、と。
その後は終了間際にモロッコに決定機を作られるも、そこはマーヤの光るプレーで回避。
あれはもう決まったと諦めていたぞ。ホントに九死に一生だった。

と、勝ちに勝ちにはかったがスペイン戦とは違った課題が浮き彫りになった。
相手7,9番に相当痛めつけられたように個人技の対応にはディフェンス陣でチグハグになる場面も多く課題。
特に右サイドH酒井の代わりに入ったG酒井が相手7番にけちょんけちょんにされてたのは問題。
本職は左の選手ではあるが右でも十分に対応できるはずの選手。どうも体が重いよう。
ここにきてコンディションが悪いのか攻守に精彩を欠いており非常に不安。
幸いにしてこれでベスト8入りが決まったので次のホンジュラス戦は控えメンバーも試しつつ引き分け以上を望む。
ビハインドの場面でジョーカーになりそうな宇佐美、杉本辺りをスタメンで使って欲しい。ただM松はいらんよ。

さて時期尚早かもしれないがいよいよメダルなんてもんも見えてくるか。
決勝T進出後とにかく2回勝てばいいのだ。
決勝Tの1回戦ではグループCの国と当たる。Cはブラジルがほぼ1位突破確定。
そしてブラジルは大会始まって見ている限り優勝候補筆頭(汗)。
日本以外では唯一2連勝で突破決定で6得点の力。やはりあの面子は伊達じゃなかったよう。
なので日本はなんとしても次のホンジュラス戦では引き分け以上で締めて1位突破を決めたい。
さすればベラルーシかエジプトになるだろうので十分勝機はある。
そこを越えればB1×A2の勝者と。
ここで負けても3位決定戦があるのでまだメダル可能性はあり。
正直、今の日本で明らかに負けるイメージがあるのがブラジルとホームアドバンテージのある英国くらいのもの。
こ、これはまさかのメキシコ五輪以来のメダルも・・・

ここで1つ問題も。
いつもは事前にJFAのサイトで日本代表のスケジュールはチェックして手帳にメモしておくのだが、正直決勝Tにいけるとも思っていなかったから準決勝以降が見れるか微妙に。
特に決勝戦は予定詰めたから完全にアウト。これで日本代表がまさかまさかで進んだら涙もんだ・・・
だ、大丈夫だよな・・・
2012-07-30 : サッカー : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ベスト8とは素晴らしい。勝ちきったのがいい。
アムラバトが普通に上手かった。来たパスのほぼ全てを納めてたのは脅威。やつの70分でのガス欠はラマダンのアシスト。
日本がプレスいかないのは中二日の身体の重さもあるだろうけど、ああいう相手ってプレスいっても消耗が速くなるだけなんだよね。見越した省エネプレイ。
清武が本当に頼りになった。ファーストタッチの堅さがなくて、1戦目よりもずっと気負いがなく見えた。永井は得点が欲しいってプレーをずっとしてて、その都度シュートを相手に当てちゃったりしてたんだけど、決めてくれて良かった。エースが乗るってのは次勝つためには絶対必要だからね。
次の試合だけど、ボランチ二人を休ませてあげたいもの。2列目は斉藤、宇佐美がいる。でもボランチのセレッソコンビだけは代えがきかない。このポジに一人OAがいればな。なんて思わざるを得ない選考しちゃったんだけど。山村さんらに踏ん張らせるしかない。
吉田のすごさはやっぱりビルドアップだね。あれは頼りがいがある。そして山口はやっぱりハートがあって好きな選手だ。
2012-07-31 02:36 : 低速接近体 URL : 編集
No title
マイアミの奇跡という前例があるので、もしかしたらもしかするかもしれませんよw

日本、是非歴史に大いなる一歩となるような成績を収めてほしいですね。
2012-07-31 18:01 : The key URL : 編集
Re;No title
>低速接近体さん
ラマダンとかいう縛りプレー、やっぱり響いたのかな。
日中飯も水も飲まずあれだけやれるのも凄いけど。

そういえばボランチの控えは山村とMしかいなかったのか・・・
山村は後半守備固めなら当てにできるけど試合通じてで出るとおそらく平均以下で終わる構え。
特に扇原はトゥーロンの時にちょっと連戦続いたらクタクタで人が変わった実績があるから休ませておかんとまずいか・・・
細貝でもいればなぁ、と。

>The keyさん
グラスゴーの奇跡からロンドンの奇跡へ。
日本のサッカー史に新たな1ページができる瞬間をみてみたい。
まずはベスト8からベスト4へ、なんとして乗り越えてほしいものです。
2012-07-31 23:47 : 3番 DH 旋風 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR