日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

Fate/Zero

いやね・・・もう、目からオケアノスですよ。
今しがた最終回を迎えたFate/Zero。
もうここ10年で最高のアニメと言って間違いない。
これをつまんねぇとか言う奴とは絶対に友達になれないと思う。
とりあえず1話から見てみろ、話はそれからだ、と。

最終回も文句のつけようのない締め方。
stay/nightへと続く大火災。なるほどねー、これで終結したわけですか。
壊れるキリツグ・・・何故か裸体のギル様w 前半でおじさんがあんなんなるの見た後でこいつぁww
最後は士郎も登場しSNで御馴染みの例のシーン。泣けた。

では各陣営に一言所感を。
癖のありまくるキャラクター勢が皆非常に魅力的でした。

セイバー陣営
キリツグさんの外道っぷりが予想以上で素晴らしかったなと。
一番の名シーンはやはりケイネス先生戦かな。起源弾撃った後の「ドヤッ!」の表情がw
ランサー戦後の語りも印象的だったり。その勝利の手段はあれだったが。
あと過去編の2話は見ていて痛かった・・・ナタリアさんの散り際の顔がもう・・・(涙)
大一番VS綺麗は文句なしの好勝負でした。

アサシン陣営
と、特になし・・・サーヴァント側は影がいかんせん薄いので。
綺麗の狂っていく様がSNに通ずることもあり興味深い。最終回の笑いに戦慄。
と、これは陣営が変わってからだけど。

アーチャー陣営
優雅の離脱が意外と早かった(汗)。
正直もっと活躍っぷりが見たかったキャラではある。VSケイネスとか好試合になりそう。
ギルさまは相変らず。
VSライダーで最後に相手を認めるような言葉を発したのは傲慢な中にも男気を感じた。

ライダー陣営
癒し、救い、微笑み。
ドロドロの聖杯戦争の中でオアシスのような存在でした。
ウェイバーの成長っぷりが良かったね。この聖杯戦争が今後の人生に唯一プラスに働いたよう。

ランサー陣営
ネタ要因、完璧な工房の爆破とかもう狙ってるとしか思えんw
といいつつ、本当はもっと強そうなんだけど見事なまでにかみ合わなかったチームでした。
ケイネス先生は頑張ったよ。かませ犬としてなら・・・もう微笑ましいレベル。
そんな最後は案の定悲惨な事に・・・

バーサーカー陣営
オレ的に一番好きだった人たち。
初陣のVSギルの戦闘シーン、及び2度目の空戦は共に素晴らしい迫力。
欲を言えば最後のVSセイバーも、もっとじっくり描いて欲しかったなぁ。因縁対決なわけだし。
あとはなんといっても雁おじの活躍、もとい迷走。
もうねぇ、あの状況でおじさん応援しない人はいないっしょ。
他の登場人物と比べるとまともなんだが、なんかちょっとおかしい部分もあって人間くさいのがいい。
「オレのサーヴァントは最強なんだ(どやっ!)」といってたけどあんたが最弱だし。
まあ大体分かっていたことだけど最後まで全く救われず。
結局最後は桜にもあんなん言われて虫の餌にされるし・・・(泣)

キャスター陣営
さりげなーく2番目に好きだったり。
まあ頭のおかしいタッグなのだが、その倫理観がもはや破綻しすぎているのが逆に清清しい、か?
まあやってることはおいといて、とにかく軽いのりで仲良く楽しくコンビが動くのは悪くない。
第1話の「怖がらなくても良いんだよ~」の下りでトラウマになる可能性大なので注意。
あと凛の冒険での地下室のシーンは作中で一番怖かったな。
その所業の割りに、最後は2人とも救われたようで笑顔で逝ったのも○。おおジャンヌ~と。

と、総じてストーリーもキャラも素晴らしかったのだが、音楽も最高だったね。
各OP,ED曲全て名曲だったし。さすがは梶浦さんだな、と。
後期OPの「to the beginning」はもう今年度前半の最優秀楽曲内定なり。


とりあえず明日にでもまんだらけかヤフオクで原作小説全巻揃えてくる予定。
こうなるんだったらアニメも全話録画して保存しておきゃよかったぜ。
最初はあまり期待値が高くなかったかんなぁ。

あーあ、これでまた人生の楽しみが終わってしまったぜ・・・
2012-06-24 : アニメ・漫画感想とか : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR