日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

か・い・し・ょ・う!!

ワールドカップ最終予選からユーロ本大会、今月は正しくサッカーマンス。
オリンピックが全く期待できないことを考えると、今月が一番1年の中でワクワクしそう。
そのオープニングマッチが先ほど終了したワールドカップ最終予選、日本×オマーン。
見事3-0で快勝!という結果を残してくれました。最終予選の初戦としては100点でしょう。

先取点をとった後は日本が悪いときの「パス回しだけで満足するサッカー」が繰り出されてガックリ眠くなっていましたが、後半開始直後に立て続けに得点をとれたのが非常に良かった。
勿論今日の試合はホーム初戦で格下相手ということで、当然にして勝ち点3をとるべき試合ではあったけれど、前回大会の北朝鮮戦といい、どうもこういう試合は苦戦するイメージがあったのでこの結果には素直に喜びたい。

やっぱ本田△が入るとでかいなぁ。
今日のメンバーの中で攻守の貢献度は間違いなく1番だったと思う。あの日本最上位のフィジカルは他の追随を許さず非常に効いていました。マン・オブ・ザ・マッチで異論なし。
そのお陰で香川も前田も岡崎もきっちり生かされてたという印象。香川に関してはクラブでの活躍を考えるともう少し上のパフォーマンスを見たいというのも正直な意見ではあるが。
他のメンバーも総じて問題になるところは見られず文句なし。
長友のロケットダッシュは相変わらずパネェし、ウッチーの攻撃参加が非常に積極的だったのも良かった。
後半出場の五輪世代である酒井H、清武もちゃんと見せ場作ったしアピールにもなったと思う。特に酒井Hは五輪や柏の試合では左サイドでしか見ていなかったけど、ウッチーの交代そのまま右サイドでもしっかりこなせていたのは素晴らしい。

まあ、今日に関しては日本が良かった以上にオマーンがしょぼしょぼだったというのも言える。
中東国特有のハードマークは無く、ただ人数をかけて守っているだけという守備。
そしてトロトロしたカウンターに加え全くシュートを撃つ気を感じさせない攻撃。中東勢は比較的遠い位置からでもバシバシミドルシュートを撃ち込んでくるイメージがあるのですが、それも全く見られず。
正直、オマーンに関してはアルハブシのファインセーブが2,3度あっただけで他に全く見るべきものがなかった。
これがホームになるとどういうサッカーをしてくるかは分からんが、正直今の日本の状態なら全く恐れる必要はない相手というのは理解した。

そういえばついこの間までU23のトゥーロンなんとかがあったような。
ま、あっちはいいか(遠い目)。
A代表は次節、苦手のヨルダン戦。
いい加減潰さなければいけない相手だと思うので、きっちり2連勝してオージーに乗り込むぞ!
2012-06-03 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR