日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

プロ野球順位予想2012 パ・リーグ

セスペデスの一発キターー!と歓喜。
いやーあの体型のコロンが先発だったから今日もマリナーズの貧打が火を噴くかと思ったが、あの打線はそんなものをもろともしないくらい重症だった(汗)。昨日もイチローとアクリー以外は・・・だったし。

昨日のセ・リーグに続いて今度はパ・リーグの順位予想。
今年のパ・リーグは全く読めない!と早くも降参宣言をしておく。
各所で言われていることだが正しく戦国時代というべき図で全く予想が立たん。


1位:西武
自分でも意外なのだが一番混戦状態から抜け出しそうなチーム。
オフに出入りも多く、外国人を中心にマイケルや嶋など面白い人材をとったなという印象。
穴は結構見えるのだがツボに入ると面白そうだなと言うことでまさかの1位指名。

投手陣は先発は問題なし、リリーフは不安満載といったところ。
昨年は本来エース格ではずの涌井&岸が昨年あまり良くなかったが流石に2年連続でということは無さそう。
帆足が抜けた穴にはロッテの藤岡とならんで新人王候補の十亀に期待。オープン戦では不調だったが本来ならいきなり二桁は勝っても全く不思議ではない逸材かと。
統一球が合ったこともあり復活した西口も健在で、ベテランから中堅、若手まで幅広い層でローテが組めそう。
課題はやはりリリーフ。特に新外国人のゴンザレスに任せるというクローザーには不安が。速球派だがコントロールは微妙なタイプという事で中々難しい印象。ただ、オープン戦では全く問題なかったようで意外とかつてのグラマンみたいにはまり役になるかも。
又、巨人から移籍のマイケルもまだまだやれる選手。セットアッパーとしては勿論、日ハム時代にはクローザーの経験があるしゴンザレスがダメな時には十分に代役候補に挙がる存在だと思う。
とにもかくにも西武の上位進出はリリーフ陣に懸かっているいって間違いない。これがダメならBクラスの可能性大。

野手陣はフェルナンデスが移籍したが元々1年働ける選手では無くそれほど問題はないかと。
昨年本塁打王でぶっちぎった中村は健在だし、何より中島が残留してくれたのがでかい。
注目は片岡離脱の代役で獲得した新外国人のヘルマン。内野の駿足巧打タイプでオープン戦から好調をキープ。不安なのはこの手のタイプであまり活躍できた外国人選手は少ないことか・・・個人的にもあまり活躍しそうな図が思い浮かばないのだが果たして・・・
他には広島から獲得の嶋もDH及び左の代打としてはいい補強。石井義の代わりにはなりそう。

★注目選手
投手:マイケル、ゴンザレス
野手:ヘルマン、浅村、上本


2位:オリックス
昨年は僅かな差でCS進出を逃す。
今年は目玉として韓国三冠王の李大浩を獲得。正直なところ、投資額が高すぎるとは思うが。

投手陣はリリーフにミンチェと左の即連力ルーキー・海田が加わりさらに強固な布陣に。
平野、岸田のリレーはとはいえ先発に比べるとやや駒不足な感があっただけにこの補強はでかい。
先発はエースの金子は出遅れたものの寺原を中心にある程度計算できる面子が揃っている。フィガロ、マクレーンの両外国人も昨年以上の活躍が見込めそう。
さらに駆け込み補強であのイガーKを獲得。MLBでは何一ついいところを見せられず、ニューヨークでワーストアスリートに選ばれたり今オフカードゲームの大会で優勝してたりと色々あったが、果たして日本で再び花を咲かせることができるか?どうも調整不足で登板するのはまだ先になりそうだが、夏頃投手陣がへばってきた辺りで一軍で戦力になってくれることを期待しています。

野手の目玉は最初に書いたとおり李大浩。
オープン戦を見た限り逆方向にもバシバシ強い打球を飛ばせており日本の投手に対する適応力も問題なさそう。
と、これは前ロッテのテギュンを見たときも同じような印象だったような気が(汗)。
まあチーム最高年俸の2,5億を投入して獲得したことを考えると、2割8分30本位は打ってもらわないと困る。多分無理だろうが。
ひとつ心配なのはその李とクリーンナップを組むであろうT-岡田の不調。
オープン戦ではさっぱりでこれが公式戦まで響いてくるとなると痛い。それでなくとも昨年は統一球の影響で成績が落ちただけに今年は奮起して頑張ってもらいたい。さらに言えば来年のWBCを見据えて、中村、中田、内川ら右の強打者が多いなか貴重な左の長距離砲なだけに、今年はキッチリ結果を残して来年の代表入りという事を期待しています。
この2人が働いてくれれば打線は問題なし。上位には坂口や後藤など塁に出られるバッターが揃っているだけにしっかり返す選手が働けばそれは怖い打線になりそうだ。

★注目選手
投手:海田、フィガロ
野手:李大浩、T-岡田、バルディリス


3位:ソフトバンク
三本柱が欠けてもこの順位というのはそれだけ戦力が厚いということ。
ただ流石に昨年のように独走で優勝とはいかない。CS進出に向けて、というのが現実的な目標かと。

昨年と比べ約40勝分が流出。今まで獲得することはあってもここまで流出というのは・・・
とはいえそこはパの金持ち球団。FAで計算できる先発の帆足を補強し、さらにMLBから復帰の岡島も獲得。とどめは久々となる「本物の」大物外国人B・ペニーを獲得。個人的にここまで外国人補強で興奮したのは元横浜のD・ジョンソン以来。
まあペニーは全盛期に比べれば明らかに落ち目になってきた選手でありそれほど活躍しそうもない。ただこういう大物外国人獲得は最近は少なくなってきており、個人的には夢があっていいと思う。そこは評価w
と、先発は確かに去年よりかは見劣りするもそれでも十分やっていけるかと。勿論去年よりかは確実に計算できない試合は多くなると思うのでそこは代役戦力が台頭してこない限り上位定着は厳しい。
リリーフは馬原が離脱したとはいえどまだまだ強固な陣形。ファルケンがクローザーに回る形になり、その代役の右セットアッパーとしては金無英に期待。オープン戦では1番印象に残った選手でした。

投手陣に比べると野手陣は殆ど変化がなく昨年とほぼ同じ。
新外国人として飛距離が凄いと噂のペーニャが加入。オープン戦でも豪快なホームランを見せてパワーをアピールしたが、このタイプの例に洩れず変化球に対応できない事が濃厚。まあ中軸を打つ選手は日本人だけでも十分そろっているので問題なさそう。
ただ、意外と響きそうなのがホモリn、ではなくムネリンの移籍。走攻守全てにおいてチームの中心選手だっただけにその穴はでかい。後継者には今宮や明石が入りそうだが誰も実績に乏しいのは否めず、この穴をいかにして埋められるかが野手では鍵になりそう。

★注目選手
投手:金無英、ペニー、新垣
野手:今宮、ペーニャ


4位:日本ハム
何よりダルビッシュの移籍は痛すぎる。
悪くても13~15勝、良ければ20勝しかも貯金つきで稼げる投手が移籍してしまったのは大きな痛手。
また、栗山新監督には早くも迷将疑惑が。昨年6勝でオープン戦も良くなかった斉藤を開幕投手とか、完全にパフォーマンスというかマスコミ受けを狙ったとしか思えない。正直中畑監督よりも不安。

今年は結局ダルの20勝がそのまま消えてこの順位に落ち着くだろうと。
勝ち星だけではなくあそこまで完投能力が高くリリーフの休養日を作れる選手は他にいない。
おそらく今年度のエース格になる武田勝もスタミナだけは不安要素だしなぁ。
とはいえその武田勝、ケッペル、ウルフと実績のある三本柱はいるし先発はそれなりに安定しそう。件の斉藤も今年は大卒ドラ1の2年目と考えると二桁勝利はノルマか。
リリーフは昨年の面子がオープン戦でも好調で問題なし。

打線はスレッジが入ったことで確実に昨年よりもプラスになった。
個人的には絶対ダメになると思っていた中田も今や日本代表に名前を連ねるクラスになったので、今年は1年を通じて安定した活躍を期待したい。今年も本塁打レースを独走しそうな中村おかわりに対抗出来る位に。
あと、話題で言えばキャンプ時からよく取り上げられていたのがソフトボール出身の大嶋。
パワーは文句ないのだが残念ながら変化球への対応がまだまだで一軍は相当厳しそうだ。

★注目選手
投手:武田勝、森内
野手:中田、鵜久森、杉谷


5位:楽天
色々と補強はしたものの、どうにも微妙な選手ばかりであまり昨年と変わらないイメージ。
マー社長とWエースだった岩クマーが移籍してしまったのも痛い。

投手陣は先発リリーフともに問題あり。
田中、塩見以降に安定して計算できそうな先発はおらず、下柳に頼るというようではまずい。
昨年切られてもおかしくなかったヒメネスなんかも残っており心配要素は満載。
ただ上園、川島とかつての新人王が復活したら面白そう。果たして再生できるか?
リリーフも昨年クローザーでブレイクしたラズナー以外は微妙。
こちらもかつてオリックスでクローザーだった加藤大が復活すれば頼りになりそうだけど・・・
と、全般的に復活頼みの選手が多く「星野再生工場」が開業できるかが投手陣を左右するかと。

野手は主砲の山崎が移籍したものの、日本で実績のあるフェルナンデスが入ったので問題ないか。
これで新外国人のテレーロも含めて野手に外国人選手が3人。このうち2人機能すれば御の字だろう。
他の日本人選手は大きな変化も無く昨年同様の陣形か。
長距離打者は皆無で↑の外国人選手が機能しないと全く怖さはない。
今年こそ岩村の復活に期待!と思っていた所で怪我でリタイアしたし・・・(泣)。

★注目選手
投手:上園、加藤大
野手:テレーロ、フェルナンデス、牧田


6位:ロッテ
一昨年の日本一は素晴らしかったが、昨年は予想通りに最下位転落。
球史に残る貧打線はもはや泣けてくるレベルでした。
今年はそれを解消すべく・・・と言いたいところではあるが正直昨年とそんなに変わらないような気が。
ホワイトセルの補強はいいと思うのだが、昨年のことを思うともう1人は外国人野手をいれるべきかと。
投手陣は日本人でも十分やっていける面子が揃っているのに。外国人枠の4人を投手3、野手1で埋めるのは編成ミスなような気しか・・・

その投手陣は昨年までの陣容に加え、藤岡、中後と2人の大物ルーキーが加入。
大学ナンバー1ピッチャーとしてドラフトの目玉だった藤岡は早くも新人王最有力候補に挙がる逸材。ロッテの貧打線の援護を考えると負け数と防御率が釣り合わない数字になりそう・・・とりあえず腐らずに頑張れ。
又、巨人からグライシンガーを獲得。巨人では出番が激減してしまったものの、まだまだやれる実力は持っているだけにローテ投手として期待がかかる。
一方、リリーフは不安。
クローザーの藪田は問題ないものの、セットアッパーの伊藤、ロサが揃ってオープン戦で炎上。
他に実績のあるリリーフも乏しく台所事情はかなり厳しい。先発は良くても後ろは・・・というチームになりそう。

打線は今年も「お察しください・・・」の内容。
ホワイトセルが入ったので昨年のように二桁ホームランの打者0とかいう珍事態にはならないと思うが、それでも貧相なことには変わらない。
もう1人の新戦力である復活のサブローもオープン戦ではボロボロだったしあまり期待できない。
清田辺りが中距離打者として開花してくれれば大きいのだが現実は厳しい。
長打が無いとなればあとは機動性でどうにかするしかないので、伊志嶺や岡田、早坂、工藤、荻野なんかに率を稼いで出塁する技術をさらにつけてもらうしかない。伊志嶺、岡田はともかく他は望み薄だなぁ。

★注目選手
投手:藤岡、中後、服部
野手:ホワイトセル、伊志嶺


以上、今年の予想終わり。
パ・リーグは壊滅的に外しそうな予感しかしない・・・
2012-03-30 : 野球 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR