日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Jリーグ予想2012

久々にJリーグの予想なんてもんをたててみる。
Jリーグは何故かよく見る年とあんま見ない年があってどうも観戦に一貫性もないのだが、今年は3年ぶりに選手名鑑も購入したので頑張ってチェックしてみようと思う。
プロ野球と違って18球団もあるので予想は1位のみ。

★本命 名古屋グランパス
選手層ならナンバー1、全てのポジションに世界クラスの選手をそろえており死角はない。
昨年は序盤の不調が響き最後まで柏に追いつかなかったが、今年は開幕ダッシュ→独走もあるかと考えている。
昨年のメンバーと比べても目立つ流出は控えDFの千代反田のみ。それもダニエルを獲得して完全に穴は埋まった感じ、むしろおつりがくるくらい。
さらに日本代表候補にも挙がったことのある石びつも獲得し不安だったサイドの補強も磐石。
これで優勝できなければ・・・という位の戦力はもっていると思う。Jは勿論、ACLの優勝も狙える。

注目選手はダニルソン。圧倒的なパワーと豊富なスタミナはまさしくワールドクラスで攻守にわたってとんでもない存在感をもっている選手。個人的に現在Jナンバー1外国人だと思っている。
そろそろ欧州に引っ張られてもおかしくはない頃合なので今のうちにプレーは目に焼き付けておきたい。

○対抗 浦和レッズ
一応言っておくがネタでは無いw
本当はガンバをもってこようと思っていたが、先日のACLのgdgdっぷりを見て外させてもらった。正直、西野体制が長すぎたこともあり、セホーンの戦術が全く浸透していないかと。
で、逆に新監督になって化けそうなのが近年ネタチームと化している浦和様。
戦力的には殆ど流出がない上に、阿部&槙野の日本代表コンビに日本で実績のあるポポを獲得。
元々全ポジションに各世代の代表選手&元代表クラスを揃えており、そもそもこれで勝てなかった理由の方が謎。
懸念されるのはペトロビッチ体制で用いられるであろう3-4-3システムが浸透するかだが、まあ広島時代同様前線にスピードのある選手は多いことだし巧くかみ合えば原口や山田なんかは今以上に驚異になりそう。
もう1つの問題であったセンターフォワードの不在というのも3トップのコンビネーション次第でどうにかカバーできるか。普通にポポが役割果たせそうだけど。元セルビア代表のなんとかはイラね。

注目選手はやっぱり原口。
昨年はグラウンド外での問題もあったが、それでも攻撃のキーマンなのは言うまでもない。
今年はオリンピックイヤーで代表クラブ両面で獅子奮迅の活躍が期待される。怖いのは過密日程による故障か。

▲大穴 F東京&神戸
去年の柏の例もあり今年も1位昇格チームに注目。
今野が抜けたのは大きいが、長谷川や渡辺和の補強で攻撃面では期待が持てる。
昨日のACLでも日本勢唯一の勝利に加え、内容でもかなり圧倒していたのは開幕へ向けて好材料か。

注目選手は先日代表にも入った石川。
元々若いときからかなり注目されていた選手だが、この人の場合30近くになってからプレーに味が出てきたと思う。相変らず高速ドリブルは健在だし、何よりゲームを作る力と得点力が増した。
まあ例によって敵は故障か。この人が1年フルで働けるかどうかで東京の順位にも大きく影響がでることは間違いない。

同じく面白そうなチームなのが神戸。
楽天が胸についてから結構経つが最近になりようやくまともな補強が目立ってきました。
今年はその中でも例年にないくらいの豊作っぷり。田代&野沢の鹿島コンビに加え、ガンバから洩れていた橋本&高木のベテランを獲得。ついでに伊野波まで舞い込んできたんだから言うことなし。
大量補強1年目の優勝というのは難しいと思うが、初のACL圏内は十分に狙える位置かと。

注目は鹿島から移籍の野沢。
生粋のゲームメーカータイプではないが、プレイスキッカーを任される正確なキックと黙っていても二桁近くのゴールは稼げる得点力が魅力。
去年大きく躍進した神戸の中において、このタイプの選手は居なかったので非常にいい補強だったと思う。
てか鹿島が何故引き止めなかったんだという・・・

と、オレの予想はこんな感じ。
他のチームでは多くの人が優勝候補に挙げている柏なんかもあるが、元々選手層はそれほど厚くない上に今年度は昨年以上にマークがきつく研究されていると思うので、流石に連覇はないかと。
逆に降格候補を見てみると、正直鳥栖と札幌は固いかなぁと。
個人的に今年度は鳥栖推しで行く予定なのだがいかんせん選手層がすかすかで心もとない。頼みは新加入の水沼Jr
とJ2得点王の豊田へのカウンターのみ。
鳥栖に比べれば補強をした札幌も、代表クラスは新加入のジェイド・ノースくらいなもんで正直J1レベルとはとうてい言いがたい。外国人補強には定評のあるチームだけにレンタル復帰のキリノが爆発しそうな気もしないではないが・・・
この2チームに続きそうなのが広島、大宮あたりか。
広島は李の流出がどう響くかが最大の問題。スーパーサブで活躍したムジリの移籍も意外と痛手。財政難ということもあり代わりの補強も微妙に終わったのは痛い。
例年降格争いを繰り広げる大宮はいつも通り。多分残留するでしょうがw
個人的にはイ・チョンスが見れなくなったのはなぁ、と。韓国代表では珍しく好きなプレーヤーだったのに。

そんなJリーグは明日開幕!


ついでに。
ブラジルW杯最終予選の組み合わせが発表されました。
ウズベクとカタールと分かれたのは良かったかな。ウズベクは先日の試合もあってかどうもやりづらいし、カタールはW杯開催もあって何が何でも出場権を取りに来そうなので、勿論マネー的な意味でね。
そしてオーストラリア・・・もうオセアニア戻ってくれよと。アウェーで欧州組厳しそうだな。
ただあとは中東のなかでも比較的やりやすいとこなので組み合わせとしては良かったかなと。
上位2チーム自動進出ということを考えるとオーストラリア戦は程ほどに他で稼げば問題ないでしょう。
2012-03-09 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。