日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

のび太とポンコツ兵団

ようやく昨年末から在庫を待っていた新・鉄人兵団が近くのTUTAYAにあったので早速借りてきた。
感想は既に知っていたとはいえ・・・泣けてきたよ。違う意味で。

ざっとまとめてみると、
■良かった点
・鉄人兵団が攻めてくるとわかり、慌てて色んなところに電話するとき、「警視庁、特命係ー!」とドラが言うw テレ朝つながりですな。相棒ファンにはニヤリときました。
・リルル役の沢城みゆきが予想以上にマッチ。これは見事にはまり役。おかげで最後の天国創造シーン(ドラ映画屈指の名言「すばらしいと思わない?本当の天国造りに役立てるなんて」のとこ)は普通に良かった。同じような役回りで黒歴史扱いになった某満月さんの娘の時とはエライ違いだ。
・ザンダクロスの武装大幅強化w 8連装ミサイルランチャーとかついてたぞ。

■悪かった点
・ミクロス空気。喋りもしなければ物語にも関わらず。勿論オリジナルの迷シーンであった「コジカ、オヤジカ」「オオザル、コザル」のくだりも無し。これは痛すぎる。
後半に「そんなカミサマはぶんなぐってやる」みたいな発言で、過去に向うことを思いつかせる場面の役割はリルルに引継ぎ。
・兵団との決戦シーン大幅カット。第1ラウンドで即席落とし穴にもぐりながら迎撃するシーンは丸々無くなってしまった・・・いきなり森に火放って決戦です。途中で一度地下室に入って絶望の中で決意を新たにするシーンが好きだったんだが。「0点と分かっているのにテストを受ける前の気分と似ている」の台詞もなし。
・その兵団のメカデザインがなんかしょぼくなった。
・ボールがひよこになる(爆)。もうこれが全てだった・・・開拓史のモリーナとかなんとかみたいに完全に余計な役回り。

てかもう声優や作画の違いには目を瞑るとして、普通にオリジナル同様ミクロスに役割を与えてしっかり戦闘シーンも描いていたら割とまともなリメイクになっていたと思うのだが・・・
正直、リルルが完全に当たっていただけにこれは残念すぎる・・・
宇宙開拓史や魔界大冒険の駄メイクっぶりに比べれば多少はましになったものの、どう転んでもオリジナルを越えることができず。
オリジナルではハンカチ必需となるラストも残念ながらこちらでは不発。
まあ予想通りの内容だったということか、はぁ・・・

さて、今年のドラ映画はDVDにも予告が入ってたけど「モアよ、ドードーよ、永遠に」の劣化版になりそうなオリジナル作品なので見る予定は無し。
となると注目は来年(おそらく)、生贄にあがるであろうリメイク作品。
ここまで1(恐竜)、2(開拓)、5(魔界)、7(鉄人)とリメイクされてきたので、当方の次回リメイクの予想はずばり!10作目の日本誕生でしょう。
・・・ああ、もう今から恐ろしくなってきたぞ。ただここで昔に戻って海底とか宇宙小戦争とかが生贄にされても涙物だが。
次の映画のラストにキーワードが出ると思うので見に行く勇気のある人は後で教えてね。

2012-01-30 : 映画 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:のび太とポンコツ兵団(01/30)
まあ、どらえもんは声優選択のあからさまに失敗だったね!
あれで旧来から見ていた人を敵に回した・・・。

個人的にもルパンと同じで変えるのは難しいのは
わかるがもう少し似てる人連れて来たほうがよかった
様なきがします・・・。
2012-01-30 23:51 : モヤイ URL : 編集
Re[1]:のび太とポンコツ兵団(01/30)
TVでずっと見ているわけじゃないのでやっぱり声優は未だに違和感がありますね。まあTVでずっと見続けていても受容できるかというと・・・?な部分もありますが。

ルパンはまだ1作のみだけど個人的には結構良かったようなw
リルル=不二子なんだよなぁ。
2012-02-01 23:59 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。