日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

クラブW杯

昨日まで行われていたクラブW杯。
決戦戦は予定通りにバルセロナ×サントスというカードになりました。
試合はご存知の通りバルセロナが4-0の圧勝という結果で呆気なく優勝。
正直、決勝戦は興ざめだったなぁ。
サントスが予想以上に粘れなかったのに加え、バルサが圧巻すぎました。
試合としては各所に素晴らしいプレーが多く面白いものであったとは思いますが、個人的にバルサのポゼッションサッカーは好きではないということもあり、微妙な印象でした。
むしろカウンターサッカーを至上とする身にはサントスの数少ないチャンスでの速攻、そしてガンソの素晴らしい展開に痺れた。あれで1点でも決まってりゃまた面白かったんだが。
そういえばサントスには元Jリーガーも2人いたり。
ボルジェスは仙台時代にJ2得点王もとったとのことだが、何故か全くといっていいほど印象がない・・・仙台のブラジル人というとマルコスやシルビーニョなんかが思いつくが。

決勝の前に行われた3位決定戦では柏×アル・サッドのカードが。
こちらも正直微妙すぎる内容だったな・・・
試合内容は柏がかなり押し込んでいたにも関わらず、最後まで得点が無くPKの末に敗北。田中、北島がそれぞれ1回ずつ絶好の決定機があっただけに、どちらか決めていれば・・・というような結果に。あとはレアンドロがいたらなぁ・・・と。
柏の試合はサントス戦以外は殆どフルで見たけど、まあこの面子でよくやったというべきか。A代表に定着している選手や実績を残した元代表クラスもいないし。
と、いうか未だに今年度のJで柏が優勝できた確かな理由が見当たらないのだが。
攻守に代表クラスのタレントを揃える名古屋、安心のガンバブランド(中東向け)の攻撃陣を擁すG大阪の2強はもちろん、選手層なら鹿島や広島、浦和あたりともどっこいどっこいかそれ以下なような気さえする。
それでも優勝したのはレアンドロ、ワグネルの両外国人の大活躍と、ネルシーニョ采配がピタリと当たった為なのだろう。

で、それがクラブW杯でも期待通りに進み(ホームアドバンテージもあるけど)、ベスト4に入ったというのは評価されるところでしょう。
敗れたサントス戦でも中々の奮戦は見せたものの、やはり世界的なクラブとの選手層の差は否めず。正直2トップと左サイドバックさえどうにかなってれば十分勝機はあったと思う。田中なんかは今年度Jで活躍して代表候補にも入ったが、正直代表ではまだ厳しいかな。
まあ来シーズンはACLを戦うということを考えると、今回アジア王者と90分間互角以上に戦えたというのは好材料になったのではないか。
ACLではJのチームがここ数年は前年な結果に終わっているだけに頑張って欲しい。

そういえばユーロ2012の組み合わせも決まりましたね。
もうこれ以上ないくらい偏りまくりな結果にw
Aは中堅国がそろって横一線。C&Dは順調に行けば2強で固いが、まあおそらくどこかは必ずコケるだろうと(仏、伊あたり)。そしてBは涙目。
開催国ではポーランドは可能性があるけど、シェフチェンコのラストランとなるウクライナはかなり厳しくなったな、と。
野球が無くなったことで興味が半減した五輪に変わって、個人的には来年度のスポーツの一大イベントであるのでこちらも要注目である。
2011-12-19 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR