日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

放課後ティータイム、ロンドンへ行く。

劇場版けいおん、見てきてしまいました。
事前に各サイトのレビューを見る限りなかなか好評価だったものの、個人的にはイマイチ期待できない感じ。わざわざ劇場版にすべき内容か否かというのが気になってました。
と、ここまでが見る前の話。
しかし見終わった後ではそんな杞憂も遥かブリテンの彼方へ。これが意外になかなか面白かったぞ。
内容はTV版や原作をそのままに毎度おなじみのゆるーい路線。TVでは割とあっさりだった大学合格から卒業までがじっくりと描かれております。
いつもどおりのゆるゆる話から始まり、やっぱりゆるい軽音部初海外となるロンドンへの卒業旅行。そして最後は明るく卒業と。
この中で印象的だったのは今まで同様「ありのまま」を描いていたということ。劇場版だからとかそういうのが無く、逆にそれが作品のイメージを崩さず好印象に繋がったかと。
個人的には最後のクラスでやった演奏のシーンが1番良かったかな。いやぁ、なんかキラキラ輝いていてね。あのクラス全員で笑顔溢れてわいわいやるシーンなんて最高だわ。
ホント青春っていいなぁ、ともう戻らない己のそれと重ねながら少し寂しいようなシンミリした感じになってしまったわけです。この若人の単なる日常にシンミリしてしまうあたりオレももう年寄りだな。
思えばオレの高校時代は・・・いや、止めておこう。悲しくなる。あの3年間を繰り返すのはどんな苦行にも耐えがたい苦痛だ。

そういえば映画館に置かれているチラシでいよいよ例の作品が。
察しの早い方ならもうお分かりでしょう。そう、来春公開の新作ドラえもんであります。
えー正直、チラシをちらっとみたところで・・・「そっとしておこう」という印象。
なんか「モアよ、ドードーよ、永遠に」を現代風に劣化させたような感じでした。
どういうストーリーなのかはまだ判らんけど、まあ自爆することだけは間違いない。
また「この映画を作ったのは誰だぁ!!」と怒鳴られるのがオチだな。

2011-12-14 : アニメ・漫画感想とか : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:放課後ティータイム、ロンドンへ行く。(12/14)
最終回まで見てる人にとっては楽しめた作品ですよね!
自分は期待してなかった分よくまとめたなと思いました!
2011-12-27 20:00 : モヤイ URL : 編集
Re[1]:放課後ティータイム、ロンドンへ行く。(12/14)
正しく「あの頃に戻りたい」と。
2011-12-27 23:38 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。