日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

G1 CLIMAX XXI 優勝予想

さてさて、今年もこの季節がやってきました。
プロレス界の一大イベントことG1クライマックスが明日より開幕!
今年も「無難な予想」で優勝者を当てにいきたいと思います。

■グループA
今年も例によってG1制覇者に次期IWGP挑戦権が渡されるであろうので、現王者の棚橋はなさそう。
で、ぱっと思いついたのは永田。
今年はNJC、チャンカーを制覇。これでG1もとってしまえば話題性には事欠きません。
なのだが、最終日で因縁のヒデオ・サイトーと試合が組まれているのが非常に気になる。
正直サイトーは勝ち星供給要員になりそうであり、優勝はまずない。が、最終戦で因縁の永田戦が組まれているというのは誰が見ても伏線はりまくり状態。ここまで突破に王手を掛けていた永田がサイトーにまさかの敗北を喫してリーグ敗退、という流れになりそうな香りがプンプンしています。

こうなると上がって来そうな最有力候補は内藤だと思われる。
最終戦の相手は棚橋。棚橋の突破はないにせよ王者として最終戦まで突破を掛けるくらいの勝ち星は稼いでくるだろうので、ここは最終戦直接対決で勝った方が決勝戦の流れで内藤の勝利を期待しています。
内藤なら技術的にも問題なし、人気もあり、若い風を吹き込めるという話題性もアリ。直前までメキシコにいっていたのもぷらす、遠征後の飛躍というのはよくあるパターン。
不安要素は大阪でこれまでタッグを組んでいた裕二郎に呆気なく負けてしまうなど、どうも会社にはプッシュされてない印象があること。ただ、個人的にはやはりイチオシで行きたい。

で、ここまで無さそうと挙げていた棚橋なのだが、どうもネット上の噂等では突破ありうるとのうわさが。確かにここまで棚橋政権が安定しまくりということもあり、ここでG1を取らせて今年のMVPを後押しさせるという流れも考えられる。
しかも今年は8月末には三団体のプロレスオールスター戦があり、ここで一旦シリーズの流れがリセットされることを考えられると優勝させてもあまり問題も無さそうだし。

直、他の候補はあまり考えづらい。唯一あり得るのは真壁と高山だけど、真壁は今年目だったアクションが無くあまりプッシュされている感がないし、高山は年齢的にもシングルのリーグは厳しそう。ゲストだからいい線は行くだろうけど実力的に突破させるのは厳しいか。バーナードは実力的には問題ないが、外国人であることに加え先日棚橋と試合をやったばかりなので無し。
同じ外人枠のランス・アーチャーに至っては実績も無いのでまず無し。
矢野、高橋は突破すればそれはそれで面白いけど、流石に会社もそこまでの冒険はしないでしょう。両者とももっと上にあがれそうな選手ではあるんだけど。
ヒデオ・サイトー?完全ノータッチで。

以上からグループAは。
本命:内藤
対抗:永田
大穴:棚橋
と、しておきます。

■グループB
こちらは中邑と鈴木の一騎打ちだろうなぁ。
両者の直接対決が最終日に組まれており、おそらくは勝った方が決勝戦へという流れになるのでしょう。
個人的には中邑推しで。
というのも今のタイトル戦に絡んでいる選手の中で未だG1の優勝経験がないので。
内藤との初優勝をかけた決勝戦というのは非常に面白そうだし。

対抗はその最終戦の対戦相手である鈴木みのる。
実力的にもネームバリュー的にも全く問題はなく、今年は鈴木軍として新日リングで絶大なインパクトを残しているので話題的にも問題なし。
ただ不安要素は去年フリー(ということになっている)の小島が優勝しているので、流石に2年連続の団体外からの優勝はないかなと。

で、Bグループは他が横一線でいまいち突出した候補が見当たらず。
まず最終戦で試合が組まれていない井上とソンブラは無し。井上はともかくとして、ソンブラは今回出場選手の中ではダントツの最年少であり、メキシコの期待の新星として試合内容を期待しています。ついにオレより年下の選手がG1に出るとは・・・
個人的には日本のリングにこれからも継続参戦してほしいものです。
後藤、小島は突破してもおかしくはない選手ではあるが後藤は先日棚橋と試合をしたばかりだし、小島も2年連続決勝というのは考えづらい。小島に関しては最終戦で天コジ戦が組まれており、ここで何らかの動きがありそうな気がする。
その天山は怪我から復帰した後の動きがとでもじゃないが全盛期には程遠く、残念ながら今の実力では流石に優勝はないでしょう。
外国人枠のアンダーソン、MVPもまず無いでしょう。アンダーソンはそろそろシングルでも結果を出してほしいと期待しています。
ああ、もう1人外国人といえばストロングマンもいましたが、こちらはノータッチで。
どう見ても見た目でウケル選手であり、スタミナも無いし前座で盛り上げる選手だと思うんだがなぁ。あれでシングルの連戦はきついでしょ。

以上からグループBは、
本命:中邑
対抗:鈴木
大穴:後藤
と、しておきます。

そして、このグループリーグ1位同士が優勝決勝戦をやります。
オレの予想では内藤×中邑で、中邑初優勝!としておきます。
やっぱり内藤は最後の最後で会社にプッシュされてないような気がするんだよなぁ・・・
まあ同世代の後藤が既に優勝を経験しているので、そろそろ中邑にも取らせるでしょう。
果たして結果はどうなるか?明日より開幕!

2011-07-31 : プロレス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。