日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

コパ・アメリカ決勝戦

うーむ、ウルグアイ強かった!
今朝方行われたコパ・アメリカの決勝戦、ウルグアイがパラグアイを3-0で下し15度目の優勝となりました。
いやー決勝戦も面白かった!
南米の2強であるブラジル&アルゼンチンが早々に敗退したのも必然に思えるような内容の濃い試合でした。

試合はウルグアイが恐ろしいまでの運動量で終始パラグアイを圧倒。
特に前線からのプレスが圧巻。フォルラン&スアレスという頼れる2トップが居る分、余計なボール回しを行わず、最短距離で小気味良くボールを繋ぎます。
その為に2トップと両サイド中盤と、兎に角パラグアイにボールが渡ったときには積極的にプレスを欠けて行く事が試合を通じて徹底されていました。
それによりパラグアイの前線にボールが渡る前にハーフライン辺りで攻撃が断絶し、見事な速攻が展開できました。攻撃は最大の防御という言葉があるけど、正しくその通りだなと実感させられるようなプレーでした。
この辺りの運動量の豊富さと徹底された連携がブラジル、アルゼンチンとの差なんだろうな。個々の力で勝る選手は少なくとも、総合で高いレベルを作り上げたサッカーでした。

一方、パラグアイはここまで2試合続けてPK戦までフルに戦ったことと監督のベンチ入り禁止処分が響いたか。
前2試合に比べると全体的に動きが鈍く、特に攻守の切り替えが遅いように見えました。
それでも前半を無失点で凌げでもすれば、ここまでの試合巧者なところを見てもまだ分からなくなってきたのかもしれないが、動きが衰えているところを好調ウルグアイの攻撃陣が見逃すわけもなく早々に失点。
正直、先制点をこんなに呆気なく許すとは思わなかったです。まあスアレスの切り返しもシュートも文句なしの出来だったのだけど。
まあこれで試合はほぼ決まったなと。サンタクルス、バリオスを欠き迫力不足な攻撃陣はウルグアイの激しいプレスの前に殆どチャンスはなし。
孤軍奮闘のバルデスが2,3度、不意をついて決定機をつくるも、それだけでした。

と、ウルグアイ完勝の決勝戦。まあパラグアイもここまでの2試合では強さを見せていたし、決勝戦では不完全燃焼に終わったけれど、その強さをアピールする分には十分だったといえるでしょう。
また今大会はベネズエラ、ペルーがベスト4入りと以外な顔ぶれの躍進も目立ちました。
ベネズエラは近年積極的に取り組んでいるユース世代からのチーム作りが功を奏し、ペルーは徹底した堅守速攻カウンター狙いが見事にはまった形になりました。
NHKの放送でも散々言っていましたが、南米の国同士の格差が小さくなってきたことで、今までの強豪国といえど楽な試合が無くなり、正しく戦国時代への突入を象徴した大会だったといえるのではないでしょうか。
これに日本が出場できていればなぁ・・・と思っているのはオレだけじゃないはず。
次は早くもワールドカップ予選か。

2011-07-25 : サッカー : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

そういえば・・・
コパアメリカエライあれたみたいですね!
ブラジルもアルゼンチンもそうそうに敗走したらしいですし、
うわさだと日本が言っても大丈夫ではと言う話でしたが・・・。
2011-07-27 00:01 : モヤイ URL : 編集
Re:そういえば・・・(07/25)
日本が出れたら組み合わせ次第では決勝までいけたかも、とは密かに思っております。
ウルグアイがノリにノリまくっていたので流石に優勝は無理だったと思いますが、やっぱ見てみたかったなぁー
2011-07-28 22:34 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR