日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

欧州横断の道 第12話-その 世界最小国家は・・・-

2月23日(晴れ)
朝、アルタベロチタでローマへ移動。
イタリア屈指の観光地として名高いローマ。普通の人ならある程度日数をとって見るところだろうが、時間の都合により朝~夜の移動までで観光してしまおうという魂胆。
計画立案時に1日余裕があったので、単にフィレンツェから割と近くでヴェネツィア行きの列車もある、という理由で無理やりブチこんだ結果です。
「ローマは1日にしてなる」ということを見せたろう。

フィレンツェから1時間半ほどでローマ着。
ここからは計画通りに要所をかいつまんで見学。
サンタ・マリア・マッジョーレ教会から始まり、共和国広場、サンタ・マリア・デッリ・アッジェリ教会、モーゼの噴水と歩きつつ見る。
幸いにしてローマは目立つ建物がそんじょそこらに点在しているものだから歩いていても迷うことはありません。

大統領官邸
こちらはクイリナーレ宮、現在の大統領官邸であります。
首相官邸ではありません。イタリアは象徴大統領制なので大統領より首相の方が政治では表舞台に立っております。なのであのスキャンダルまみれの某首相とは違う人です。
名前が思い出せなかったのだが、なんかスパゲッティみたいな名前だったと。
そしたらトレヴィに行く途中で思い出しました。ナポリターノでしたね。

ここから5分ほどでトレヴィの泉へ。
トレヴィ
やっぱ人気の場所だけあってすごい人!
ローマは2月が静かな時期だとガイドには書いてあったがやはり人は多い。
ただ、危惧されていたスイーツ(笑)やチャラ男との遭遇はあまり無くて助かった。
勿論、後ろ向きでコインを泉へスロー!
まあ、ローマにはもう来なくてもいいんだけど(爆)。

続いてヴェネツィア広場へ。
ヴェネツィア広場
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂よりヴェネツィア広場全景。
なんでも左側の赤い建物のバルコニーからムッソリーニが演説していたらしい。

V・エマヌエーレ
ちなみにヴィットリオ・エマヌエーレ2世とはこの人。
イタリア統一だかに尽力した人だそうで、イタリアを歩いているととにかくこの人の名前のついた建物、広場、像によく巡り会います。イタリアで一番の英雄だそう。
世界史は詳しくないのでよく知らんけど、おそらく凄い人なのだろう。
日本で言えば誰だ?徳川家康みたいなものか?

ここいらで昼食。
ペペロンチーノ
ヴェネツィア広場前のカフェでペペロンチーノを注文。
うぉい!ニンニクパワーが強いぜ。辛いくらい効いてやがる。
だけどニンニク大好き人間のオレにはたまらん。それにしてもやっぱ麺が日本とは違うんだよなぁ。弾力があってもちもちしています。評価は「うまお!」。

ヴェネツィア広場から少し歩くとコロッセオが見えてきます。
フォア・ロマーノ
ここの大通りのすぐ脇にはフォア・ロマーノと言われるローマ時代の遺跡が。
ローマは大通りのすぐそばにこういう遺跡がちょこちょこ点在していて面白い。
すぐ横は都会の景色が広がっているというアンバランスな感じがなんとなく不思議ね。

コロッセオ
で、コロッセオ。
やっぱり有名な場所だけあり人は非常に多い。
ただチケットを買う際に相当並ぶので他の場所で買っとけ、とあったがオフシーズンということもあり殆ど待たずに入場。

コロッセオ2
中はこんな感じ。でっかいね。
まあここは有名所なので今更何か語る必要もないでしょう。
解説はウィキでも見てくれ。
ちなみにコロッセオ周辺やトレヴィの泉などにはローマ剣士のコスプレをした人が沢山居て金払うと写真撮ってくれます。ネタにはなるけどぼられることもあるらしいので注意を。

ここからバスで少し移動。
ローマはバスが非常に充実していて多くの路線が走っています。
これを使いこなせるようになればローマ観光のプロらしい。
で、着いたのはこちら。
真実の口
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会内にある真実の口です。
写真はオレが「奏はとても可愛い」と言ったら嘘をついたとみなされ危うく噛み千切られそうになった図です。でも「宇宙で1番可愛いのはアテナさん」と言ったら離れられました。
皆さんも嘘はつかないようにしましょう。

バスと地下鉄を乗り継ぎ次はスペイン広場へ。
スペイン広場
ここも有名な場所ですね。世界中のリア充で賑わっております。
勿論ここで食すのはジェラード。オレは1度しか見たことないですが、映画「ローマの休日」で御馴染みになった光景の様です。
ただ、時期が時期なので寒く周囲にジェラードを持っている人は子供が1人いたくらい。
それでも「スペイン広場ではジェラードを食べる!それが決まりなんだ!」と、寒空の下で食べさせていただきました。これがなかなかどうして美味いんだよなぁ。寒かったけど。
直、この辺りではミサンガの押し売りが流行っているようなので注意。誰とは言いませんが周囲で売りつけられてぼられていた人がいましたので。

スペイン広場から少し歩いてポポロ広場から地下鉄で移動。
ローマの地下鉄っていうとなんとなく汚くて危なそうなイメージがあったけど、意外にも綺麗に整っていました。マドリード以下、パリ以上といったところでしょう。
施設は古くともちゃんと車両が整備されているのはいい事です。車両の落書きの多さはイコール治安の悪さを示しているのでね。
その地下鉄駅から少し歩いて、国境?を突破。
ヴァチカン
今回観光した7カ国目(予定外の仏除く)のバチカン市国であります。
入ってみるとリアルにその小ささがわかります。走れば端から端まで5分もかかんないんじゃね?てかどこまでがバチカンでどこからがイタリアかがよくわからんちん。

サン・ピエトロ大聖堂
こちらはカトリックの大本営であるサン・ピエトロ大聖堂。
よくローマ法王が何やらいっている図をメディアで見たこともあるかと。

再びバチカンからイタリアへ戻りバス停へ。
サンタンジェロ城
途中のサンタンジェロ橋よりサンタンジェロ城。
バチカンからこの辺りにかけては、比較的人も少なくのんびりしているので落ち着いて見られます。
こうして完璧?な計画のもと1日でローマの有名どころは見れたはず。
「ローマは1日にしてなる」計画成功なり!

バスでローマ・テルミニ駅へ。
少し時間が早いが夜の列車があるので夕食へ。
カルボナーラ
夕食は駅近くのレストランでカルボナーラを。
相変らず麺の力が強くそれだけでも美味しい。ただカルボナーラにしてはあまりクリーミーではない。チーズやベーコンは美味いのだが日本で食べるカルボナーラに比べるとそこが少しきになるところ。これはこれでさっぱりしているのでどっちがいいとは一概には言えないけど、どうなんだろ?一応このレストランの名物らしいが。評価は「うまし!」。

アルタベロチタ
ローマからアルタベロチタで今夜の宿泊場所のあるヴェネツィアへ。
なんか右の車両は新型っぽい?今回アルタベロチタは右の車両しか乗らなかったが。
ちなみに今回乗った全ての国の高速鉄道で1番良かったのがこのアルタベロチタ。
まあ特に大差はないのだがなんとなく1番乗り心地が良かったような。

そういえばこのローマ・テルミニ駅の売店に何故か18禁の同人誌があったのだが(汗)。
いや、漫画ならまだ驚かないんだけど同人誌とはこれいかに?EVAとかマクロスらしきものの同人が普通にキオスクに置いてあるって・・・謎だ。
あと本屋でイタリアの日本のガイドムックを見たらなかなか面白かった。
なんかおススメショップみたいな欄にとらのあなが入ってたw 他の有名な寿司屋や百貨店と同列にヲタショップが混じってるとはw 編集者出て来いやぁ!だな。

ヴェネツィアまでは3時間。
列車はガラガラ空きで、同じ車両には完全に酔っ払っている兄ちゃん他数名しかいませんでした。
車中で今回持って行った唯一の漫画以外の書籍である『欧亜純白(ユーラシアホワイト)』の上下巻を読み終わる。
いやーこれは面白かった。個人的に大沢作品の中でも1,2を争う作品にランクインしました。

~続く~

2011-03-25 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR