日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

欧州横断の道 第11話-その 素敵なステーキは・・・-

2月21日(晴れ)
朝、切符を見るて気づいたことが。
ミラノ到着の時刻が時刻表に掲載されているのより1時間ほど遅い・・・
周りの客の話を聞いていたところ、なんか工事だかの路線変更の影響とか。
往路の列車と同じ事由か?予想外だったがまあ時間に余裕はあるので問題なし。
が、ミラノに到着したのはその切符に書いてある時間よりも40分遅れ・・・
今回は殆ど定刻どおりに列車は動いたが、まあスイス以外の国の鉄道の時刻なんてあてにならんのよね。日本の鉄道は神みたいなレベルよ。
ミラノでは結構ギリギリだったが予定より1本遅れのアルタベロチタ(イタリアの高速鉄道・ユーロスターの速い版)でフィレンツェへ。ここは比較的本数が多くてよかった。

チキンレジェンド
ここでご当地マック第6弾!ミラノにて”CHICKEN LEGEND"であります!
LEGENDと凄い名前がつけてあるが実際はそれほどでも・・・
中身はレタスとチキンのみで到ってシンプル。相変らずボリュームはあるのだが、今までのバーガーと比べると少しインパクト不足か。
なんか日本にも小さいサイズで普通にありそうな感じ。評価は「うまい。」で。

2時間弱でフィレンツェ到着。
今日はこの後ピサへ向う予定でしたが、列車が遅れたこともあり、明日のフィレンツェ観光の一部を先取りして見ることにしました。
そういえばフィレンツェのホテルで映画「メジャーリーグ2」をやってました。
一応ヨーロッパの中では野球が盛んでプロもあるので観る人はいる・・のか?
勿論、タカ・タナカことあの人も元気に出演していましたw

ではフィレンツェの街へ。
まずはアカデミア美術館へ。のはずが休館日だったので明日にまわす。
ドゥオーも
まずはこちらのドゥオーモとショットの鐘楼を見学。
イタリアに入ったのでカテドラルではなくドゥオーモね。どっちも大聖堂でほぼイコール。
まあヨーロッパは教会ばかりあるのでそろそろ飽きてくる頃か。建築とか美術とか詳しい人なら、あの教会はどうこう様式でなんとかとか違いが分かるのかもしれないが、オレには規模や形は違えどどこも”キリスト教”ということで同じに感じるのだが。
そして高いところがあるなら登る!ということで鐘楼にも。
例の如く階段で死ぬ。もうこの頃になると足の指の皮がむけて悲惨なことになっているのであまり感覚がないのよね。

鐘楼より
苦労して登っただけあり、眺めは素晴らしい。(このくだり前もあったな・・・)
こちらは駅方面の図。右側の六角形の建物がサン・ロレンツォ教会、中央奥の尖塔が見えているのがサンタ・マリア・ノヴェッラ教会であります。
しかっしここフィレンツェはホントに日本人観光客が多い。まだスイーツ警報は発令されていないがいかにもなリア充がうゎんうゎんしてやがるぜ。
勿論我等は無視して痛い話を街中で普通にしていました。そらそうよ。

今日の観光はここまでにして夕食へ。
ミートソース
イタリアに来たのです。やはりスパゲッティーは欠かせないでしょう。
そういうわけでスパゲッティ・ミートソースを注文。
えーちなみに・・・そろそろ旅も終盤に入っているという事で「お金が無い、お金が無い、ホントのことさ~♪」状態になっています。その為、今まではスープを頼んでたりしましたが、当然カット。飲み物もファンタから水に格下げ。
まあこちらの料理は基本的に日本よりもボリュームはあるので助かります。
さてこのミートソース、評価は「うまうまきゅん!」。これは美味いぞ!
もうパスタのコシが全然違う。麺の時点で日本のそれとは一線を画す感じ。
ミートソースも風味が強い。いかにもミート!って感じがするくらい肉の力が強く、ソースとしてそれだけで完成されたものに仕上がっています。
さあ、美食大国であるイタリアは現在の暫定チャンピオンであるスペインへどこまで迫れるのかな?今後も期待できるスタートでした。

2月22日(晴れ後曇り)
さて本日はまずアカデミア美術館へ。
あのダヴィデ像がある有名な美術館だそうです。
丁度開館時間に行ってみると早くも行列が!みんなこんなに美術品見たいのかねぇ。
例によってコミケに比べれば蚊みたいなもので20分ほどで入館。
撮影禁止なので写真はありませんがダヴィデ像などの美術品や楽器類が色々と置いてありました。まあオレはダヴィデ像しか分からんのだが。

ヴェッキオ宮
続いて↑のヴェッキオ宮の隣にあるウフィツィ美術館へ。
ここの広場には屋外展示場やレプリカのダヴィデ像なんかもあり、流石に花の都というだけはある。
ちなみに花の都とか言いつつ、街はそんな綺麗じゃありません。
落書きはそんじょそこらにあるし道路は汚いし、正直こういう立派な建物で視線がそらされているだけでそれが無ければ新宿とどっこいどっこいかと。
実は昨日、サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場という「フィレンツェで1番美しい広場byガイドブック」を見て来たが、ごみが散乱してたりで全然美しくない。
写真を載せるまでもなかったのでスルーしてました。周囲の建物が立派な中野駅前でも想像してくれればほぼ間違いないです。

さてウフィツィ美術館です。
うげっ!すげぇ並んでやがるぞ!しかもここはコミケに匹敵するレベル・・・
しかし、ここは有名な作品が色々ある、といことで並ぶことに。
PSPをやりながら1時間ほど待ってようやく入れました。
中は先ほどのアカデミア美術館より広い。が、正直知っている作品は「ヴィーナスの誕生」と、なんとなく見たことあるような気がする「春」位なもの。
ただ折角こんなに並んだんだから!とガイドブックを見ながら世間では有名とされている作品だけはしっかり全て見ておきました。
まあオレは美術属性は皆無なので眠気だけが蓄積していきましたが・・・先のアカデミアとあわせて1日で2軒も美術館をはしごしたら流石に・・・ね。

ここからフィレンツェ市内を歩いてパラパラと観光。
サンタ・クローチェ教会、ヴェッキオ橋、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会などを見ました。
これで一通りフィレンツェの観光ポイントは終わってので駅へ。
丁度時間なので昼食。
ピザ
今日はファストフード店のピザ。なんかイタリアで全国に展開している店らしいです。
日本で言えば吉野家とか富士そばとかそんなイメージでしょう。
ファストフードと侮るなかれ。本場のピザとあってシンプルだが美味い。
日本のピザとの大きな違いはチーズと生地か。具が少ない分そいった部分のごまかしが効かないので純粋にピザの味が楽しめる感じ。評価は「うまし!」。

で、昨日後回しにしたピサへ。
斜塔
まあピサといったらこれですな。斜塔であります。
随分前から倒れる危険があるとか言われながら未だ健在。普通に登れますのでお金と時間に余裕がある人はどうぞ。

ドゥオーモ
こちらはドゥオーモと。
流石に有名な観光地とあって非常に賑わっております。
んん!ここでまさかのスイーツ(笑)警報発令!!
写真撮ったら端へ行け!突っ立って友達同士確認してんじゃねぇ!後ろの人がなかなか撮れなくて困ってるだろうが!断罪のエクセーキューションだ!
はぁぁぁ・・・こんなとこまで来てキャハハハ笑いを聞くのは萎える・・・
大半の日本人はマナーを守ってまともに観光しているのに、一部の馬鹿のおかげで日本人に対するイメージが下がるのは勘弁。こちらの人から見たらアジア人は区別つかないかもしれんが、同じ言葉を喋ってる者からはよく目につくのですよ。

ピサから再びフィレンツェへ。
帰りの列車を間違えジェノヴァ方面へ行くも、途中で気づいて修正。
少し遅くなってしまったが夕食へ。
フィレオステーキ
夕食はフィレンツェの郷土料理であるTボーンステーキ!
評価!「なんという僥倖!生き恥を晒した甲斐があったというもの!」=MAX!
こりゃあたまんねぇわ!レアに焼けた骨付き肉の旨みがたまんねぇ。
中は暖かい生の感じと外の食感の差が絶妙よ。塩・胡椒のみで全くソースも何もかかっていないので、そのまんま「肉」というものを味わっている感じです。
しかも骨周りの肉が美味いこと美味いこと!文句なしだわ、お手上げ侍!

さらにここのお店は非常にサービスを良く好感触でした。
お店の人もいかにもイタリア男みたいな感じで愛想が良く、サービスで食後にバナナケーキを出してくれたりと大満足!
こういうお店に入ると本当にいい気分で帰れるよね。先にスイーツ共によって萎えた心に再び活気を与えてくれました!
ヴェッキオ宮近くの「アルフレート」というお店ですのでフィレンツェに来た際には是非とも行ってみてくだせぇ。味、雰囲気、どちらも満点!

P.S. この日のオレのメモに「ここまで毎日T山(元三中)登場」と書いてあるww 

~続く~

2011-03-23 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR