日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

全日本プロレス プロレスLOVE in 両国 Vol.11

今日は両国国技館にて全日本プロレスの観戦をしてきました。
先の地震の影響もあり開催が危ぶまれておりましたがなんとか無事に催行。
震災のチャリティーマッチにするということもあり、入場すると多くの選手が募金活動等をしておりました。とりあえずオレも入り口で京平レフェリーに握手してもらったり。

ブードゥー
試合に先立って御馴染みのブードゥータイム。
総帥のTARUがブログで寄付を呼びかけていたこともあり、今回はヒールという枠を越えて活動するよう。
途中で元VMのbrother YASSHIが入場。引退前と変わらないマイクパフォーマンスを見せていたが、何言ってるのかよく分からんかったw

細かい試合詳細等はヤホーのスポーツナビを見てもらうとして、ここからはハイライトのみを。
ベイダー
まず第3試合。
往年の名選手であるビッグバン・ベイダーが息子と浜を引き連れて登場。
全盛期の動きには遠く及ばないだろうが、流石ともいうべきオーラと存在感を見せてくれました。試合でも投げっぱなしパワーボムでMAZADAを仕留めて快勝!

続いて第4試合。
意外といっては失礼かもしれないが、今日の試合で一番盛り上がった内容だったり。
アジアタッグ選手権試合、王者である全日若手タッグの征矢&真田組に大日本プロレスの関本&岡林が挑戦。
去年の東スポプロレス新人賞の岡林と、かつて技能賞をとった関本のタッグという事で、個人的に期待はしていたが、その期待を上回る見事なプロレスでベルトを戴冠!
アジアタッグ
関本というレスラーは初めて生で見たが予想以上にいい動き。正統派として投げ技から打撃技までしっかりしているし、何よりパワーが半端ねぇ。
またタッグを組んだ岡林も良かった。さすがに去年の新人賞というだけのことはある。そんじょそこらの若手レスラーとは一線を画した堂々たるプロレスでした。
大日本は殆どノータッチだったけどいいレスラーがいるもんだなと。

続く第5試合では橋本真也の長男である大地がデビュー2戦目にして武藤を対決。
正直なところプロレスとしてはまだまだ観客に見せられるモノではないかなと。
武藤も試合後に言っていたが、まだようやく0地点に立てたという感じ。
他のルーキー選手では絶対に味わえない大舞台にいきなり立たせてもらってこれ以上はない経験を積めたとは思うので、今後は前座で実力をつけながらゆっくりと成長していってもらいたい。

第6試合、盛り上がると思われた新日勢との対抗戦。
初めから両チームともバチバチ火花を飛ばしており激しい展開が繰り広げられたのだが、試合はあっさりと船木が永田のバックドロップに沈んで終了。
対新日
試合後も鈴木みのるが執拗に永田を攻撃。
ここでも応援に行かずあっさりと退席してしまう船木。
うーむ、これは一波乱ありそうな予感?
それにしても全日は対外部には優しいような。ベイダーの試合から大地を除いて3つともゲストが勝利したことに。

第7試合は稔と近藤の世界ジュニア選手権試合。
序盤は割とスローな展開で地味な感じだったが後半盛り返した辺りは流石。
稔は序盤の攻撃で足を痛めたようだったので結構危なかったが。
最後はミノルスペシャルを近藤は1度は持ち上げてほどこうとするも、腕ひしぎに持ち込まれてレフェリーストップ。近藤も最後腕吊って退場したけど大丈夫だったか?
と、思ったが帰り際に募金をしていて何事もなくいたので大丈夫だったようです。

第8試合は世界タッグ。
まあ普通にいい試合だったと。
KONOとジョー・ドーリングが組むと流石に迫力あるなぁ。
久々参戦の大森に対して、ジャイアントニー→レボリューションボムの流れで問題なく防衛。

で、問題のメイン。
前回の鈴木みのる×諏訪魔の試合は良かったものの、どうも全日のメインの三冠王者選手権はイマイチな試合が多いというのがここまでの両国の傾向。
今日はその傾向が存分に表れた、というか今までで1番しょっぱい試合だったかも・・・
正直、KENSOにがっくし。1番盛り上がったのは入場してポーズ決めたところだし。
無駄に間を空けた動きと中途半端なラフ殺法。攻めに攻められながらも最後の最後にちゃっかり丸め込んだりしてブーイングの中での勝利とかも期待していたが、そんな事も全くなくひたすら諏訪魔の攻撃を受け続けラストライドで撃沈。
・・・これなら他の挑戦者の方が絶対に盛り上がったでしょう。まずい試合をする事も多い諏訪魔ではあるが、今日はKENSOのおかがでまともにプロレスもさせてもらえずに少し可哀想だったな。

試合後、諏訪魔に対して次々と選手がリングに上がりチャンピオンカーニバルでの優勝、そしてベルトへの挑戦の名乗りを。
その中には昨日のNJCで優勝した永田!さらにノアの秋山が手紙で参戦を表明!
これは豪華なメンバーになったなと。去年のチャンカーは全日勢オンリーで正直ガックしだったので。
touhokuganbare
ラストは皆そろって「がんばれ!東北!」のメッセージを。
これだけ色んな選手が一同にそろうのも壮観ですな。
メインの問題はあったけれど、全体を通じてはいい大会でした。
開場から出るときにも多くの選手が募金活動をしており身近に見られたのも良かった。
武藤やゲストで来ていた蝶野、先ほどまで試合をしていた諏訪魔もいました。
あと近藤の隣に社員さんがいると思ってよく顔見たら大和だった・・・(汗)。ジャージだとオーラが・・・

2011-03-21 : プロレス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:全日本プロレス プロレスLOVE in 両国 Vol.11(03/21)
お疲れ様。
チャンカンが楽しみだね。
KENSOでるかな?
2011-03-22 01:51 : リーツーキング URL : 編集
Re[1]:全日本プロレス プロレスLOVE in 両国 Vol.11(03/21)
お疲れ様でした。
KENSO出ます・・・まだ曙とかゾディアックの方がいいような。征矢が外れて真田が入っていたりするのも謎です。
2011-03-24 00:07 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。