日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

欧州横断の道 第2話-雪ノ道・遭難ノ危機-

2月10日(晴れ)
車内
クロアチアの首都・ザグレブへ移動中。
リュブリャナ~ザグレブ間はトーマスクック時刻表の景観ポイントに載っている路線です。
ずっと川と山々と平行して走ります。ときめも4ばかりやっているのもいいですが、少しは車窓にも注目してみましょう。
ちなみに、ここでフラテッロ氏のPSPのメモリースティックが反応しなくなるというアクシデントが。TOD2でサブノックまで行っていたのにまた最初からという不運。
これがなければ行程中にクリアできていただろうに。

ザグレブには11時前くらいに到着。
朝からスイスで買ってきたチョコレートしか食っていなかったのでハラーヘッター状態。
翌日のバスの券を買いホテルに荷物を置いてとっとと朝昼兼の食事へ。
さて、今回の旅行では夕食にはじっくりと金をかけるつもりなので、昼は安くてネタになるようなものを。
ご当地マック
そういうわけで、ザグレブにてご当地マック第1弾!
実は名前をメモするの忘れてしまったのだが(汗)、とにかく日本にはないもの。確かチキンなんとかだったような気がする。
まず出てきて感じたのはサイズがでかい!ということ。
バーガーのサイズは日本のビッグアメリカシリーズ以上。両手でつかんで食べなければならない大きさ。しかもセット(こちらではマックメニューという)のドリンク、ポテトは両方とも日本のLサイズ。これで約550円なのだから非常にお得である。
異国の地に来てまでアメリカ人好みのあさましい食べ物を食べてしまったが、これは日本のマックよりも遥かに満足度は高い。日本のはセットで頼んでも腹いっぱいになんない上に値段高いし。評価は「うまし」。

腹もふくれたところでザグレブ観光。
聖母被昇天大聖堂
こちらは聖母被昇天大聖堂。
教会内部にはザグレブの勇者の棺が安置されております。
他には聖マルコ教会、石の門、考古学博物館を見たり。考古学博物館のエジプトコレクションは評判どおり中々素晴らしかったです。
イェラチッチ広場近くでは恒例の本屋チェック。
.hack、ツバサクロニクル等の作品があり、クロアチアにも風が吹いてきた感がありました。ちなみに今更ジャンプ系とかは当たり前すぎるのでノーカウントよ。

ザグレブ風カツレツ
夕食は考古学博物館近くの民族料理レストラン。
今回はザグレブ風カツレツを注文。
棒状の形が面白い。中はチーズが入ったカツレツ。まあウィナーシュニッツェルの派生みたいな感じですが。
レモンでサッパリ味もいいが、個人的にはソースで白米が欲しいかも。
評価は「うまお!」。

2月11日(晴れ)
ザグレブで1泊し、本日は世界遺産のプリトヴィッツェ湖群国立公園へ。
バスで2時間ほどでついた地は見事な銀世界。
で、いきなり問題が・・・
係員がいねぇ・・・
入場口に誰も居ず入っていいのかわからん状態。ただ、近くに居合わせたブラジル人カップルが勝手に入っていったので、まあ入園料は後で人が居た時に払おうと入ることにする。
pv
それにしても見事な湖!が一面凍っています。
いやはや、これが凄い!

pv2
何が凄いって、まず水が恐ろしく綺麗。
湖の底がはっきりと見えます。流木なんかが氷の下に沈んでいる光景は神秘的。

暫く湖の淵を歩いていると再び先ほどのブラジル人カップルが。
なんかどこで教わったんだ!という様な意味不明な日本語を発しておりましたw
こういう出会いも個人旅行でしか味わえない醍醐味ですな。
さてさて、ここで湖の淵から高台に登る為、坂道を歩くわけだがここで悲劇・・・
路面が凍結していて全くすすまねぇ!!
これマジですよ。恐ろしいくらいにツルツル滑る。おそらく人生で1番滑った。
これで雪や土だらけになって最悪。しかしなんとか三脚を杖にしつつ、なんとか登りきりました・・・わずか100mほどの道に1時間かかったよ・・・

pv3
苦労して登っただけあって眺めは素晴らしい。

pv4
プリトヴィッツェの名所の1つである大滝。

ここから再び湖畔へ。この辺りから他の観光客も大分増えてきました。
ここで我らは湖を1周するコースを歩くことに。思えばこれが真の悪夢だった・・・
凍結した路面・・・深い積雪の山道・・・柵のない高台の道・・・
暫く歩いてきてやばい感があったのだが、とりあえず先へ。
すると人気の無い雪深きハイキングコースに入ってしまったのです。
無いのか有るのか分からないような道を3時間ほど歩く結果に・・・正直、時間がもうすこし遅かったらホントに危なかった。今までの人生で一番「死」を近くに感じました。
しかし、「火事場の馬鹿力」というものはホントにあるようで、通常時のオレの体力では乗り越えられないような場所もなんとかノーミスで切り抜けました。まあ1つでもミスがあったら今この場にはいないわけだが。
ちなみにこの日は、最後まで係員を見なかったのでタダで入園したわけだが、どうも積雪多量で休園だった模様(滝汗)。観光客は自己責任で入れというわけです。
プリトヴィッツェに行く方へ。冬場の休園中は湖畔の散策だけにしておきましょう。
くれぐれも我らの真似はしないように。マジで死ぬよ。

ただ観光地としては最高の場所。
ぜひとも行ってみて欲しいし、オレ自身もまた行きたい場所。次はちゃんと開園していて遊覧船や観光列車がある暖かい時期に行きたいね。

再びバスでザグレブへ。
と、ここで三度ブラジル人カップルが。雪まみれのオレの姿を見て「どうした?」と言われたので「湖に足突っ込んだ」と言ったら笑ってた。だが、事態は笑えない。
なんと2時間待ってもバスが来ないと!!な、なんですとー!
とりあえずオレが調べた時間までバスを待ちましょうと。そしたらほぼ定刻で着ました(汗)。少し不安にはなりましたが、ただ単に本数が少なかっただけですね。
この人たちには色々とネタを提供していただきましたw

ラム
夕飯はイェラチッチ広場近くのレストランで。
今夜はラム肉のステーキです。
うむうむ、嫌な匂いもなくラムをうまく調理できております。「うまお!」。

今晩は夜行列車でミュンヘンへ。
プリトヴィッツェでボロボロになったのでバタンキュー。足が、足がぁっっ!!

~続く~

2011-03-03 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR