日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

山岡風目玉焼き丼

前回の雄山スパゲッティに続いて『美味しんぼ』の料理再現企画第2弾。
今回は第7巻「黄身と白身」より、IFECの会議で山岡さんが披露していたターンオーバーせずに黄身の表面を白くする目玉焼きを作ってみた。
作り方はとても簡単。
1、熱したフライパンにバターをのせる。
2、バターが溶け終わる当たりで卵を割って入れる。
3、フライパンにふたをし、弱火で1分ほど待つ。

そうするとこうなる。
目玉焼き丼
直、漫画では蒸す時間を1分少々と書いてありましたが、個人的に目玉焼きの白身は固めの方が好きなので2~3分しっかりと蒸しました。
米にのせたのは、また別のIFECつながりの話で、山岡が新しい目玉焼き料理を模索していたブラックに対し、丼に目玉焼きを乗せる食べ方を勧めていたからです。
これに醤油をさらりと掛けて完成です。

味は普通に目玉焼きなので特に言うことはなし。いい卵を使ってるわけではないので。
作中でも書かれているとおり、表面を白くしたいターンオーバー派の人にとって、ひっくり返す際に黄身が割れる危険性を無くすという意味では有効な調理法でしょう。
まあ、オレはサニーサイドアップで問題ないのだけど。

次回は15巻「究極VS至高」より、アレを作る予定。
2010-11-13 : グルメ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR