日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2010プロレスLOVE in 両国 vol.10

先週に続いて両国国技館へ参上。
今日は全日本プロレスの試合を見てきました。

10c
試合に先立って、昨日亡くなられた鬼軍曹こと山本小鉄さんへの10カウントが。
最近も新日の試合の解説などで活躍されていた中で突然の訃報でした。合掌。

こうして毎度御馴染みの大和のマイクパフォーマンスも無く試合は開始。
例の如く以降はハイライトで。
mazada
第2試合では正規軍とVMのジュニア同士が激突。
試合はBUSHIがヘイトをファイヤーバードスプラッシュで沈めたのだが、その後に事件。
MAZADAがBUSHIに襲いかかりマスクを強奪。嗚呼T28の顔が・・・(汗)
そのBUSHIはMAZADAのマスクを逆に奪って撤退。
この2人は後楽園でマスカラ・コントラやるみたいだけど、普段から素顔晒しているMAZADAがマスク奪われたところで何の損もないんじゃ・・・ま、いいか。

第4試合では全日加入1年目の節目となる船木が河野とシングルで対決。
今日の中では割合地味な試合ではあったけど、最後のハイキックで河野をノックアウトした瞬間は圧巻でした。河野は得意のひざ攻撃を上手く生かせなかったのが痛かった。
全日の若手勢の中でも期待が大きい選手だけにもっと上を目指して欲しい。

第5試合、アジアタッグ選手権試合です。
bdv
ビッグ・ダディ・ブードゥーは相変らずでかい。
真田、征矢ともに攻撃は殆ど跳ね返されて相手にならず。この試合のために磨いてきたというコンビプレーもイマイチ。
ただ、見た目の通りスタミナには難ありなようで後半は試合から消えている場面も。

VM
VMは例の如くラフ殺法で徐々に挑戦者タッグを追い詰めていく。
ただヘイトの消火器攻撃が誤射した辺りから乱れが(汗)。
ビッグ・ダディ・ブードゥーがエンジン切れで試合から消え始めてからはTARUが集中攻撃を受ける場面も多くなり、最後は征矢の新必殺技で撃沈。
この試合はVMの勝利を予想していただけに残念。

そして休憩明けの第6試合。
あのグレート・ムタが降臨するとあって誰もが最も注目していた試合でしょう。対戦相手も海外を主戦場に活躍してきたKENSOとあって不足無し。これは相当盛り上がる試合になると思われていました。
muta
試合前に解説者の人が「今日のムタはニューヴァージョン」と言っていましたが、その通りになんかアフリカの部族的なイメージの衣装で入場。

muta2
今回はTLCマッチということで椅子だとか机だとかは凶器として利用OK。
初めてのルールにも関わらず非常に有効に道具を用いる辺りは流石の天才っぷり。
試合は終始ムタのペース。開始早々にKENSOを流血に追い込むと、シャイニングウィザードの連発もあり早々に決着がつきそうな予感。
KENSOの体の上に机を敷いてのムーンサルトなど荒技もとび出し決着はつくかに思われた。
が・・・なんか流れは良く覚えてないないが、MAZADAが梯子から落っこちたりなんかして場がバタバタしているときにKENSOがダブルニーで呆気なく3カウント。
これには観客も当然ブーイング。一体なんであんなにあっさり終わってしまったのか釈明が必要かと。ムタの復帰戦にしてはあまりにもしょっぱい終わり方でした。

第7試合の世界ジュニア級選手権試合ではカズ・ハヤシが、かつての盟友ジミー・ヤンとの試合を見事に制し14回連続防衛!いよいよ渕の持つ最長防衛タイ記録に!
試合は相変らず高スピードのハイレベルな試合。ジミー・ヤンの得意の足技を封じるべく膝に集中したカズの攻撃が序盤から最後まで活きた形に。
対するジミー・ヤンの必殺技であるヤンタイムも非常に見ていて美しい技でした。流石に今年のジュニアリーグ戦を制しただけはあります。
ただ最後はカズ・ハヤシがいつものごとく必殺技・パワープラントで勝利。
次期対戦相手はいよいよ最長防衛の記録がかかる相手。果たして誰になるのか?

さてファイナルを飾るは三冠ヘビー級選手権試合、鈴木みのる×諏訪魔。
ここまで両国の諏訪魔というと非常に地味な試合を見させられていて、あまりいいイメージがないだけにここで汚名返上なるか。
試合は例の如く地味なスタート。時間的にも60分引き分けというのも考えられただけに、それだけは避けて欲しいところ。
と思っていたが25分過ぎから活性化。このあたりから詳しい順序は覚えていないので詳細はスポーツナビでも見てくれ。
諏訪魔のラストライド、みのるのゴッチ式パイルドライバーと両者の必殺技もとび出し会場のボルテージも高まっていきます。
最後はヘッドバッド、ラリアットの応酬から諏訪魔がバックドロップホールドで勝利!!
ここまでシングルでは勝ったことの無かった鈴木みのるからの初勝利は見事な三冠ベルトを奪取する1勝となりました!

三冠
試合後、新世代軍が集合。
また、船木がリング上へあがり諏訪魔に詰め寄る場面も。次期挑戦者が濃厚か。
まあ、今回はファイナルもしっかり盛り上がったので全体的に非常に良かったです。
悔やまれるのはやはりムタの一戦か・・・

2010-08-29 : プロレス : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:2010プロレスLOVE in 両国 vol.10(08/29)
お疲れ様でした。
MAZADAは髪の毛を賭けるんだよ。
ムタは残念だったね。
次回はSengokuでw
2010-08-30 01:35 : 魔鬼威 URL : 編集
Re[1]:2010プロレスLOVE in 両国 vol.10(08/29)
なるほど、ヘイトに続いてMAZADAもですか。
まあBUSHIも中身が分かっているだけに脱いだところでサプライズも何もないのですが。
Sは保留で・・・
2010-08-31 23:55 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。