日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

極めて近く、限りなく遠い勝利に

いよいよW杯も大詰め。
勝った方が優勝へ王手をかける準決勝1試合目はウルグアイ×オランダ。
南米勢最後の砦となったウルグアイと当方優勝予想のオランダ。
注目のカードは最後まで目の放せない壮絶な撃ちあいとなりました!

まず先制点を叩き込んだのはオランダ。
左サイドからファン・ブロンクホルストのよく伸びたロングシュートで先制!
いや、これは入るとは思わんかったです。今大会限りで現役引退の大黒柱がこの大一番で素晴らしい得点を見せてくれました!
ただオランダのペースとしては得点機以外はイマイチ乗り切れていない感じ。
右サイドから度々オーバーラップを見せていたファン・デル・ヴィールと攻守のつなぎ役であるデ・ヨングを累積で欠いたのが響いているように見えます。
特にデ・ヨングの代わりに出場したデ・ゼーウが殆どボールに絡んでいなかったのが問題。監督も当然分かっていたようで後半スタート時にチェンジとなります。
一方のウルグアイもここまで好調のスアレスをガーナ戦のファインセーブで欠くものの、フォルランとカバーニの個人技で手数少なくフィニッシュまで持っていけています。
そのフォルランがやはりこの試合でも魅せてくれました!
前半終了間際に中央で受けたフォルランが切り返してミドルシュート!これがステケレンブルクの手の先をかすめて見事なゴール!
正にウルグアイにフォルランあり、という様な素晴らしいゴールでした。
こうして前半は両チームにワールドクラスのゴールが出て1-1で後半へ。

後半開始時にオランダはデ・ゼーウに替えてファン・デル・ファールト投入。
これが結果として得点に絡む好采配となります。
後半開始直後は依然としてウルグアイのペース。相変らず素早いカウンターでテンポ良く攻撃につなげて行きます。
やはりこういうスタイルのチームにフォルランの様な絶対的エースが存在するのはでかい。解説の山本さんも言っていたように、確かに日本とも似通ったところがあるチームではあるが、こうして少ない決定機を確実にものにできるエースが日本にはいない。
シュートへの意識というのも日本に比べれば遥かに高いし、何より縦へのパスが非常に多い。カットされるリスクは大きくはなるが、その分決定機を作れる可能性も高まります。
このあたり、ぬるま湯のアジア予選とは違い南米予選でアルゼンチンやブラジルに囲まれているだけはあります。強者への戦い方がしっかりチームに根付いている。日本も次回大会に向けてこういう所は学ぶべきところでしょう。

しかし、いよいよオランダにエンジンがかかる時が。
後半半ばにゴール前でスナイデルにボールが渡りシュート。そのボールがウルグアイのDFにあたり、さらにその前に居たオランダの選手で隠れていたこともあり、ややラッキーな形で勝ち越しゴール。
これでオランダは一気にペースを握る形に。ブラジル戦でもそうだったが、ラッキーでも何でも得点を1度決めた後のオランダは強い。
この僅か3分後に左サイドからカイトの上げた絶妙のクロスを、これまたロッベンが絶妙のヘッドで叩き込み3点目!
これはカイト、ロッベン共に上手かった!ようやくオランダの持ち味である両サイドをワイドに使った攻撃が活きたという感じ。お見事!
これで流石にウルグアイも厳しくなり万事休す。
オランダも2点差もついてボール回しに余裕が出てきたこともあり、ウルグアイはなかなかボールを繋げず前半のように決定機は作ることができなくなります。
それでも後半ロスタイム。ゴール中央30数メートル位の位置から、上手く前の選手にパスでつなぎコースを突いたシュートで1点を返します。オランダとしては完全に意表突かれたシュートでした。
残り1分、ウルグアイが最後の攻勢に出るも、ここはオランダが全員で凌ぎきり勝負あり。
オランダが3-2でウルグアイに勝利し決勝進出を決めました!!

これでオランダはいよいよ初優勝に王手!
決勝の相手は同じく初優勝を狙うスペインか?それとも因縁の相手ドイツか?
どちらにしても非常に楽しみなカードになるのは間違いありません。
不安な点としては決勝トーナメントに入ってから、どうも前半はスロースターターになっていることと、ファン・ペルシーがイマイチなことか。
特に後者は重症なようで、どうもピークが本番前の親善試合の時にあったような雰囲気。
エリアが好調なことだし、思い切って決勝ではスタメン変更もありか?
一方のウルグアイも敗れたけれど素晴らしいチームでした。
南米予選では5番手ということで殆ど期待はしていませんでしたが、まさかここまで勝ちあがってくるとは・・・
かつて2度の優勝を経験している国ではありますが、それは既に大昔の話であり最近の大会では目立った成績も無かっただけに、久々の「古豪復活」として大会を盛り上げてくれたチームでした。
3位決定戦ではスアレスも出られることだし、最後にもう一花咲かせて欲しいものです。

そして、決勝へ進むのは・・・
ドイツorスペイン??どっちだ?

2010-07-06 : FIFA ワールドカップ2010 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR