日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

アリス・イン・ワンダーランド

まさかの映画連投です。
今日見てきたのは『アリス・イン・ワンダーランド』、もちろん3Dverです。
3D作品といえばあの『アバター』がちょっと前には話題になっていましたが、個人的にあれは絶対に嫌いな話の類(米製中途半端なファンタジー系)だと感じたので観ませんでした。そういう訳で初の3D作品であります。

感想としてまず一言。これは面白い!!
3Dとしての魅力は勿論、ストーリー自体も飽きない内容でエンターテイメント作品として十二分に見る価値のある作品だと思います。これならたぶん2Dでも十分楽しめたと思う。
ちなみにオレは『不思議の国のアリス』自体は読んだこともないので全く知りません。
事前知識はせいぜいトランプが出てくることくらい?どうも『オズの魔法使い』とごちゃまぜになってしまっている状況です。案山子は出てこないよね?
でもって内容です。
最初から最後までホントに不思議な話でした。
なんというかこの奇抜さが新鮮で良かった。事前知識が殆どなかった事もあり、本当にアリス視点でアンダーランドを冒険している感じがして物語に吸い込まれて行きました。
奇抜なキャラクターの数々は動きの一つ一つがユーモラスで面白くてホントに飽きない。
また独特な世界感を表現するCGが3Dと相成ってリアルに感じられるのが魅力です。これだけCGを使っているにも全く不自然な世界に感じさせないのは素晴らしい。
あとやっぱジョニー・デップはすげぇなぁと。ホントにこの人はどんな役でもこなせる器用な役者ですな。今回のマッド・ハッターという正直訳の分からん役でも、この人が演じると元の人物が現実に存在してそれを演じているように見えるから凄い。
まあ全体を通じて「全く飽きることはない作品」と言いましょうか。カラフルな世界観ということもあり久々に映画館で全く眠くならなかったなと。

映画の感想ともう1つ。
3D映画を観る際には専用の眼鏡をかけることになりますが、これをかけると元から眼鏡をかけているひとには重いとかしっくりこないとか言われていました。
個人的に重さを感じることは全く無かったです。
ただやはり眼鏡をかけているとどうもポジションがしっくりこない感じが。
これがしっかりしてないとハイスピードな場面とかでは二重に見えたりするので、ところどことで調整しながら見ていました。この辺は3D作品の問題かな。
2010-05-04 : 日常生活 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re:アリス・イン・ワンダーランド(05/04)
2Dを3Dに変換した映画なので、3Dカメラで撮影したアバターと比較すると2.8D位にしか感じられません。
3D映画を見て気づいたのは、飛び出してくることは実はどうでも良くて、それよりも奥行きを感じられることでしょう。
今回の映画でもアンダーランドがかなり広く感じました。

一応これには奇抜なストーリーがありますが、原作はさらに奇抜です。
もっとも原作に近い映像化はティナ・マジョリーノ主演のものですので、一度見ることをおすすめします。
CGがアレですけど。
2010-05-12 00:35 : 無學童子 URL : 編集
Re[1]:アリス・イン・ワンダーランド(05/04)
なるほどなるほど。確かにとび出してくる感よりかは物の立体感を際立たせているというのは感じました。
洋画は殆ど見ないですけど機会があったらそちらの方も見てみます。
2010-05-12 22:05 : 旋風万翼長 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。