日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

進路に絶望、退路に希望

もう終ったとの見方が全ファンの8割を占めるであろうサッカーの日本代表にとどめ。
W杯本番直前の練習試合はセルビア、韓国、コートジボワール、イングランドとJFAにしては満点に近いマッチメイクができて少しはプラス修正できたと思ったが・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000015-spnavi-socc
まあ代わり映えのしないメンバーだこと!
なんだ結局昨年から何も代わっていないじゃん。いや別に代わってないことが悪いことではないのです。じゃあ先日の地獄の4連戦はなんだったんだ、と。
散々メンバー試す言ってこれかい。そもそも先日の試合だってスタメンはいつものメンバーばかりで期待の香川や石川、乾に岩政、そして小笠原にも殆どチャンスは与えられなかった。もしメンバーを完全に頭の中で固定していたらな最初から呼ばなければいい。W杯当確組みだけでじっくり煮詰めて戦うべきだった。
結局、中途半端に試すふりだけして後は仲良しメンバーで固定なのよね。
いやいや、練習も含めてじっくり試した結果実力が及んでいなかったので選びませんでした、と言うのならそれこそ選手を見る目がなかったということで監督としては失態の烙印ですな。もうスタンプカードは一杯じゃない?(苦笑)
ただ1人平山だけは残ったようだけど正直世界に通用するような実力は厳しいというのがオレを含めて大方の見方だと思う。
まあ高さがあるからという理由だけなのだろうが、それじゃ勝てんよ。

他の強豪国を見てもイングランドのオーウェン、ブラジルのロビーニョ、オランダのファン・ニステルローイ、イタリアのネスタなどなど当落線上で話題に上っているベテランが沢山いる。そういったトップの国でさえメンバー選考に頭を悩ませているのに日本はどうも呆気なく淡白に決めすぎていないか?
別にこのメンバーがベストパフォーマンスを組める最高の布陣!というのなら文句は言わないが、今はその真逆でどん底の状態。
次のバーレーン戦、そいでその次のAマッチデーではないセルビア戦までは国内組の当落線上選手3~5人くらいは試して見てもいいんじゃないか。
特別とび抜けた選手がいない中で、最後までじっくりと競わせて本番でベストなパフォーマンスを出せる選手を選ぶことこそが今の日本にとって勝利への第一歩なのは言うまでもない。
どうもあの監督の頭の中にはすでにこのメンバーで勝っている妄想でもひろがっているのだろうか。本番でも結局はこのメンバーと心中することになるのか・・・

2010-02-25 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。