日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

その 空の境界を見る者は…

どうもオレの行くときに限って新宿のTUTAYAに「メジャーリーグ」が無いのだが・・・
仕方ないので新宿店半額クーポンが先週までだったこともあり「空の境界」の見ていない章を全て見ることにした。
と同時にもう新作で見ちゃえ!と「忘却録音」も中井で当日で借りてきた。
そういうわけで現在「殺人考察(後)」以外レンタルになってる章は全て見たことになる。
ここまでの面白さをまとめて見ると、
矛盾螺旋>痛覚残留>俯瞰風景=殺人考察(前)=伽藍の堂>>忘却録音
となる。

密林の評判がイマイチだったこともあり、あまり期待はしていなかった「忘却録音」だが、まさしくその通りになった・・・
別に作品としてまずい訳ではないです。小説読まず原作の設定を知らない中で映画だけを見ているなら全く不満は出てこなかったと思います。
何がまずいっていくらなんでも重要な設定削りすぎっしょ(汗)。
追加して欲しかったシーンとしては何個かありますが、黄路と玄霧が兄妹(どうもウィキによると確実ではないらしいが)だということを匂わせる所とか、エンディングで玄霧が殺されて最後の一言を呟く所も。あと黒桐と玄霧が似ているという会話で「黒桐」を音読みすると「くろぎり」になると言った所とか。
3つ目はともかく、前の2つは物語上かなり重要な部分だと思うのだが。
ついでに黄路さんってあんなハイなキャラだったっけ?(汗)。
気になって少し原作を読み返してみたんだが、少なくとも「よくってよ!よくってよ鮮花さん!」なんてキャラじゃ無かったはずだが(滝汗)。どこかでネジが外れた模様であります・・・
ただまあ最初に書いたとおり、映画だけ見るなら十分楽しめる域です。特に鮮花と黄路さんの戦闘シーンは見ものです。最後は爆熱ゴッ○・フィンガーかとw
映画だけの評価(小説と比較しないで)なら痛覚=忘却>他三作、くらいか。

「伽藍の堂」、「俯瞰風景」については問題なく楽しめました。
ここまで6作見て新しく出てきた感想としてはEDの曲が素晴らしいということ。
そういうわけで早速CDを借りてきて聞いてます。
曲の方でも「矛盾螺旋」の「sprinter」が一番の名曲かな。
歌詞がそれぞれの章での登場キャラをイメージして書かれているのもいいね。↑の「sprinter」だったらタイトルも歌詞もモロに臙条巴の曲ですな。
ホントに名曲揃いで本編にピッタシ合っています。

ついでにおまけ。
はーげんだっつ
らっきょ見るならこれを食わんして何語る!ちゃんとストロベリーだぜよ。
くぅ~高い金払って買ってきたぜ。あとはボルヴィックがあれば完璧だったんだが、買う時点でハーゲンダッツより印象が薄くすっかり忘れていました。
でもハーゲンダッツなんて食べるの10年ぶりくらいか。250円は確かにうまし。
これぞ「聖地巡礼」ならず「聖物飲食」かな。

2010-01-21 : アニメ・漫画感想とか : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。