日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

W杯1次リーグ展望 (C、D組)

今気づいたのだが、↑にある記事の投稿総数が1000回を超えていたw
初めはガンオケのプレイ日記でスタートしたのがいつの間にか路線変更して現在へ。
1000回記念とかなんもやらんかったけど・・・まあいっか。

前前々回に続いてW杯のグループ予選展望です。

■グループC
まず間違いなく突破するのはイングランド。
組み合わせに恵まれたこともあり、初戦のアメリカ戦さえものにしてしまえば3勝で首位通過ということは十分に考えられる。
仮にアメリカ戦を落としたとしても格下相手が2試合続くので全く問題はない。
予選から通してチームも好調でスタートダッシュに成功すれば勢いでそのまま頂点ということも見えてくるであろう。
唯一の不安は随分前から続いている守護神の不在。
毎年のようにGKがコロコロ変わり、現在有力とされるのはまだまだ代表歴の浅いグリーンとフォスター。両者とも経験不足は否めずチーム唯一の不安要素である。

2位候補のアメリカも組み合わせが幸いしたため予選突破は固い。
コンフェデでスペインを破りブラジルを追い詰めたカウンター戦術は健在。
ただ前線で決定力不足に苦しむ場面もあり、ドノバン頼みの攻撃では限界が見える。
がっちりと守ってくる相手に対してどうゴールをこじ開けるかがポイントだろう。
そういう意味ではアルティドア辺りに期待。

スロベニアとアルジェリアはやはり厳しい。
その中で注目はスロベニアのピルサ。守備はダメでスタミナ不足も顕著だがスピード、ドリブル、パスセンス、どれをとっても一流でサイドからトップ下、センターFWもこなす。
スロベニアといえばかつての名プレーヤーであるザホビッチが思い出される。タイプは違えど2人とも間違いなくチームのキープレーヤーであろう。
アルジェリア・・・すまん、随分前にやってたマジャールしか知ってる選手いない・・・

-1次リーグ突破予想-
◎ イングランド
○ アメリカ
× スロベニア
  アルジェリア

■グループD
グループGと並んで死のグループに位置づけられる同組。どこの国にも突破の可能性があり、どこがこけてもおかしくはないのは誰が見ても明らか。
一番有利はやっぱりユーロ準優勝のドイツだとは思うが、個人的には他国の試合結果もあるけれどここでコケる可能性は結構ありえると考えている。
一番の課題は攻撃陣。ワールドカップ男のクローゼと代表では好調のポドルスキがいるじゃないか、と思うがこの2名はブンデスではさっぱり・・・
クラニィ、ゴメスと言ったユーロで出場した選手も控えるが両者とも決定力という意味ではいまいち信頼に欠ける。
ここに入ってきて欲しいのが現在ブンデス得点ランクで独走中のキースリンク。
高さもあり足元の精度もいいストライカーである。ただ問題は国際経験の少なさか・・・
中盤以降はがっちり固められたチームで攻撃さえ機能すれば上位は固いが、それが空振りすると他が守備のいいチームなだけに勝ちきれず敗退ということもあり得る。
まあクローゼはW杯では何故か絶好調になるし、エンケの悲劇でメンバーの優勝へ賭ける士気も高まったと思うのでそこは期待か。

ドイツに続くチームを見つけるのが難しい。
期待したいのはオーストラリア。前も書いたが今回の成績は次のW杯での大陸ごとの出場国数にも絡んでくるのでアジアのチームはとにかくベスト16目指して頑張って欲しい。
ただ守備は堅いのに対し攻撃陣は層が浅い。
本来ならばマクドナルドあたりが頑張らなきゃならんのだが、何故かこいつは代表に入るとてんでダメ。ケネディのポストプレイ→ケーヒル、エマートンが決めるというパターンばかりでは・・・うーん。

そうなるとガーナとセルビアだがどちらも甲乙つけがたい。
ガーナはこの組の中なら間違いなく一番の攻撃力を持つチーム。
左サイドのムンタリとトップのギャン、そして復活したアッピアーと両サイドからの快足を活かした攻撃は厚い。勿論中盤にはどっしりとエッシェンが控えるのは大きい。
課題は1にも2にも守備。日本ごときの4失点した守備力では厳しい。
どうもアフリカチームにありがちだが一度乱れるとどうにも立ち直れなくなる傾向が顕著。
ちなみに某雑誌の外国人記者への取材で「今大会で飛躍しそうな国」という質問でガーナを答えた人が多かった。
個人的には脆い部分も思うので微妙では、と。

最後にセルビア。
持ち味はやはり高さ。バレンシアでは控えだがエースのジギッチ(202cm)が代表では好調なだけに頼もしい。チェコのコラーを髣髴させるポストプレーは頼もしい。
中盤もベテランのスタンコビッチと予選でブレイクしたミリヤシュの2枚看板は強い。
守備もマンUのヴィディッチを中心にまとまっている。
と、よくよく見たら非常に完成度の高いチームにまとまっているので、正直ドイツよりもセルビアの方が確実に予選を制してきそうな気も。
セルビアといえばスレイマニはどうした?オレは非常に期待している選手なのだが・・・

とりあえず1次リーグでは1,2を争う楽しみな組なのは間違いない!
目標とするアジアからベスト16二カ国の為にもオーストラリア頑張れ!!(北は絶望的で日本はアレなので・・・)じゃないと次回大会では・・・

-1次リーグ突破予想-
○ セルビア
○ ドイツ
△ オーストラリア
  ガーナ

2009-12-11 : サッカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR