日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

キモヲタがGWに行く秋田&岩手 (後編)

5月6日(雨のち晴れ)
本日は横手よりスタート。
朝の見学場所が9時オープンなので、私としては遅めのスタートです。
まずは駅からバスで10分ほど、そこから歩いて10分ほどの横手公園へ。

170510
ピーカン夏日の昨日とはうって変わり、朝から雨降りさん。
涼しいのはいいが、これで城跡公園を登るのはきつい。
朝からダメージ多し。

1705102
公園のシンボルとなっている横手城跡。
かつて秋田を収めていた佐竹氏の居城であります。
現在は中が資料館、最上階は展望台になっているという再現天守ではお馴染みのパターン。

1705103
展望台は雨降りにつき霧が濃くなりあまり見通し聞かず。
まあ、代わりに花火の筒で我慢してくださいませ。

横手公園から駅の方へ歩いて15分ほど。
次の目的地である、ふれあいセンターかまくら館に到着しました。
横手といえば雪も多い地域で、かまくら作りが有名らしい。
そんなかまくらに年中入れる施設であります。
1705105
大型冷凍庫のような頑丈な大扉の先には、入って記念撮影がとれるかまくらが!
そして室内の温度は-10度。
むしむしじめじめの今日の様な日には非常にすごしやす・・・寒いぞ!
さっささと撮影して退散。

1705104
かまくら以外には雪国で使われてきた道具も。
あとなんか知らんが、縁結びのパワースポットみたいなのがありました。

上記の施設を1時間半ほどで回って横手はおしまい。
もう一食横手焼きそばを食べたかったのですが、列車の時間があるので断念。
横手からは初乗車になる北上線で北上へ。
いよいよ東北の在来線がそろそろ完乗へ近づいてきたか。
あとは花輪線、釜石線、大船渡線くらい?

北上までは1時間20分ほど。
1705106
駅周辺に特にこれといった名物料理を出す店もなかったので、昼飯は軽く駅そば。
味はまあ普通、「うまい」ですね。
あの豊橋駅の駅そばクラスの大物には中々出会えません。
ところで「北上」とぐぐると、北上市のHPやなんなりよりも、艦これがいの一番に出てくるのは・・・

北上では北上の展勝地をさらりと眺めましょう。
1705107
雨&霧で寂しいことに。
船は出てるけど殆ど人はいません。そらそうよ。
ここもあと数週間早ければ、対岸の桜並木がずらーっと満開になり素晴らしい景色が見られたよう。

北上から新幹線で隣駅の新花巻へ移動。
一駅7分を新幹線で移動してしまうという贅沢な行為をしてしまうが気にしない。在来線が少ないもの。
新花巻から徒歩で20分ほど。
1705108
宮沢賢治記念館に到着です。
ここは前々から来たかったのですが、列車やバスの時間が合わず中々こられず。
今回地図を見てたら新花巻から歩いて行けそうで、時間もあっていたのでようやく来ることができました。

しかしいきなり試練・・・
1705109
まさかの360段階段だと・・・
駐車場は上にあるからいいが、徒歩(orバス)来場者にはこんな試練を与えてくるとは。
これが賢治の言う「アメニモマケズ・・・」ということか(違)。
ちなみに、階段1段ごとに「ア」「メ」「ニ」「モ」「マ」「ケ」「ズ」・・・と、印がついております。

そんなわけで駅から20分、階段10分でようやく入口に到着。
17051010
直、下の施設から無料のシャトルバスが出ていますので、物好き以外はそれに乗ってください・・・
ぐはっ・・・まさかの知らせに思いもよらぬダメージを受けてしまったのであった。

中は撮影禁止ですので写真はありませんが、その名の通り宮沢賢治関連の資料が展示されております。
思ったほど展示スペースはなかったかなぁと。
ここ以外に周辺に3施設あるので、それをもって1つの場所という感じでしょうか。
それでも生い立ちから作品群まで、改めて宮沢賢治について学べたので良かったですね。

17051011
先ほどの階段での近くには『注文の多い料理店』で出てきた山猫亭が。
中は特にこれといったことはない、普通のお土産屋&喫茶店です。

17051013
シャトルバスはこちらから。
記念館の山の下にある宮沢賢治童話村です。
中は体験型施設が主で、作品のオブジェや登場した植物なども展示されております。

17051012
と、その前にアイスでも食べましょう。
南部せんべいアイスということで、バニラアイスに岩手お馴染みの南部せんべいがサンドされております。
これが、実にうまし!
アイスが非常に濃くてうまい!題字にもある「ジャージー種の乳で作った」は伊達じゃなかったか。

17051014
戻って童話館の中へ。
作品の場面ごとのジオラマが作られており、これを眺めていくことで話の流れが分かれているというつくりに。
あとは星の空間とか、イーハトーブを模した部屋で撮影スポットもありましたが、人が多かったのでスルー。

最後に花巻市立博物館へ。
17051015
花巻関連の資料が、恐竜の化石から縄文・弥生時代の土器、そして近代のものまで展示されております。

実は本来ここに来る予定はなかったのですが、先に三館共通券を買ったので来館しました。
個人的には当たりでしたね。
17051016
古代から中世へ。
戦国時代の武具類も展示。
江戸時代には南部家の領地になります。
「信長の野望」でオリジナルの支城勢力で始める際、1番苦労するのがこの辺りの地域ですね。

17051017
賢治記念館が撮影禁止なのでゆかりの品はこちらで。
有名人になると年賀状も晒されます。
他に戦前の花巻駅周辺の模型や、明治の岩手日報の紙面などが目を引きました。

17051018
企画展では東北三大土人形の1つという花巻人形の展示が。
他2つは米沢の相良人形、仙台の堤人形というのがあるそうです。

以上すべての観光を終わり。
新花巻から快速はまゆりで盛岡に戻り、新幹線で東京へ帰ります。
乗り換えは短かったので外に出ることはなく夕食も駅弁で。
17051019
3種の車両が介する姿が見られました。

列車の中では本読んで寝てたので、食事はおうちで、
17051020

17051021
大抵盛岡駅で買う時はこの2つですねぇ。肉が焼き鯖寿司になるくらいか。
我ながら変化を付けてもいいのですが、やはり安パイをとるというのを選んでしまう。
仙台牛めしはやはり1面の肉が魅力的。
鮭はらこは出汁の効いたご飯と鮭&いくらの黄金コンボが鉄板です。
シンプルにうまおな駅弁2種を今回もいただき、最後を締めさせていただきましょう。
それではまたどこかで逢える日を。


次回は今月中にでも「フレンズ」に会いに行こうかと計画中也。
2017-05-10 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キモヲタがGWに行く秋田&岩手 (前編)

うっかり1か月ブログ放置してしまい、広告が出ちゃいましたね。
キンプロが無くなってから、まあ更新するネタもないこと。
キンプロの代わりに艦これが復活し、アイマスも始めていますが、それもおいおいはネタに。
では久々の更新は先週の小旅行の話。


5月4日(晴れ)
GW。
18きっぷも北海道東日本パスのシーズンでもないので、この時期は殆ど動かず。
なのですが、今回は諸般の事情につき急遽この時期に東北に行くことに。

毎年ちんたら行っている東北路も今回は新幹線で。
7時半ごろの列車だったので朝飯は勿論駅弁。
170508

1705082
東京駅にて、「まぐりいくら弁当(1250円)」を購入します。
思えば、東京駅に来るのも久しぶり?
意外や意外、毎年あまり使っていないんですよね。
肝心の味はマグロが辛いという事以外はうまし。
「辛めの漬けで~」とは書いてありますが、もう少し薄めでもいいと思う。
(※味の評価はいつものとおり、
???>うまうまきゅん>うまお>うまし>うまい>この料理を作ったのは誰だぁ!、です。)

列車は盛岡を過ぎ、秋田新幹線内へ。
そのまま走って、本日のメイン観光である角館で下車。
1705083
東北観光は大体目ぼしい場所は制覇してきましたが、角館で降りるのは初めてですね。

角館と言えば武家屋敷ですがまずは昼食。
1705084
私がこの世で最も美味い麺屋(うどん屋ではない)だと思っている稲庭うどんの佐藤養助。
の、うどんを角館で唯一使っているという「ふきや」というお店でいただきます。
お馴染みの稲庭うどん2色ダレに加え、自家製おにぎり(梅&ゆかり)と出汁巻卵もセット(1500円くらい)。
うん、うどんはやはりこの上なく美味い!
評価で言えば「うまうまきゅん!!!」を軽く超えていくレベル。
いつもは食事でけちる私でもランチ1500円が全く惜しくないレベルで美味い!
その滑らかな食感と、絹のようなのど越しは他に比類すべきものは存在しません。
その一方で、おにぎりと卵焼きはいらんなぁ。
おにぎりは至って普通。出汁巻卵も並で、そこいらの居酒屋で食べられるくらい。
普通にうどんだけで良かったですね。

さて、角館を歩きましょう。
1705085
メインストリートの武家屋敷群は駅から歩いて10数分といったところ。
江戸時代から続く家屋と道路がそのまま残されております。
もう少し時期が早ければ、両サイドの桜並木も満開でしたねぇ。

1705086
武家屋敷群の中で、唯一現在まで子孫が続いているという石黒家を見学。
佐竹家の家臣の家系であり、現在もここに住居は使われております。

1705089
古き良き日本家屋。
現在も住んでいる方がいるという事で、公開されているのは入り口付近のみとなります。

1705088
時期的にも、ということで立派な五月人形が展示中。

1705087
ふすまの上には、光を通して対面の壁に絵を浮かび上がらせる仕掛けが。
この他にも、昔の農工具などが展示されております。

続いて角館樺細工伝承館へ。
17050810
入り口には満開の角館の枝垂桜もまだ残っておりました。

17050811
樺細工の他に色とりどりのみこしなども。
撮影禁止なのも多かったので写真はありませんが、販売もしておりますので是非買ってみてくださいませ。

17050812
道中にも桜が何本か残っていました。

続いて角館武家屋敷資料館。
17050813
角館を治めていた佐竹北家にゆかりの品々が展示されております。

メインストリートの各所には庭園が解放されている場所が。
17050814
まだ所々に桜が咲いております。

17050815
それにしても今日は暑い事!
気温は26度くらいで、東京よりも暑いんじゃないか。
半袖で十分でしたね。

とまあ、こんな感じで角館を2時間半ほど散策。
今回はこの後の行程もあるのでそそくさと歩きましたが、
他にも石黒家以外の武家屋敷や、桧木内川の桜並木なども見どころですかね。
もう少し早い時期に来れば、満開の桜並木が迎え入れてくれることでしょう。

盛岡から宮古へ。
夕食は駅周辺の居酒屋「浜ゆう」で。
17050829

17050830
刺身盛り合わせ(本マグロ、カツオ、真鯛、カレイ)などを食します。
うん、文句なしで美味いですね。どれも新鮮でぴっちぴち、まさしく昇天しそうです。
特に今日は真鯛が絶品だったなぁ。
いつも食べてるやっすい刺身とはわけが違いますね。
うまうま昇天・改で文字通り至高。


5月5日(晴れ)
前略。
盛岡から始めます。

昼食です。
17050816

17050817
当ブログをこれまで読んでいただいている方には、もうお馴染みの光景かもしれません。
今年も盛岡ではお馴染み、冷麺と焼き肉の名店「ぴょんぴょん舎」でいただきます。
毎年食べておりますが、写真は使いまわしではございません(笑)。
ちゃんと撮りなおしていますよ。
盛岡三大麺の1つ、冷麺を食べるならここに入っておけば間違いなし。
高いレベルで安定しております。付け合わせにチヂミを食べるのが我が家の鉄板。
わんこそばやジャージャー麺も食べたい気分ではありますが、結局冷麺になってしまいますねぇ。
ちなみにわんこそばなら「あずまや」がお勧めです。

今日も秋田新幹線に乗って移動。
角館の手前、田沢湖で降ります。
駅からはバスで15分ほどで湖畔に到着。
ここからは遊覧船で移動しますが、その前に周辺を見学。
お土産所の裏手に秋田にゆかりのある動物がいました。
17050818
こちらは秋田で有名な比内鶏。
角館で食事した際に迷ったのが、うどんを食うか、比内地鶏の親子丼を食うかということ。

17050819
こちらは暑さでぐだっている、天然記念物の秋田犬。
君は暑さが苦手なフレンズなのかな?
分かりづらいですが、思ったよりもとてもでかい!

17050820
そして秋田名物きりたんぽの味噌味を頂きます。
きりたんぽを食べるのって実は初めてだったり。
あー焼きおにぎりを張り付けたような感じなんですねぇ。

さて、ここからは遊覧船で湖の対岸へ移動。
17050821
湖畔の乗船口へ向かいます。

17050822
田沢湖と言えば日本で一番深い湖として有名です。
水が青く澄んでいて素晴らしいですね。
背後には雪化粧の残る秋田駒ケ岳(多分)が!

17050823
こちらは御座石神社。
かつて佐竹家の殿さまが、ここでせり出した岩の上に腰をかけて将棋をさしたとか。
右側の柵のついた木が七色木というもの。
なんでも一つの幹から7本の違う種類の木々が生えてきたという伝説が。
何故柵がついているのかというと、根元に触れると雷雨&暴風が吹きあれるかららしい。

17050824
田沢湖のシンボル「辰子像」。
辰子というのはこの湖の守り神という娘。
詳しくはwikiにでも書いてあると思いますが、
辰子という娘が永遠に美を求め願掛け、すると山奥の泉の水を飲めという天啓が。
そこで水を飲むも、飲めば飲むほど喉の渇きを覚え、それを飲み続けるうちに龍になってしまう。
それによって雨は降り、雷は落ち、辰子は湖に沈んで守り神になったのだという。
という、よくあるような話です。

17050825
遊覧船はここで下船。

17050826
今度は湖をバックに、陸地からの辰子像を。

帰りはここから先ほどの御座石神社を経由し、バスで再び田沢湖駅へ。
田沢湖からは大曲まで新幹線で行き、そこで乗り換え。
本日の最終目的地、横手に到着しました。
今夜の食事は「横手と言えば・・・」のこれ!
17050827

17050828
B級グルメのなかでもトップクラスの知名度を誇る横手焼きそば!
これを出す店が横手にはたくさんありますが、今回は駅前の「食い道楽」でいただきます。
一緒に注文した1枚目のはおススメだという鳥皮ギョーザです。
うむ、横手やきそば、これは「うまうまきゅん」ですね。
甘目のソースと目玉焼きがしなやかな麺にとてもよくマッチしています。
付け合わせの福神漬けもいいですね。ちょっとした酸味がアクセントになり、これがまた旨みを倍増させてくる。
そしてギョーザも美味しい!
そとはカリカリで中はジューシーの王道は守りつつ、とても歯ごたえがあって直よし。
大満足で2日目の行程を終えます。

~後半へ続く~
2017-05-08 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キモヲタの山陰巡り Part4

1月8日(曇りのち雨)
今日は東京へ帰ります。

さて、朝から京都観光です。
といってもそんなに遠くには行けないので駅周辺を。
そういえば京都で降りてしっかり観光するのって、中学の修学旅行以来15年ぶりかも。
何度か通ることはあっても、なかなか駅から出ないんですよね。

そういうわけで1か所目は駅からも近い東寺。
160114
修学旅行の時は主に金閣寺や銀閣寺、清水寺や南禅寺など、駅の北側が中心でした。
なので、東寺は初めてです。他にも昨日訪れた伏見稲荷や、南部の宇治などもまだ行っておりません。

1601142
東寺と言えばやはり五重塔。
現存の木造塔としては日本で1番の高さを誇ります。
遠くからも見える当時のシンボルですね。

1601143
そして国宝の金堂。
東寺の中心といえる建造物です。

続きまして、東寺より線路を越えて北側に歩くこと15分ほど。
1601144
西本願寺の国宝・唐門です。
直、こちらからは入れないようで、東寺から来るとぐるーっと東側へ歩く羽目になります。
向かいには龍谷大学も。

そして西本願寺。こちらも来るのは初めてです。
1601145
うおーでけー!
と、思わず声が出てしまう位壮大ですね。
こんなん立派な建物だとは知らなかったです。

1601146
水受けを天邪鬼が支えているのがユニークですね。

2か所の参拝を終え、開館時間が近づいてきたので移動。
1601147
梅小路公園の市電広場を越えて・・・

1601148
京都鉄道博物館!
そうです、今回の重要目的地の1つはこちら。
大阪の交通博物館から移転し、昨年4月にオープンしました。
それにしても人多し!
10時の開館ピタリに行きましたが、既に博物館前は長蛇の列・・・
これは少し侮っていたか。まだオープン1年ということで、もう少し余裕を持ってくればよかったかも。

1601149
中は屋外の車両展示と館内の展示、両方があります。
イメージとしては大宮の鉄道博物館に近い感じになったのかな。
広々としたスペースがとても開放的です。

16011410
私の1番好きな車両である583系もあります。(展示は581系)

16011411
展示資料には昔の時刻表などが。
うーん、時代を感じます。

16011412
昭和の駅という展示も。
駄菓子屋があり、三輪自動車があるという光景。

16011413
のそばには、交通博物館時代からの目玉(だと個人的に思っている)キハ81系!
このブルドック顔の現存車両がみられるのはここだけですね。貴重です。

16011415
企画展では、昨今めっきり少なくなったブルートレインの展示が。
青函特急が消え、今では青い客車のブルートレインは完全になくなってしまいました。
私が乗ったのは、結局「はまなす」の1回だけでしたか。
夜間移動は便利なのですが、いかんせん値段は高いし、空路やバスに負けちゃうからねぇ。

16011414
お馴染み、模型運転コーナーもご立派な造り。
HOゲージでこれくらい作るには、一体いくらかかるんですかね?ウン千万単位か。

16011416
この博物館の目玉、梅小路の蒸気機関車庫です。
これだけ並んでいると壮観ですな。

16011417
そういえば屋外の旧型客車の中に謎の人形が(笑)。
この顔が全ての窓から外を眺めていました。いい遊び心ですね。

とまあ、鉄道博物館も堪能し移動へ。
もっとじっくり見てもよかったですが、いかんせん人も多いので駆け足に。
それでは京都にサヨナラしましょう。
16011418
と、駅前から京都タワー。
そういえば京都タワーも今まで登った事なかったですね。
次来るときは登って見たいと思います。

京都から関西の大正義こと、新快速で移動。
まあ、京都以東はあんまり通過駅もないのですが。
さて、これでこのまま乗り継いで東京へ・・・の前にもう1か所。
途中、彦根で下車します。
これで実は、島根、鳥取に続いて、今回滋賀県に初めて入国いたしました!
いやー滋賀県って通ることは何度もあるのですが、降りるのは今回が人生で初めてとなります。
と、まずは駅前の食堂「八千代」で昼食。
16011419
彦根にはB級グルメの彦根丼があると聞きますが、なんか蒟蒻入っている様なので却下(嫌い)。
メニューを見ると飛び込んできた、近江牛すじカレー(930円)+半ライスサービスを注文。
これは・・・う、うまい!
牛すじがとろんとろんで、口の中で脂の甘さとカレーの辛さが見事な化学反応!
肉がたっぷりでボリュームも十分。
カレーは辛さ苦手な私でちょい辛でしたので、一般的には甘いほうかと。
これはご飯進みますよ!「うまうまきゅん!!+」で!

昼食に大満足し、いざ彦根の目玉スポットへ。
駅からは1km、彦根城です。
16011420
ちょうど入ったところで、ひこにゃんショーが始まってました。
普通に見ている分にはどうということもなかったですが、動いているのを見ると愛らしいですね。
てか、雨なのにすごい人だなあ。

博物館をさらりと見学し天守へ。
16011421
坂が厳しいですね。
私の旅行あるある、で終盤に入ると足がおかしくなっているというのがあります。
今日も朝から歩き通しなので、この石段はハード・・・

16011422
ヒーコラ言いながら天守まで到達。
先日の松江城に続き、この彦根城も現存天守のうちの1つであります。
のちに安政の大獄で有名になる、井伊家が城主をつとめておりました。
築城されたのは関ヶ原の後ですね。

また例によって、オリジナル天守あるあるの「階段がきつい」が発動。
今回は松江城よりも人が多く、より窮屈できつく感じます。
天守からは琵琶湖などが見られますが、本日は霧が濃く微妙・・・
人も多いのでさっさと退散しました。

16011423
お堀に一羽の白鳥が。
「餌をあげるな」と看板がでていたので、住み着いているのでしょうか。

16011424
最後に併設されている日本庭園「玄宮園」を通って駅へ。
4代目の井伊直興が整備した層で、美しい日本庭園が広がっております。
と、この時は予定以上にゆっくり見てしまい、次の列車まで急いでいる状況です。
発車まで残り10分と大ピンチでしたが、辛うじて米原行きに飛び乗れましたが。
わりと時間は余裕をもって計画を作ってはいるのですが、今回はやたらとダッシュの場面が多い事。
それだけ予想以上に魅力的な場所だったという事です。

そういえば、現存天守はまだ多いですが、国宝に限っては5か所のみ。
うち、彦根城、松江城、松本城は制覇したので、残りは姫路城と犬山城。
次の○○制覇はこれになりそうですかねぇ。
また近いうちに訪れてみたいものです。

あとはいつものようにダラダラと東海道本線を乗り継いで東京へ。
16011425
今回が3度目でしょうか。豊橋駅の駅そばも当然食べます。
店が変わっていた(フードコートが新設されていた)ので当初とまどいましたが、店と味はそのままでした。
豊橋駅の駅そばは日本一うまいですね。
非常に濃い出汁が最高で、天かすがたっぷり入るのも素晴らしい。
豊橋を通るときはかならず食べたいものです。文句なしで「うまお!」。
また、ノンビリ食べ過ぎて1本逃したか?と、思いや列車が10分遅れており当初の計画通りに進みラッキーでした。

こうして今回の旅行の全日程が終了。
毎度北の方はよく行きますが、西の方はさっぱりで今回は2年ぶりでした。
前回北海道に行ったさい「西の方は訪れていないので近いうちに~」と書き、それが実現できたので良かったです。
未踏三県だった島根、鳥取、滋賀もクリアし、47都道府県制覇への道もM13ですか。
この調子ならあと3回旅行すればクリアできるかも?
いつになるか分かりませんが、また新しい場所へ訪れられればいいなと思っております。
それでは、またどこかでお会いしましょう。
サヨウナラ。

~完~
2017-01-14 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キモヲタの山陰巡り Part3

1月7日(曇りのち晴れ)
朝、KOK Jr.開幕に際し、ホテルのPC前で色々と奮戦する(笑)。
今となっては思い出話ですが、あわや鉄道乗り遅れで以降全て予定が狂う大惨事になるところでした。
というかホテルが駅から徒歩5分となってたけど、猛ダッシュで6分の間違いだから!
朝から久々にダッシュして疲れました。

160113
さて、今日はまず北近畿タンゴ鉄道に乗って「あの日本三景」へ。
長らく訪れてみたかった場所へついに行きます。

福知山から1時間ほどで駅に到着。
駅にwifiスポットがあったので、タブレットからKOK Jr.のリーグをスタート。
これでひとまずの役割は終えほっと一息。では観光へ。
1601132
こちらは駅前にある知恩寺。
写真は需要文化財にも指定されている多宝塔です。
軽くお祈りを済ませてゴー。

まずは地上から攻略いたします。
1601133
またなんともいえないゆるキャラが・・・

1601134
そしていよいよ松の並木道が目印の「天橋立」へ。
高所から眺めるのは後ほど。まずは歩いていきますよ。

1601135
天橋立というと展望からの眺めが有名ではありますが、地上の道も実に素晴らしい!
両端を松林に囲まれ、その向こうには海。
まだ8時前後なので人もほとんどおらず、静寂に包まれております。

1601136
いやぁ、浜辺も静かでいいですねぇ。
これは最高の散策コースではないでしょうか。

1601137
道中にはなぜか、軍艦春日の15cm砲が。
なんでも大正12年に海軍思想普及のために置かれたそうです。
砲弾一発100円ですって。勿論当時の価格で。

1601138
天橋立途中のスポット、磯清水です。
海に囲まれているにも関わらず真水が湧いております。

こうして天橋立を渡り切るまで約50分。
長いようですが、道は平たんですし環境もいいので楽ちんですね。
是非展望や海から眺めるだけでなく、直に歩いてほしいもの。

1601139
では満を持して展望スポットへ。
傘松公園のケーブルカーを登っていきます。

16011310
そしてお馴染みの光景へ。
これにて私・・・
「祝!日本三景制覇!!」
であります!
(↓以下2か所の記事)
松島
宮島
あしかけ3年でしたか。これでまた1つの目標を達成いたしました。
次は、
12球団ホーム球場制覇
最東西南北鉄道駅制覇
47都道府県制覇
のいずれかを狙っていきたいと思います。

さて、旅路に戻ります。
16011311
天橋立の目玉、瓦投げ。
3回投げて中のわっかに通ると開運のご利益があるというもの。
直、無事爆死しました・・・これ練習しないと無理ですねぇ。

16011312
そしてこれもやらなければいけません。
股から覗いての天橋立!
ご丁寧に「ここから覗けよ」と書いてあるのでやってみました。
まあ・・・こんなもんですね。

傘松公園の展望台から登山バスで7分ほど。
16011313
西国三十三か所の1つでもある成相寺を参拝します。
道中は凄い所を登っていきますので、健脚な人以外はおとなしくバスを利用したほうが得策でしょう。

16011314
比較的新しい五重塔が目印です。

16011315
成相寺から少し歩くと、さらに高みの展望台へ行けます。
いいですねぇ。

傘松公園を降り、帰りは観光船で天橋立の駅まで戻ります。
そこで昼食。
16011316
駅の近くで「にしんそば」をいただきます。
私、にしんそばが大好きなのでござんすよ。
家でもニシンの買ってきてそばにぶちこんで作っちゃうくらい好き。
ニシンの微妙なしょっぱさと蕎麦が最高のマッチングですよね。
ちょこっと身をほぐして一気に食べてしまうのがオツですね。「うまお!」で。

予定では文殊の方にも上るはずでしたが、傘松公園でゆっくりしすぎたのでカット。
再び北近畿丹後鉄道に乗って移動します。
天橋立からは40分ほど、西舞鶴で降ります。
そこからバスで15分ほど。
1601132021
舞鶴海軍記念館です。
聖地巡礼、というほどのものではないけれど、艦これをやっていた際に来たかった場所ですね。

16011317
まずは東郷元帥像がお出迎え。
館内撮影禁止だとどっかで聞いたような気がしましたが、問題ないようですのでじゃんじゃん撮ります。

16011318
日本初の国産ジェット戦闘機、橘花の資料とか。

16011319
勲章なんかも。

16011320
と二部屋みたら終わってました。
江田島の記念館の様な感じかな、と思っていたら意外とこじんまり。
あら、文殊行っても間に合いましたねぇ。
でもまあ、こういう実際に訪れてみないとわからないのも旅行の醍醐味です。
ちなみに↑の写真、柵が砲弾の形をしております。

1601132022
海軍記念館から10分ほど歩いて、次の目的地の北吸桟橋へ。
道中は官民多くの船が見られます。
造船所ではなんかタンカーぽいの造ってますね。

1601132023
そして桟橋へ。ヘリ搭載護衛艦のひゅうがさんがいました。
どう見ても空母ですね。ごちそうさまでした。

1601132024
続いて護衛艦あさぎり(151)と、まつゆき(130)です。

1601132025
こちらは補給艦ましゅう。
補給のみならず、病院船としての機能ももつハイスペック艦です。
いずも型の登場までは、海自では最大の艦だったそうです。

16101326
はやぶさ型ミサイル艇のはやぶさと、うみたか。
他には、せんだい、ふゆづき、あたごなども見られました。

16101327
桟橋を出て数分歩くと、舞鶴の代名詞的存在ともいえる赤レンガ倉庫群が。

その一部は市の施設や博物館、お土産屋に改装されております。
16101329
映画「日本の一番長い日」のサイン色紙が展示されてました。

16101328
舞鶴と言えば!の海軍風肉じゃがの作り方も。
私、あまり肉じゃがは好きではないのですが、このレシピで今度作ってみようと思います。

16101338
こちらは赤レンガ博物館。
ここはスナップ撮影のみOKということで、コンデジで撮影しております。
中は、世界のレンガにまつわる説明が色々と。、
レンガ一つでも中々奥が深いものですね。

16101339
2回には日露戦争についての展示も。
鹵獲してきたロシア艦というのも色々あったんですねぇ。

これにて舞鶴も一通り回ったので、後にしましょう。
本当は引揚記念館も見たかったのですが、あそこはいかんせんバスの便が悪い。
訪れるにはそれを最優先で計画を練らんといけないので厳しいです。
またいづれ機会があればと。

東舞鶴の駅まで歩いて、そこからまず綾部で乗り換え。
と、ここで1つミス。
なんか京都に着くの遅いなぁ、と思ったいたら綾部と園部をごっちゃにしてたという・・・
そら京都まで40分で着きませんわ。
そんなわけで舞鶴で早かった時間も、いつの間にか計画通りに。
途中、嵯峨嵐山で降ります。何故かというと夕食のため。
16101330
京都と言えば鴨、九条ネギ、豆腐!
というわけで全て味わえるうどんの名店、嵐山うどん「おづる」へ。
注文したのは鴨うどんセット(1400円くらい)です。
豆腐に、かやくご飯、そして鴨と九条ネギうどんがセットで食べられるといういいとこどり。
個人的にうどんの関西出汁はあまり好まないのですが、これは鴨の出汁とネギの香りが存分で十分!
麺も腰があってとてもうまい!豆腐はプルンプルンで味も濃い事!
これは文句なしで「うまインゴベルナブレス デ アラシヤマ」ですね。
はい、「うまうまきゅん!!」を越えた最上級です。ごちそうさまでした。

さて、いつもなら夕飯後はすぐにホテルに直行ですが、今日はまだ続きます。
京都駅から奈良線に乗り換えて二駅。
16101331
伏見稲荷大社!
京都でも1,2を争う人気スポットですね。
これまで1度も来たことが無かったので、今回訪れました。
ここは24時間開門なのでいつでも入れるというのが魅力。
そしてライトアップされ、より雰囲気も出ております。

16101332
伏見のお稲荷さんも見つめています。
これが夜になると動き出すとか?

16101333
千本鳥居も雰囲気が出てます。
完全に異界への道。俺屍の鳥居千万宮ですよ。

16101334
左右どっちに行きますか(右側通行です。)。

16101335
これ振り向いたら戻れなくなるやつじゃないですか。
シャッター開いている時に宮司さんが歩いて行ったので心霊写真ぽくなりました。

16101336
横から見るとこんな感じ。
で、終わり。
いやー夜の伏見稲荷は素晴らしいですね。
昼間だと混んでいるスポットも、夜間(20時ごろ)だと人もまばら。
ライトアップで雰囲気も出ており、本当に異形の地という感じがします。
怖がりな人以外は是非行ってもらいたいですね。

で、京都まで戻ります。
今日はここまでです。
16101337
おお懐かしの103系!
久しぶりに乗りました。

~つづく~
2017-01-14 : 旅行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

キモヲタの山陰巡り Part2

1月6日(晴れ)
朝からホテルの飯が微妙だったが、安宿だったので気にしない。
やっぱ大手のバイキング形式が1番ですねぇ。

本日は米子よりスタート。
160112
まずは米子駅から境線で境港へ。
米子駅では久々に末期色の115系と出会う。広島からも駆逐されそうなので山陰へ逃げてきたか。
列車は鳥取方面からやってきたので学生でにぎわっておりました。

さて、これから向かう境港といえば、漫画家・水木しげる先生の出身地として有名。
1601122
それもあり、道中の駅には全て妖怪名のニックネームがついております。

米子から50分ほどで境港に到着。
1601123
駅も鬼太郎キャラ一色という徹底ぶり。

1601124
駅前、そしてメインストリートの水木しげるロードには、水木作品のキャラクターの銅像がいたるところで見られます。

1601125
街灯も目玉オヤジをもしたものに。
とてもユニークですね。

1601126
ぬりかべ細い!
こうした銅像がなんと153体も展示されております。
距離は800mですが、全部見るのはなかなか大変です。

1601127
銀行のATMコーナーも洒落が効いています。

そんなこんなで水木しげるロードを歩く。
道中、朝で人も少ないのでスタンプラリーの本を買い、そちらもやりながらと。
直、このスタンプラリーは全37ポイントがあり、結構ハードなので注意。
(私は時間もあり全部は回れませんでした・・・)
1601128
そして9時半のオープンと同時に、水木しげる記念館へゴー!

水木ワールドを体感できるいい施設ですね。
各漫画とキャラクターの紹介から、リアルな妖怪の模型まで。
1601129
水木先生の私用品、パスポートまで見られちゃいます。

16011222
うん、実に世界観がいいですねぇ。
とぼけたようなデザインから、少しの恐怖と皮肉を混ぜたような作品群。
水木先生の作品は、フルでしっかり読んでことはないので、この機会になんか買ってこようと思います。

16011210
記念館を出て、駅に戻る道中には妖怪神社も。
祈ると魂持ってかれそうなのですが、大丈夫ですかね・・・?

16011211
そして帰りは妖怪列車がきたー!
往路ですれ違ったので、帰りに乗れるかな?と思っていたらホントに乗れました。
一両目が鬼太郎車両、二両目がねずみ男車両となっております。
他に目玉おやじ車両と、猫娘車両もありますので、境線をご利用の際は是非乗ってみましょう。

16011212

16011213
私はねずみ男車両に乗りましたが、中もただのラッピング車両と侮ることなかれ。
座席、さらには天井にもキャラクターが描かれておりこだわりを感じます。
さらに車内アナウンスはコナン・・・ではなく鬼太郎と猫娘によるご案内が。
いやーこれは嬉しいなぁ。ファンの人にはたまらんことでしょう。

16011214

16011215
米子からは鳥取へ移動。
あんまり時間もないので、昼食は駅弁で。
マツコの番組で取り上げられたという鯖寿司を購入してきました。
いつも思うのだけれど、駅弁というのは、
・手軽に
・冷めても上手い
・ご当地のもの
の三か条が重要だと思うので、そういう意味ではこの手の寿司は一番合ってるのかなぁと。
実は今回の旅行はあまり駅弁のお世話にならないので、食べたのはこれだけだったり。
味は、癖のない締め具合と、昆布巻が絶妙にマッチしており美味しい。
ただ、鯖寿司といえば私はやはり八戸駅の小唄寿司を推したい。
あちらと比べると少し劣ってしまうか。「うまし!」で。

米子から2時間15分ほどで鳥取に到着。
鳥取と言えば言わずもがなのアレである。
16011216
鳥取砂丘!
まあやはり鳥取と言えばここですよね。
砂漠に来るのはペルーのなんとか砂漠以来、人生で2度目でしょうか。
夏場来たら地獄でしょうが、今の時期は寒いだけなのでいい感じ(暑がり)。

ただ・・・
16011217
怖い(爆)。
日本海を望む位置まで砂丘を登ってきましたが、これが予想以上に高くて恐ろしい・・・
私は何より高い場所はノーサンキューなのであります・・・
ここまで来るのに、後ろを向かないように冷や汗かきながら必死で登ってきましたよ。
しかも今日は風がぴゅーぴゅー吹き付けてきているので、余計にしんどい。

16011218
ガチで足ががくってくるので、写真だけ撮ってすぐにリターン。
降りるのは非常に怖いのですが、まあ転げたところで死にはしないと言い聞かせて下山。
子供とかダッシュで登って一気に滑り降りているのを見ると、非常に羨ましい。
まさか砂丘がこんな高いとは思っていなかったぜ・・・
もっと公園のちょっとパワーアップした位に思っておりました。
靴の中が砂まみれになったのは言わずもがな。

バスの本数が少なく、時間がだいぶ余ってしまっので恒例のアイスタイム。
16011219
地元名産の梨味を食す。
やっぱりアイスは寒いときに食べなきゃ。
梨の味と香りがいい感じ美味しいですね。

鳥取から今夜のお宿まで一気に移動。
途中浜坂で乗り換え、2時間ほどで豊岡に到着。ここで降りて夕食にします。
16011220
夕食は駅前の「大石屋食堂」でカニラーメン(750円)。
おじいちゃんとおばあちゃんがやっている、古き良き大衆食堂の様な雰囲気がとてもノスタルジック。
味はあっさり醤油スープに、細麺、そして予想以上に蟹の身がたっぷり!
これで750円とは非常にお安い!
もやしさえ入っていなければ完璧でした。私、ラーメンにもやしとコーンは絶対NG派です。
それでも「うまお!」ですね。
大分疲れていたのでこれだけでしたが、他にもいろいろ食べりゃよかったかなと。
1人旅だと居酒屋とかは入りづらいので、こういう食堂が駅前にあると有難いですね。
直、先ほどまて乗っていた列車の運転士さんも私の後に入ってきておりました。
常連なようでお店のおじいさんと色々愚痴等を話しておりましたが・・・
うん・・・JR西日本も色々大変なんですね・・・

さて、最後に1つ。
豊岡駅のホームには、
16011216
カバンの自販機なるものがあります。
あまり知らなかったのですが、豊岡はカバンの街として有名なようです。
なのでこのようなものがおいてある模様(他にも街中にもあるようです)。
一個1500円と、ネタとして買うには微妙なラインなのでスルーしましたが、次来る機会があったら買うかも?

この後豊岡から1時間20分ほど列車に乗って福知山で今日はおしまい。
温泉付きホテルだったのでゆったりし、明日以降への充電をします。

~つづく~
2017-01-12 : 旅行記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

キモヲタの山陰巡り Part1

1月5日(曇りのち晴れ)
今年の冬は今まで全く訪れたことのない山陰地方へ行きます。
その最大の目的は出雲大社への初詣。
2年前に伊勢神宮を訪れた際、次回は出雲と考えておりましたが、昨年は時間がとれず断念。
今年、ようやく行くことができました。

160111
朝、羽田発7時25分の便で出雲へ。
バスで行くか、サンライズ出雲で行くかも考えましたが、前者は前に広島まで行った際全く眠れず涙目だったので却下、後者は年始は6日からのスタートだったので断念。
無難に飛行機で行きます。

朝一の便、しかもメジャーな路線でないとあってガラガラ。
二人席を両方使えたのでゆったりでした。
前に飲んでおいしかったJALのコンソメスープもいただき満足です。

1時間半、定刻通りに出雲空港着。
ここからバスで直接出雲大社前まで。
約40分ほどで到着!
1601112
天気はやや曇り、後に小雨。
そして人は多し。
ちなみに私は島根県を訪れたのが、今回人生初めてであります。
また未到県を1つクリアしました。47都道府県制覇まで頑張りましょう。

出雲大社と言えば、オオクニヌシのミコトを祭っている神社。
まあ、簡潔にいえば日本神話のドンが鎮座しているという事。
そして各所にそれに関連した神様が祭られております。
解説も色々と書いてありますので、興味のある人は自分で調べましょう。
個人的にはアラミタマとかサキミタマとか、神話よりもペルソナの印象が強いという。

1601113
大きな太い注連縄が目印。
まずは拝殿、その奥の本殿(本殿は撮影禁止です。)に参拝しましょう。
直、出雲大社の参拝方法は通常の神社とは違うという注意が。
ここでは二礼から、四拍手での礼になります。4回手を叩きましょう。
その理由は幸せの「シ」だからだそう。あんまり深い意味ではないようです。

1601114
続いて神楽殿。こちらも同様に参拝します。
この後は境内を一周。
勢溜の鳥居、祓社、松の参道、銅鳥居、大国主大神と兎の像、拝殿、御本殿
八足門、素鵞社、神楽殿、十九社、釜社
と、MAPにそってぐるりと回りました。

1601115
素鵞社(そがのやしろ)の前には↑のような兎の像が。
とてもかわいいですね。

1601116
出雲大社を出て、15分ほど歩くと稲佐の浜へ。
ここはオオクニヌシとタケミカヅチが国譲りの交渉をした場なんだとか。
テレビなんかでは縁結びスポットとして紹介されていたような気がする。
わざわざ歩いた割には・・・という感じが(汗)。
夏場ならビーチでにぎわっているのかもしれないが、この寒空の下には人も少なく、真ん中の弁天島がぽつんと佇んでいるだけで少し寂しい。

歩いているうちにお昼になったので昼食へ。
出雲と言ったらなんでしょうか?
桃鉄を1度でもやったことある人ならわかりますね。
1601117
出雲そば!
早速買い占め独占すべく、大社前の「八雲そば」でいただきます。
注文したのは三食割り子(1020円)です。
うむ、そばつゆに絶妙な甘さがあり、それが非常にマッチしております。
椛おろしもいいアクセント。蕎麦は文句なしにうまい!
これはいきなりの「うまうまきゅん!!」でしょうか。
(今回も食事の感想の基準は、???>うまうまきゅん!!>うまお!>うまし!>うまい>この料理を作ったのは誰だぁ!!、の六段階評価です。)

続いて出雲大社を抜け反対側へ。
島根県立古代出雲歴史博物館へ行きます。
1601118
いわゆるこの辺りで見つかった土器などが展示されております。
教科書等でみるやつですね。

1601119
注目はかつての出雲大社と言われる模型。
かつて平安時代以前には、高さ100mに迫る柱の上に立っていたともいわれる(真偽は不明)。
その後平安時代には半分になり、今現在の平地になったとのこと。
これだけの建造物が古代にあったとなればそれはロマンですねぇ。
もっとも、現在にあったら登るのが非常にダルそうですが。

もう1つこの博物館で魅力的だったのがこちら。
16011110
集めも集めたりの銅剣コレクション。
弥生時代や古墳時代のものと思われる青銅の剣がずらり。
ここまで揃うと壮観ですね。青銅とはいえ、ライトアップもされて輝いております。

博物館を出て再び15分ほど歩き。
稲佐の浜とか大社から歩くと結構遠いので注意。(バス少ないだもん)
16011122
現在の一畑電車の駅よりさらに南にあるのが、国鉄の旧大社駅。
平成2年まで使われたこの駅は、国の重要文化財にも指定されております。

16011111
駅構内はかつてのまま。駅舎部分だけは線路が残されており、今でも使えそう。
中には錆の目立つD51がぽつんと・・・

16011112
旧大社駅から戻ってくる過程で、出雲大社第一の鳥居も。
来るときはバスで通り過ぎただけなので、改めて中をくぐります。

一通り出雲大社は回ったので移動。
一畑電車で松江に向かいます。
16011113
懐かしの車両が走る一畑電車で約1時間。
松江宍道湖温泉駅に到着。JRの松江駅とは大分離れているので注意しましょう。

駅からも15分歩いて松江のシンボルに到着。
16011114
松江城です。
歴代藩主は堀尾氏、京極氏からの松平氏(徳川家康の孫系、次男秀康の三男の家系)。
松江城と言えば、オリジナルが現存する12の天守のうちの1つで、国宝にも指定されております。
現存天守の城を訪れたは弘前城、松本城に続いて2か所目(姫路城は中に入っていないのでノーカン)です。
直、今回もう1か所後々訪れますのでお楽しみに。

中はお城ではお馴染み、ゆかりの人々の武具や文化財を展示しております。
16011115
↑は大坂冬の陣にて、真田幸村が松平直政の奮戦ぶりを讃えて、投げ与えてという扇。
直↑は真田丸ですが、途中で通った島根県庁は既に井伊直虎ゆかりの地へ切り替えていた模様(汗)。

オリジナル天守の城あるある。
「階段がキツイ」
をヒーハー言いながら乗り越え天守へ。
16011116
天守からは宍道湖など、周辺を一望できます。
ここは時期もよかったか、人も少なくじっくり見られました。
松江の観光としては最高にいいので、訪れた際は是非行きましょうね。

城を出て、北口方面へ10分ほど歩くと、松江で有名なあの人のスポットへ。
そう、ラフカディオ・ハーンこと、小泉八雲記念館であります。
小泉八雲と言えば多くの怪談話(雪女や耳なし芳一、ろくろ首)など、日本の昔話や伝奇話をまとめ翻訳し海外へ発信した人ということで有名でしょう。
以前、歴史秘話ヒストリアで紹介されていたさいに興味を持ち、ここも来てみたいと思っておりました。
16011117
中はそれほど大きくありませんが、八雲の生涯から日用品まで展示されております。

自身が日本を回って見た、聞いた、集めたというものも。
16011118
写真はなんか微妙にツボに入った、ぶきみ・・・なんともいえない人形。

博物館の隣には八雲の旧家が。
16011119
こじんまりとした造りで、日本庭園に囲まれております。
ここで色々とあーだーこーだと書いたのでしょうか。

さて、松江の最後は宍道湖で締め。
16011120
宍道湖を望む夕日スポットとして有名な、袖師地蔵と嫁が島を入れての撮影。
直、この後曇ってきてしまい、日の入りの場面は全く撮れませんでした・・・

宍道湖から駅へ向かい夕食。
徒歩で歩くと結構あります(20分位)ので、賢い人はバスを使いましょう。
この日は宍道湖名物のシジミご飯を食べる予定でしたが、行くはずの店が閉まっていたのでチェンジ。
駅ナカのそば屋「たたらや」で出雲そばのWヘッダープラスで行きます。
ワイは麺食いですので、三食麺でも余裕なのです。
16011121
そば+赤貝の炊き込みご飯とシジミの味噌汁のセット(1000円)です。
宍道湖関連の何かは入れたかったので、この2種類の貝が食べられるというのは良い。
宍道湖は海水と淡水が混ざっている湖ですので、こうした貝類の他にもスズキなどがあがるそう。
蕎麦は昼の店には劣るが、他は美味い。実に落ち着く味ですね。
冬場はやはりこうした味噌汁に限りますな。
赤貝ご飯もさっぱりした味つけで、歩きまくって疲れた胃にはやさしい。
これだけあって1000円なら安いもの。「うまお!」で。

以上松江の観光も終え、列車で40分ほど乗って今日の宿泊地の米子へ。
県境を越えましたが、島根に続き、鳥取も初訪問となります。
明日はそんな鳥取観光に終始することでしょう。

~つづく~
2017-01-11 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キモヲタの北方遠征 Part4

8月17日(台風)
朝から文字通りの波乱であります。
昨晩から雨脚が強まってきましたが、この日はいよいよ北海道上陸とのこと。
それにより何よりの不安は交通網のストップです。
JR最弱のJR北海道では、とても耐えられそうもありません。
朝のニュースでも、既に道東方面は全線運休が決まっていると。

今日はまず昨日行った羊ケ丘展望台の代わりに、北海道大学植物園へ行く予定でした。
が・・・この台風の中、屋外の展示など見られるはずもなく。
予定を繰り上げ札幌駅へ行きます。
未だ室蘭・函館本線は大丈夫そうなので、とりあえず函館方面へ移動。
その最中、植物園の代わりになにか見ることのできる屋内施設(駅近必須)はないかと検索。
すると、千歳に鮭の水族館なるものがあるらしいとの情報。
前に札幌周辺の観光地を調べた際に出てきた覚えがありますが、適当にスルーしたかと。
あまりメジャーではなさそうですが、とりあえず行ってみましょう。

エアポートを千歳でおり、徒歩10分ほど。
千歳と言えば、空港よりも艦これの千歳姉さんが思い浮かびます。
艦娘では2番目か3番目に千歳さんと結婚したいですね。
160827
戯言はさておき、降りしきる雨のなか千歳水族館へ。
予定外でしたが、今回2度目の水族館を訪れることになるとは。
まだ開館間もないので誰もいないかと思いや、すぐ隣に道の駅がある関係でぼちぼち人もいます。
まあ、この雨の中、鉄道で来るもの好きは私くらいでしょうが。

1608272
中は淡水魚を中心に展示されております。
名前の通り、鮭や鱒が多く、食卓に並びそうな魚も数多く飼育されています。
ヒメマスのアルビノという珍しいのも。こうなると美味そうではないな。

1608273
鮭も鱒も似たようなものですねぇ。
ぶくぶく太って、非常に・・・(以下省略)。
ちなみに似たようなものと書きましたが、安い寿司などのサーモンは大抵マス(ニジマス)ですね。
最近は近くのスーパーでも「トラウトサーモン」と表示が書かれてます。

1608274
去年、稚内水族館でもやったドクターフィッシュ!
これむっちゃ気持ちいいんですよ。肌の病気もあるので、是非とも全身やりたいくらい。
人も少ないのでじっくり楽しむことができます。

1608275
いつも水族館では動きが少ない生物を中心に撮影していますが。
↑は電気ウナギです。びりびり。

1608276
これはなかなか独特な模様の魚。見たことないかも。
ナマズの仲間のメガロドラスです。

1608277
なんか毒々しい模様の淡水えい、ポルカドット・スティングレイ。
当然毒持ち。つぶらな眼が実にかわいい。

1608278
アルビノのメキシコサラマンダー、通称ウーパールーパー。
白い。

水族館の壁と千歳川が接しており、このような展示?も。
1608279
当然ながら濁流なので見通し悪し。ただ、意外に魚はよく見られましたね。

16082710
ワイが好きなうつぼちゃん。ここのは小さい。

終わりにはアイヌ関連の展示も。
16082711
アイヌの伝統料理だって。
うま・・・うまそう・・・?

こうして1時間ほどで千歳水族館を見学。
終わってみて思いましたが、想定をはるか越えて面白かったですね。
小規模な水族館でしたが、飼育されている生物は淡水魚を中心に洗練されており、しっかりと展示の意図が伝わってきました。
その淡水魚を中心に見どころも十分あり。
アクセスも良好で札幌、新千歳空港からも近いので、ちょっと時間があるときにはうってつけの水族館ですね。
植物園の代わりで急遽訪れましたが、とても楽しむことができました。

千歳から再び移動し、まずは苫小牧へ。
なんか北海道に行くたび、苫小牧には寄っている様な。特に何か見るものがあるわけでもないんですが。
列車の待ち時間が1時間半ほどあるので、ここで昼食。
16082712
特に名物も思い浮かばず、駅近くにめぼしい飲食店もなかったのでカフェでタレカツ丼をいだたきます。
タレカツ丼で北海道名物だっけ?と調べたら、新潟のB級グルメでした。
何故苫小牧で?と疑問は尽きない。うまし。

今のところ予定通りに列車は動いていたので、このまま函館方面へ。
往路は特急ショートカットを使いましたが、今回は用いず。
そもそも当初は飛行機で帰ろうと思っていましたが、今年は出だしが遅く、狙いのチケットが全く取れず。
帰りはフェリーとはいろいろ考えたんですが、空路がダメなら陸路で戻ればいいじゃん!と。
往復列車で北海道は当然初めてですねぇ。

苫小牧から1時間20分ほどで東室蘭。
東室蘭から1時間半ほどで長万部・・・までは行きません。
今回は途中で降りますよ。
16082713
噂の秘境駅こと小幌駅!
日本一の秘境駅とちょっと前から有名になり、昨年は廃止という話も。
沿線自治体の説得もあり、辛うじて存続したのは記憶に新しい所。
私はそもそも秘境駅には興味がありませんが、ここだけは1度来てもいいかなと思っておりました。
したら、今日の予定でうまくアクセスができたので今回訪れました。
いつ廃止になってもおかしくはない環境ですからね。
直、私を含めて6名の方がこの駅で降りました(汗)。

16082715
うん、知ってはいましたが何もない。
両側を山に囲まれており、トンネルの間に粗末な乗り場が置かれているだけです。

16082716
外に出ようにも、出られる方向は海側のみ。
しかも小さな海岸があるのみで周囲は断崖絶壁という。
かつてはそこに漁村もあったようですが、それも何十年前のこと。

16082714
列車の本数は意外と多い(錯乱)。
JR北海道にはさらにアクセスのやばい駅が多くあるので、日に4本あるというのは十分?
来年行けたら始発&終電が9時台の新十津川にも行きたいなぁ。

16082717
あと、何より迫力があるのが、ここを特急や貨物列車が高速で通過していくという事。
ホームも狭いのでなかなか危険。

16082718
駅こそ秘境ですが、幹線なので通過する列車は意外と多いです。
通過前にはアナウンスが入りますので、身構えておきましょう。

小幌で30分ほど待って、今度は室蘭方面の列車に乗ります。
ここにいても仕方ないので、伊達紋別くらいまでは戻ろうかなと。
と、思っていたところで、ついに恐れていた事態が・・・
大雨により列車ストップ(死)。
まさか、ここでついに止まってしまうとは。よりによってここで。
非常にまずい予感がしますが、完全ストップではなく一時見合わせのよう。
現に、アナウンス後も特急が過ぎていったので、まあ待ってれば来るかと。
しかし、その後はなかなか列車は到着せず。長万部から向かう列車が雨で出発できないとの事。
まさか、ここでこんなに待たされることになるとは。
結局、1時間半ほど待ってようやく到着。ふぅ~

その列車も洞爺止まり。折り返しになったので、そのまま長万部へ。
16082719
この頃には雨も上がっており、夕陽と雲のコントラストが美しくみられました。
しかし長万部でかにめしでも買おうと思っていたら、既に売店は閉店・・・
伊達紋別や、ここで夕食を買いのがしたのが後々響いてくることに。

長万部から新函館につく頃にはもう夜も遅く。
さあ、ここでなんか食うもん買うかと思ったが・・・
何もねぇ・・・恐ろしいくらいになにもねぇ・・・
まさかただの1軒のコンビニも開店してないとは・・・
いくら僻地にたてたとはいえ、もう少し開拓してから新幹線駅としてオープンしてほしかったですねぇ。

仕方ないので飯も食わずに、北海道新幹線の最終に。
23時過ぎに青森につき、ここで本日の行程は終わり。
台風は大きく影響しませんでしたが、まあいろいろ疲れた1日でした。


8月18日(晴れ)
最終日です。今日は東京に戻ります。

まず青森からは青い森鉄道の始発で・・・
って運休してるだと・・・?!
北海道では台風の影響で大きく行程がかわることもなかったですが、ここにきて受けることになるとは。
しゃあないので始発2本目に。これで2時間ほどの遅れが決定。

昨日の教訓を生かし、今日はちゃんと早めに食事を買っておきます。
16082720

16082721
八戸駅で焼き鯖寿司を購入。食べたのは盛岡駅で。
ほうほう、焼き鯖をすし飯にのしても中々どうして美味いものですな。
八戸では小唄寿司も鉄板ですが、これも非常にいい。うまお。
ちなみに本来は仙台に昼頃着き、時間もあるので周辺をぶらぶらして牛タンを食べようと思っておりましたが。
遅れでカットになったためこうなりました。

この後、持ってきた本を5冊すべて読んでしまったので、急遽本屋で1冊購入すべく仙台駅でちょっと下車。
時間が30分ほどしかなかったので、当然散策もなく、あとはお土産を買うのみでした。
この後、福島、黒磯と乗り換えて宇都宮へ。
宇都宮では勿論おります。人生ゲームのSTOPマスみたいなものです。
16082722
夕食は宇都宮餃子館で12種食べ比べセットを。
一皿で色々な餃子を楽しむことができます。
大体美味いのですが一つ、チーズだけはどうしてもうけいれられず。
チーズも脂分なんだから、脂×脂でこってり濃厚がすぎる。これはちょっと無理でしたね。
あとキノコ系もイマイチ。独特の臭みが強まって、食えるレベルではあるがイマイチ。
つまるところ、オーソドックスなニラやニンニク、野菜餃子がいいですね。うまし。

そして宇都宮といえばいうまでもなくこれ。
16082723
毎回駅で色々買い込んでいますが、今回はこれくらいで。
いやーもうレモン牛乳好きでね。東京都民としてはスカイツリーとトレードしたい位。
リアルガチで近くのスーパーにも仕入れてほしいと願っておりますが・・・
残念ながら数年前に1度入ったのみ(その時購入しまくり、冷蔵庫が埋まったのは言うまでもない)で、あまり評判も芳しくないのか、以降全く見かけておりません。
死ぬほど美味いわけでもないのだけれど、とにかく定期的に摂取したい、そんなレモン牛乳が大好きです。

宇都宮からは本数も多く、東京まですぐ(2時間)なので特にあれこれありません。
これにて今回の旅行の全行程が終了となります。

やはり夏は北に行くに限ります。ホントに東京に戻ってきて暑くて死にそうです。
また今回は、随分前からの目的であった、12球団ホーム球場制覇への道・札幌ドームに行けたのは何よりも大きかったです。
さて残り5球団(福岡、広島、大阪、甲子園、名古屋)に行くのはいつになるのか・・・
なかなか西側には行っていないだけに、早いうちに行けたらいいのですが。
まあ、それはのちのち。
またどこかでお会いしましょう。サヨウナラ。

~完~
2016-08-27 : 旅行記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR