日々の生活や趣味のことを気ままに綴っていくブログです。 ゲームアニメ等、激しくネタばれ要素を含みますのでご注意ください。 文章、画像の無断転載は止めてください。

か・ん・こ・れ Part38 -冬イベント2018(後編)-

後半戦です。

▼E-5(甲作戦) 出撃回数69回
180323

1803235
難易度:★★★★★
資材消費:★★★☆☆
ストレス:★★★★★


やっちまったねぇ・・・長い長すぎる・・・
調べてみたところ、2015年秋イベントE-4の58回を超える過去最多出撃回数の69回!
なお、E-4はグラーフ・ツェペリン堀りを含めてたので、単純な攻略回数ではダントツである。
とにもかくにも「長い」、このマップはそれに尽きる。

前後半分かれての攻略でまずは補給作戦。
初体験の7隻遊撃艦隊で出撃していきます。
とはいえ、道中が鬼畜極まりないこと・・・
道中4マス、すべてに大破要因有り。ボス到達率は極めて悪く、とにかく祈るのみ。
この時点で、「遊撃司令部」を持っていないのも痛手でしたね・・・
それでいてボスも安パイとは言えず。
不運が重なると敗北してしまい、その場合は補給ゲージを減らせない憂き目に。
ここまでたどり着いての敗北はホント心折られますよ・・・

それでもヒーコラ言いながら前半を終わらせ、ギミックを解除した後に後半へ。
よくあるパターンでは前半きつい分後半は楽、な筈なのだがその定義はここでは通じず。
ゲージを削るまでは問題ないのだが、とくかくラストダンスが厳しい。
後半も道中は大破要因が複数潜んでおり、まったく気が抜けず。
結局道中で消費してしまい、ボスに殆どダメージが与えられずじまいというのも少なくなかったです。
3日挑んでダメだったら難易度下げるか・・・と思うも、
1803234
23度目の正直でなんとか勝利!
ようやく・・・ようやく・・・で終わりました。ほんと疲れましたねぇ。

なお、さすがにやばいと、ここで戦闘詳報任務をこなし司令部ゲット。
この後通常の司令部を手に入れるべくE-1に大淀掘りに行きますが、なんと一発ゲットという強運も。


▼E-6(乙作戦) 出撃回数20回
1803232

1903236
SS撮影ミス、↑に足柄LV95、ローマLV95がいます。

難易度:★★☆☆☆
資材消費:★★☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


E-5でがっつりメンタルを削られた3番DH提督に、もはや甲作戦を選ぶ気力は残されていなかった・・・
というわけで、E-6は最初から乙作戦で。
艦これを攻略する際は、事前にwikiや他サイトをじっくり研究しますが、E-6、-7と段階的に難しくなると聞いてはね。
流石に甲作戦を選ぶことはできなかったです。はい。

さてE-6。ここも遊撃艦隊で出撃します。
MAPは3段階になっているものの、各ゲージは少なく比較的サクサク進む。
甲と乙ではこうも違うのか?と改めて実感させられますねぇ。
各ゲージで道中に大破要因はあるものの、E-5に比べればはるかに薄い要素。
また、ボスまで到着すれば一隻退避していてもほぼ撃破。
今回の堀要員であるタシュケントがあっさり出たのも、メンタル的にはプラスでしたかね。
嵐の前の静けさというべきか?特に問題なくクリアできました。


▼E-7(乙作戦→丁作戦) 出撃回数58回(+サラトガ掘り12回)
1803233

1903238

1903239
難易度:★★★★★+
資材消費:★★★★★+
ストレス:★★★★★+


いよいよ最終回海域。
今度Flash→HTML5に移行し大幅アップデートが行われる前、第1部のラストとなります。
まあ端的にこのMAPを言い表すならば、
鬼!悪魔!ヘイグ!コンラッド!メンチ!フォード!キンケード!グリーンウェル!
と言いたくなるような鬼畜っぷり。
数多の歴戦の提督がこの難易度に散っていったというのは伊達ではありません。
当然甲作戦を選ぶわけもなく、最初から乙作戦で。

まずは前半戦、ギミックをあっさり解除しゲージ攻略へ。
巷ではこちらが本番といわれているほど難易度が高いらしい。
と、道中大破が続くも、あっさりゲージを削りきることに成功。ラスダンへ。
しかし地獄はここからだった・・・
まあボスが固い固い!
ラスダンになると随伴艦が強化されることもあり、なかなか削り切れず。・
対ボスを見越し、雷巡や秋月型を削り、速吸や鳥海、雪風を入れるも今度は道中大破祭り。
特にNの潜水艦隊、Tの空母おばさんには何度心を折られたことか・・・
資材ばかりが減り続けるも、一向に撃破には届かず。
ついにラスダン40連敗を記録してしまった・・・

ここでついに白旗。資材(燃料)が1万を切って、さすがに第2ゲージもあるのでやばいと感じ始めました。
なんかもう来週1周忌を迎えるあのゲームで、RCのみで公式王者ガチデッキに5連勝(最終戦のみ5タテ必須)をやれというような気分でしたね・・・
おとなしく今回から実装された丙の下の丁作戦に変更します。
するとあらどうでしょう?最初の出撃で問題なく撃破。
ギミックを解除し、第二ゲージも撤退なしで準ストレートクリア!
感動のエンディングを聞いて(武蔵嫁提督としてはなんともいえない気持ちでした(´;ω;`))、冬イベは終わりを告げました。
その後、サラトガ掘りで何度が出撃。

18032311
燃料が610になった所でこちらもギブアップしました。

改めて後半戦の戦果と振り返り、
19032310

18032312
難易度は甲→乙→丁と推移。
去年春以来のオール甲作戦はならず。
今回はマップ自体の難易度はもちろん、縛りや装備の不備がきつかったです。
あの来週1周忌を迎える~でいえばブースト不足で、鈴木軍やバレクラを強いられるようなもの。
やはり1つイベントを飛ばすだけでなかなか難しいものです。

そしてこれで艦これの第一部が完結。
HTML5へ移行し、さらにゲームとしては複雑になっていくのでしょうか。
しかし、ここに一つの宣言!
「次は1年ぶりのオール甲作戦でクリアしますっ!」
と言っておこう。(※なお、状況次第であっけなく翻る可能性があります。)
残念ながら春の佐世保コラボは行けなさそうなので、その間は次のイベントへじっくり準備していくことにします。

それではマリ戦も始まるので、これにて18年冬イベントの報告とさせていただきます。
お疲れマンモスでした。
~完~
2018-03-23 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

か・ん・こ・れ Part37 -冬イベント2018(前編)-

GRAVITY DAZE2を問題なくトロコン。
1で未解決だったものが無事解決し、とても素晴らしいエンディングでした。
その後、ガルパンのゲームの出来がなかなかなようですが、新品ではいいかなとスルー。
夏頃発売予定のDQB2に備え、PS4のDQB1を買ってせこせこやっております。

さて、久々に提督業。
というのも、今回待望の武蔵改二実装!
長らく嫁艦として我がハートを鷲掴みにし、毎年年末にはMVPが定位置になり既に殿堂入りへ。
それにつられてうかうかと参戦したわけです。
もっともレベルは十分でも、戦闘詳報がなく改二になるまではまだ時間があるのですが・・・

180301
まずは開幕前の状況から。
前回(17年夏イベント)から殆どログインしておらず、資源はその時からほぼ変わらず。
まあ各10万は超えているので問題ないでしょう(慢心)。
それにしても半年、1回のイベントを飛ばしただけでwikiには知らない言葉が多数・・・
戦闘詳報、警戒陣、遊撃艦隊等、まずはじっくり熟読することからイベントは始まります。
最近のイベントはホントに作りこみが深いので、まず作戦内容を理解し噛み締めないと後々後悔することに。
同じ類のキンプロは半年休養しても特に浦島太郎にはならなかったんだがなぁ。


▼E-1(甲作戦) 出撃回数16回
1803013

1803012
難易度:★★☆☆☆
資材消費:★☆☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


まずは開幕のE-1。
ここ最近ですっかり定着している対潜マップですね。
対潜は良くも悪くも装備次第というところ。レベルは低くても高レベルな装備が用意できればどうにもなるし、逆に対潜装備の開発をサボっていると思わぬ苦戦を強いられる。
また、先に「作戦内容を理解し噛み締める」と書いた通り、今回もこの後の展開を見据えての編成が重要。
特に今回はこの後の縛りもきつく、編成メンバーには十分気を付けたい。
と、言いつつ、ここで祥鳳は出さなければ・・・と後々後悔することになるのだが。

難易度的にはそれほどではないが、ストレートクリアできるほど簡単でもなし。
ボスまでいけば問題なく倒せるのでゲージを削るのは難しくないが、道中は大破要因有り。
また、ギミックの解除も必要になるので、開幕戦といえど簡単には通してくれないようだ。


▼E-2(甲作戦) 出撃回数17回
1803016

第一艦隊
1803014

第二艦隊
1803015
難易度:★★☆☆☆
資材消費:☆☆☆☆☆
ストレス:★☆☆☆☆


栗田・西村両艦隊を用いて、早くもがっぷり乙での連合艦隊マップ。
ここも前半はギミックを解除し、後半からボス戦という仕様。もう大半はこのパターンですね。
問題はその前半で、とにかく縛りがきつい・・・
最短ルートには西村艦隊の7人中6人を使えという仕様。
キンプロならスタンダードで8人鈴木軍使えと言ってくるようなものである。
そんなわけでほったらかしだった山雲&朝雲を急遽育成し臨む。
ギミック要件には面倒くさいPT子鬼が現れ、これまた一筋縄ではいかない。
機銃や見張り員を装備させれば命中がアップするようなので試すも、なぜかイマイチだったり。
なのでまずは最深のYマスを攻略だ!と通常装備でいったらあっさり解除出来たり。
なんだかなぁ。

唯一栗田艦隊でのギミック解除は、普通に挑むとこれがなかなか厳しい。
が、潜水艦隊でいくとあっさり。
そこからボス討伐に移行するが、こちらは比較的楽に。
西村艦隊と違い、該当艦が多いので十分な艦隊編成が組めます。
また、ボス自体が弱いうえ、道中も1つ前が少し厄介くらいで殆ど問題なし。
現に大破撤退は1回のみ、道中退避を1回もすることもなくクリアできました。
消費資材は多くなりそうなのですが、なぜかE-1クリア時よりも増えてますねぇ・・・


▼E-3(甲作戦) 出撃回数12回
18030110

第一艦隊
1803018

第二艦隊
1803019
難易度:★☆☆☆☆
資材消費:★★☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


難しそうに見えて簡単だったマップ。
まず前半のギミック解除はまるゆの単艦でらくらく。
空襲も優勢を取る必要があり、1度は基地航空隊を2つ防空に回さないといけない点だけは注意。

後半は小沢艦隊での総攻撃。まずはショートカットを出してからが本番です。
道中は強そうに見えるのだが、秋月&初月の対空カットイン無双で大きな被害は出ず。
ボスへの安定到達に関して、間違いなくMVPといえる大活躍でした。
ボスは毎度おなじみ空母おばさん。
固い、強い、新型機と三拍子そろっていますが、こちらも十分な戦力を組めるマップなので撃破は十分できる。
ラストは随伴艦隊が強くなり、流石に苦労することも想定したが、
1803017
頼れる北上さんが250越えのダメージを叩きだし快勝!
今回は一発だったが、十分沼る要素もあり。ホントに北上サマサマですよ。


▼E-4(乙作戦) 出撃回数14回
18030114

第一艦隊
18030112

第二艦隊
18030113
難易度:★★☆☆☆(乙作戦)
資材消費:★★★★☆
ストレス:★★☆☆☆


前半戦のラスト、とにかく・・・「長い!!」これにつきる。
採点編成でもボス含めて7戦。しかもどのマスも侮れずに油断はできない。
今後も考えて潔く「乙作戦」にしました。
wikiを読んで、後のマップが全部甲でクリアできそうなら、ここも無理して甲で行ったんですがね・・・
どう考えてもE-7の甲作戦は選択肢にない(wikiを読んでいて絶望するレベル)ので甲勲章は諦めました。

前半の西村艦隊でのギミック解除は一発。これはまあ問題ないでしょう。
問題は後半、燃料&弾薬切れと闘いながら道中7戦をしてボスを目指さなければなりません。
基地航空隊はフル稼働で道中&決戦支援もあり、艦隊には武蔵や長門なども並ぶため資材消費も厳しい。
とにかく早いうちにちゃっちゃとクリアしたいところ。
ここでも摩耶&照月の対空カットインが大活躍!
空襲戦×2、軽空母が襲ってくるポイント×2ではホント助かりました。
鬼門といわれていたボス前の戦艦×6はがっつり基地支援を飛ばしていることもあり大きな被害はなし。
甲作戦だとここに基地航空隊を出せないと聞くので恐ろしい・・・

ボスは難敵の悪ガンビア・ベイ。
固いうえに随伴艦も面倒、ボス到達10回で倒せたのは4回。乙作戦でも5分の2というレベルです。
加えて最終段階では、まったく制空権が取れず・・・
加賀の彩雲を外し、筑摩を水上機ガン積みにしても足りず・・・
だったのですが、
18030111
第二艦隊が奇跡的に無傷だったこともあり、夜戦で激勝!(フィニッシュは大井っち)
友軍艦隊できた西村艦隊も活躍してくれましたね。
ここも沼らずラスダン3回目で行けたのはラッキーでした。

18030115
こうして前半戦終了。
残念ながらオール甲作戦は早くも途切れましたが、まあどうせE-7が無理なので仕方なし。
後半戦も頑張って進めていきましょう!
2018-03-01 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

か・ん・こ・れ Part36 -夏イベント2017(後編)-

本日のメンテで夏イベが終了。
それでは後半戦の模様を振り返っていきましょう。

▼E-5(甲作戦)
出撃回数15回

170912

1709124
難易度:★★☆☆☆
資材消費:★☆☆☆☆
ストレス:★☆☆☆☆

後半戦へ。
最深部前の「嵐の前の静けさ」ともいうマップでしょうか。
躓いたのは最初のギミック解除のみで、その後は順調に突破。
ボスまで道中6戦、合計7戦という長丁場にもかかわらずあまりストレスがかからず。
道中の大破要因が少なく、支援を送っておけばかなり安定して進むことができる。
まずは無難に突破と。


▼E-6(甲作戦)
出撃回数48回

1709122

第一艦隊
1709125

第二艦隊
1709126
難易度:★★★☆☆
資材消費:★★★★☆
ストレス:★★★★☆-


ながーーーーーーい!!
その一言だけで片付きそうなマップです、はい。
まずは過去最多ともいうTP1800を削る補給戦から。
道中の敵も厄介で大破要因は少なくなく、水上か機動か全力で行くことが求められる。
当然補給ゲージを減らすのは時間がかかるので、とにかく出撃&出撃の繰り返し・・・
ボスの編成も曲者でS勝利がなかなかとれないというのも問題。
合計3戦で済むのはありがたいが、それでももうこのマップは金輪際見たくないと感じてくる。
道中、ルイージと藤波が新入りで来てくれたのは救いか。

無事補給をクリアしたのち、2本目のゲージへ。
補給装備は外していいもの、道中の敵は強敵ばかりに。
ボスはあまり強くなく、S勝利は支援なしでも容易いのは救いか。
しかし、ラスダン時に道中大破が連発し足止め。
序盤は支援なしでもポンポン行けたが、ここは運が悪いとほんとに進まない。
比較的E-6は容易いという話も見るが、あくまでE-7に比べればの話。
難易度としては普通に平均以上はあると思う。決して簡単なマップではない。


▼E-7(乙作戦)
出撃回数27回

1709123

1709129

17091210
難易度:★★★★☆-
資材消費:★★★★☆
ストレス:★★★☆☆


これまでで最高の難易度を誇るとわれる最終マップ。
複数のギミック、道中ボスのオールスター、ボスは鉄壁編成・・・
ラスダンともなれば、上級者の編成でも10回に1回しかボスに行かないか言われるレベルである。
甲作戦の編成を見て、「あ、これは気が狂うやつだ」と感じ、乙作戦で挑戦へ。
甲に挑んでいいのは、ランキングでも上位の人か、しっかり時間をつぎ込める提督に限られると思われ。

乙にした分、だいぶ攻略は楽に。それでも順を踏んでいろいろやっていく必要はあり。
まずはギミック解除。
解除マス自体は大した敵でもないので倒すのは楽だが、とにかく数が多い。
まずは1段階目で5つ、それをクリアしたうえで2段階目の2つをこなす必要がある。
これを終わらせれば道中のショートカットができ、一部の敵の防御力も落ちる。
ここからがこのマップのスタートラインだといえるか。

そしていよいよ本丸へ。
甲に比べれば数は少ないものの、道中は過去のボスのオールスター編成となっている。
特にHの潜水隊が鬼門か。
対戦装備を充実させてる余裕はあまりなく、どうしても雷撃の一発で大破多数。
ただ、司令部で2人撤退させても意外とボスまでいくのでそこは気にせずガンガン進む。
空母おばさん、夏ダイソン+子鬼、を抜けてボスへ。
ボス自体は基地航空隊を1つぶつけておけば、普通にS勝利はとれるくらいの編成。
実際ラスダンまでは決戦支援もなく、到達さえすれば安定して倒すことができました。

1709127
ラスダンではおともに夏ダイソンが加わるも、最終時はきっちりボス以外を全滅させて夜戦へ。
大井がしっかり仕留めて無事クリアとなりました。

1709128
これにて無事夏イベントも完走。
今回は全甲作戦突破はなりませんでしたが、まあラストの編成みりゃやる気も先に失せるというもの。
あれを突破できるのは、よっぽどの精神力と忍耐力がないとダメよ。
「全員キラ付け?めんどくせー」という、No単調作業な身には無理無理無理のカタツムリ。
まあ、最低限の目標である完走はできたので良しとしましょう。

これにて2017年夏イベント、終了の報告とさせていただきます。
~完~
2017-09-12 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

か・ん・こ・れ Part35 -夏イベント2017(前編)-

何年ぶりかでどこにも行かなかった今年の8月。
言わずもがな、G1を見てドラクエ11ばかりやっておりました。
ドラクエは現在トロコンまであとちょっと。
レベル絡みのものだけ残しており、現在80~85レベルですので数日の間に終わると思います。
こちらの感想はまた改めていずれ。

8月22日 トロコンしました。

さて、キンプロ≒艦これネタも通用しなくなってきたので、普通に夏イベントへ。
前回1年ぶりに復帰した春イベに続いて今回も参戦。
開始時の資材貯蓄状況はこんな感じ。
170821
大体6月末くらいまで任務こなしながら資材を貯蓄。
7月はまあいいかと放置しておりました。
各15~20万はたまっておりますので、まあ大丈夫でしょう。

さて今回のイベント。
既に速攻クリア勢の報告が上がっている通り、「過去最悪レベル」の難易度を誇るとの事。
特にE-7はやりこみ勢でもかなり厳しいという話。E-3、E-4も難しいとのこと。
とりあえずE-7は私が到達するまでに新しいギミックが見つかることに期待をしつつ、
それまでは今回もオール甲作戦で進めようと思います。
では前半のE-4まで振り返っていきましょう。


▼E-1(甲作戦)
出撃回数9回

17082111

1708212
難易度:★★☆☆☆
資材消費:★☆☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


まずはお試しのE-1・・・
とは言いたいところだが、そこそこの難易度はある初戦。
今回も春に続きE-1は対潜マップですが、前回よりも難易度は確実にアップしています。
しっかりとしたブースト(装備)がないと、かなり苦戦を強いられそう。
先制対潜はかなり重要で、早くも新入りの海防艦の活躍が。
また、1にも2にも対潜だっ春とは違い、道中の通常艦隊にも気を払わなければなりません。
とはいえ初戦なので時間はかけずに。まずは1日で突破!


▼E-2(甲作戦)
出撃回数22回

17082112

1708213
難易度:★★★☆☆
資材消費:★☆☆☆☆
ストレス:★★★☆☆


前回もE-2は曲者だったようですが、今回も洗礼を浴びせられるのは2面か・・・
ギミック解除は問題にないにしろ、早くも道中4戦という長旅。
ボスはそこそこでも、道中は大破要因が多く侮れません。
ただ、ここと次のE-3で御札はセットなので、それを見越していればもっと戦力を投入できていたような。
E-3は前半の山場の1つですので、戦力を割く要因は十分あり。


▼E-3(甲作戦)
出撃回数34回

17082113

第一艦隊
1708215

第二艦隊
1708216
難易度:★★★★☆
資材消費:★★★★☆
ストレス:★★★★☆


さあやってきました。前半戦の山場E-3!
補給からのゲージ破壊という、最近お馴染みの二段構えの戦いになっております。
まずは補給戦。
道中、ボス共に強敵揃いで大破要因多し。
共に支援を最初から出して全力で攻略していきます。
補給戦のうちはボスまで行けばどうにかなるので、とにかく出撃あるのみ。
1人撤退してもS勝利は狙えるので、ガンガン進んでいきます。

問題はゲージ破壊。
道中5戦でボス含め計6戦という長丁場。
連合艦隊で、大破要因を減らすために道中&決戦支援は必須というフル出撃パターン・・・
当然資材は湯水のようになくなっていきます。
それでも高速編成で、大和型らがいない分まだマシなのか?
そして待ち受けるボスの重巡夏鬼・・・
お供も強いうえに、自身は鉄壁の装甲を持つ難敵中の難敵です。
まあ、削っている段階からS勝利が1回だったので、相当苦戦するだろうなとは思っていましたが・・・
案の定ラスダンで大苦戦・・・結果16回の出撃を費やしました。

1708214
最後は頼れる北上さんが、二分の一を見事にスナイプ!
ここで下のヲ級狙った日にゃ(失神)。
と、なんとか頭も胃も痛くしながら前半の難所は乗り越えられましたとさ。


▼E-4(甲作戦)
出撃回数16回

17082114

第一艦隊
1708218

第二艦隊
1708219
難易度:★★★☆☆-
資材消費:★★★★☆
ストレス:★☆☆☆☆


当初はE-7の次に難しいと噂されていたE-4。
欧州艦3人で雷巡が入れられるようになったことで、大分簡単にはなった模様です。
ここもE-3に続いての2段階マップ。
ただし前半も補給ではなく、通常のボスゲージなので、最後は必ず倒さなくてはなりません。

前半はまず道中支援のみで攻略開始。
ボスは堅いですがE-3よりは重編成が組めるので、決戦支援なしでもS勝利を取ることができました。
ラスダンでボス支援も開始。
あとちょっとで倒せるという不運が続いたものの、まずは無難にS勝利で突破。
ここで苦戦していては後半戦に挑むのはつらいというもの。

そして後半戦。
道中が一戦増えて長丁場に。
ボスの装甲が大幅にあっぷし、雷巡や特攻持ちのプリンツ以外では倒すことは相当厳しい硬さ。
随伴艦も新型駆逐など、いやらしい面子を揃えており相当の苦戦を予感させる・・・
と思っていたのが・・・
道中撤退なしからの、S勝利であっさりストレートクリア(汗)。

170822
最後も、ラスダンにつき大井、プリンの攻撃順を下げて編成するも、その前のポーラがあっさり撃破してしまうという。
確かにボスは堅く苦戦する要素はありましたが、ここは運に恵まれました。
おかげでE-3の半分以下の出撃回数でクリア。
艦隊が重い分、資材消費は多いので、ここで沼らず行けたのは非常にプラスなような気がします。
いやぁ、よかったよかった。

17082110
これにて夏イベ前半戦のE-4まで攻略完了!
この後、後半戦へと突入していきます。

~つづく
2017-08-22 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

か・ん・こ・れ Part34 -1年ぶりの復活 春イベント2017(後編)-

昨日今日と、BOSJは好試合が多く面白いですねぇ(今日の第5試合の除く)。
最近は、
・キンプロ終焉
・相変わらずのリマッチ体質
・ただでさえベルトが多く、それぞれの意図も不明瞭なのになぜかUS王者創設
と、プロレス熱を急速冷凍させる話題ばかりだっただけに、今シリーズは純粋に試合を楽しみたいですね。
ちなみに今大会、私の推しはAブロックがドラゴン・リー、BブロックがACHで行きたいと思います。

さて、1年ぶりの復帰からイベントに挑戦中の実質キンプロこと艦これ。
一部ではキンプロ≒艦これ説は既に定義になりつつあります。
その割にプロレスを見た後のキンプロ欲が癒えないのはなぜでしょうかね?
そんな春イベントは後段作戦へ。

▼E-4(甲作戦)
出撃回数15回

170518

1705183
難易度:★★★☆☆
資材消費:★★☆☆☆
ストレス:★★☆☆☆


いよいよGRADE4、セミファイナルの試合です。
E-2、E-3とは変わって、特にギミックもなく一本調子なMAP。
とはいえ、戦闘回数が多く、ボスも油断ならない相手です。

珍しく?というか潜水艦が大きく鍵を握るMAPだということは間違いなし。
ある程度レベルの高いのがいるかいないかで、大きく難易度は変わることでしょう。
潜水艦なしだと、編成が軽くなりコストは安くなれど出撃回数も増えていくかと。
ボス戦を考えたときには、やはり強力な空母部隊で勝負したい。
ポイントは1にも2にも道中で潜水艦がやられないかどうか。
敵編成は強くはないですが、いかんせん耐久の薄い潜水艦に攻撃が集中するので大破撤退は避けられず。
試合前スキル、もとい基地航空隊&航空戦でいかに削れるかが勝敗を分けます。
特にCマスの軽空母改が鬼門。ここはもうお祈りするのみですかね。
さらにここを抜けると、今度はボス前で戦艦×2が潜水艦以外を狙ってくるという罠も。
ボスまで行けば削るのは楽なだけに、少しでも大破撤退率を下げて確実に攻めたいところです。

ラスダンではボス編成が強くなり、基地航空隊を2つ集中。
なので支援は薄くなりますが、そうしないとボスを倒せないので仕方ない。
意外にも4回目で倒せたのは割と幸運でした。
正直、編成とそれまでの雰囲気で、もう少し苦労すると思っていました。
空母中心という事もあり、燃料とボーキを7千ほど消費。


▼E-5(甲作戦)
出撃回数32回

1705182

第1艦隊
1705184

第2艦隊
1705185
難易度:★★★★☆-
資材消費:★★★★★
ストレス:★★★★☆


メインイベントです。
連合艦隊の2本ゲージ。1回の戦闘回数も多く、最終にふさわしいMAPとなっております。

前半はお馴染み、ダイソンこと戦艦棲鬼がボス。
かつてが「絶対に許さない、顔も見たくない」というほど恐れられておりましたが、最近はそれほどでもなく。
道中が弱く、ボスまで高確率で届くこともあり、殆ど苦戦はしませんでした。
まあ、これはあくまで前哨戦。本番はここからです。

問題は後半で、ボスの北方水鬼がまあ頑丈な事!
防御力はそれほどでもありませんが、HPは700超え。
おまけに連合艦隊で随伴艦にダイソン、ラスダンはWダイソンという隙の無さ。
実際、ボス到達15回で、倒せたのは僅か2回でした。
そして道中も楽ではなく、ボスまでは5戦。
しかも初戦はトリプル潜水艦、Fでは空母ヲ改が、KではW戦艦がこちらを破壊せんと狙ってきます。
大破撤退自体はそれほど多くはなかったですが、中破で攻撃力を削がれるパターンはかなり多かったかと。
水上、機動と、どちらでもボスへはいけますが、水上一本で行きました。

そして最後のラスダン・・・
Wダイソンはやっぱりきついよぅ・・・
こちらも戦力は惜しみなくだしていますが、なかなか撃破できず。
やはり基地航空隊の装備が弱いことが要因でしょうか。陸攻がもっと欲しい・・・
それでもどうにかこうにか、最後の出撃では基地隊だけでダイソンを落とせたこともあり辛勝。
資材消費を顧みず、基地航空隊を集中させたのが当たりでしたかね。
あと強烈な空襲が来るCマスを、秋月型投入で安定できたのもよかったです。
資材は燃料3万、ボーキ1万5千を消費。連合艦隊で戦闘多いですからねぇ。


こうして1年ぶりの復帰も無事にオール甲で完走。
難易度的には、E-5>2>4>3>1という感じでしょうか。
今回の難易度は「中の中」という意見が多いようですが、個人的には「中の上」くらいですかね。
やはり1年のブランクがあり、装備が万全ではないというのがきつかったです。
「レインメーカー」がなく、「ドロップキック」が最上位ブーストだったようなものですから。
それでもクリア自体は出来ましたので丁度いいレベルだったのではないでしょうか。
最後以外は特に「うがー!」と飯塚さん化することもありませんでしたね。
去年の春はどうもおかしくなっていたようですので、そうならなくてよかったです。はい。
2017-05-18 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

か・ん・こ・れ Part33 -1年ぶりの復活 春イベント2017(前編)-

キンプロが終わってから約1か月と2週間ほど。
毎日ルーチンワークの様にプレイしていた作品がなくなってしまいました。
その穴を埋めるべく?艦これを約1年ぶりに再開。
そして長らく放送を行ってきたコミュを、そのまま廃墟にしてしまうのはどうかと、毒クラゲ提督の元「ニコ生でキンプロ」コミュで、「ニコ生で艦これ(仮」の放送もスタートしております。
題字のゲームはなくなってしまいましたがコミュ名はそのままに。

でもキンプロと艦これって意外と共通点が多いような気も。
何個か挙げてみると、

・2012年サービス開始(艦これは4月、キンプロは10月)
・どちらもオーダーを設定し、試合/戦闘はCPUに任せるスタイル。
・レスラーとブースト≒艦娘と武装
・公式リーグ=各イベント、統一戦=高難度イベント
・強さ=レアリティとは必ずしも限らない。
・コスト=消費資材
・どちらも「K」からはじまる。
・略すると4文字。「きんぷろ」「かんこれ」
・遠征がある。
・試合前スキル=航空戦
・天龍、藤波、天山、YAMATO(大和)らが出る。
・大人気

これだけ共通点が見つかりました。もはやキンプロと艦これは同一の存在なのではないかと(違)。
なので、キンプラーは艦これをやればいいんじゃないですかね?

とまあ、前置きはこの辺りにして。
現在開催中の公式リーグ、もとい春イベントに参戦中。
私が最後に参加したイベントが去年の同じく春イベでしたので、約1年ぶりの復帰となります。
その間に新たなシステムや装備が、また一段と増えた模様です。
一応、公式のTwitterはフォローしたままだったのですが、休養中は殆ど読んでおりません。
なので、まずは新たなシステムや改変ポイントなどをしっかり理解しないと。

170512
まずはイベント開始前の、当鎮守府の状況から。
各資材は全イベント時から変わらず。当然ですが増えても減ってもいません。
まあ各9万以上は有るので余裕でしょう(慢心)。

今回のイベント。
久々の参戦ですが、難易度は勿論全海域「甲」で突破を目指します(甲乙丙で最難関)。
何分ブランクがあり、最善の艦娘や装備は揃えていないと思いますが、そこはキンプロで培った采配で。
やる前から負けること考えるバカはいるかよ、と偉い人は言っております。
では、まず前半戦E-3まで見ていきましょう。


▼E-1(甲作戦)
出撃回数6回

1705127

1705122
難易度:★☆☆☆☆
資材消費:★☆☆☆☆
ストレス:☆☆☆☆☆


まずは露払い。
1にも2にも対潜&対潜というマップ。
休業中に新たなに追加されていた「先制対潜攻撃」がカギを握りました。
まあ難しいことはなく、パラメータの対潜の値を100以上にすればいいとのこと。
対潜値の高い由良、五十鈴の2トップが大活躍し危なげもなく突破へ。
まだまだストレスも溜めません。


▼E-2(甲作戦)
出撃回数29回

1705128

1705123
難易度:★★★☆☆
資材消費:★★★☆☆
ストレス:★★★☆☆


思い出したぜ・・・イベント海域の洗礼というものを・・・
補給からのボス撃破という二段階のマップですが、前後半でガラリと難易度が違います。
前半戦は事故も少なく、問題なくクリア。
初っ端で国後がドロップし、その後も未所持の朝風が落ちるという幸運。
ちなみに今回はかなりドロップ運はいい感じです。

問題は後半戦。
ボスの重巡棲鬼がまあ固い事!
殆どダメージを与えられず、ゲージ破壊後も小破どまりが相次ぎました。
ボスまでは行くのでストレスは軽めかと思いや、ダメージが通らないのはイライラします。
色々と攻略記事も読み、途中から一戦多い空母2ルートで挑戦。
北上、ビス丸らも出し惜しみせず全力カットイン装備で。
最後はビス丸がカットインで決めました。
各資材は1万~を消費。通常艦隊にしては多め、それだけ苦労したということ。


▼E-3(甲作戦)
出撃回数24回
1705129

第1艦隊
1705125

第2艦隊
1705126
難易度:★★☆☆☆
資材消費:★★★☆☆
ストレス:★☆☆☆☆


まずルートを出し、そして補給作戦、最後にボスを倒すという三段階マップ。
今回は5面と、イベントにしては数は少なめですが、こういう長いマップが続きます。

第1段階は補給艦隊ですが、装備はフリーですので特に問題なくクリア。
第2段階は最初、ボスを削り切れず補給ゲージを減らせず。
楽に倒せる相手ではないので、阿武隈投入と決戦支援で安定させました。
最後、第3段階はこちらも水上打撃&縛りなしなので、文字通りの全力艦隊が組めます。
ボス自体は弱くはないですが、こちらも全力が出せるので全く苦労はせず。
装甲弱体のギミックもあるようですが、使わずに問題なくクリアできました。
何より道中の戦闘が少ない&弱いのがいいですね。
これが長かったり強かったりだと、ホントに「うがー」となってしまいますが、3戦なら全く問題ありません。
連合艦隊なので消費資材は1万前後とそこそこですが、E-2よりはずっと楽でしたね。


そしてここから後半2マップへ。
果たして全海域甲作戦でクリアできるのか?
大本営からの続報をお待ちください。

-後半へ続く-
2017-05-12 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

か・ん・こ・れ Part33 春イベント2016

いやぁ・・・今回はもう折れましたよ・・・
過去最高難度のイベントは伊達じゃなかったです、はい。
そんなわけで、メンタルダメージが深刻な為、今回はささっと振り返り。

まずは開始前。健全だったころ。
160531
冬イベ終わって、四月に今回のアナウンスがあるまでほぼほったらかし。
で、一か月前からせこせこと資材を集めこのように。
オール10万越え、向かう所不安なしという所。
ここからどれくらい減るかが楽しみですね。


▼E-1 (甲作戦)
出撃回数6回

準ストレートクリア。
大破撤退は1回のみで、それ以外は全てボス戦S勝利。
幸先よくスタートしました。

▼E-2 (甲→丙作戦)
出撃回数54回

もう・・・やめてくれよ・・・(絶望)。
二面にして今回最高難易度のMAPが・・・
序盤はトントンと進むも、最終編成のボスを倒せず出撃50オーバー。
掘りを除けば、過去最高回数の出撃となりました。
完全にメンタルが折れましたよ・・・
モニター前の私の惨状がどうだったかはご想像にお任せします(死)。

▼E-3 (乙作戦)
出撃回数10回

地獄で荒んだ心を癒されるMAP。
ボスを倒さなくてもクリアできるとか、嗚呼これぞ神の救済ですわ・・・
でも、E-2がぶっとびすぎているだけで、難易度的にはそこそこあると思う。

▼E-4 (甲作戦)
出撃回数15回

簡単と噂されていましたが、見事にラストダンスでドツボにはまる。
やっぱりE-2がおかしかっただけで、ここも通常ならそれなりの難易度だったと思う。
このレベルでも反動で簡単に見えるから不思議なものです。
なお、私の精神は順調に削られ、いつものように放送禁止用語の嵐となった模様。

▼E-5 (丙作戦)
出撃回数13回

始めに見た瞬間、「あ、これダメな奴だ」と感じたので最初から丙作戦で。
E-4で結構ダメージ受けたので、これ以上は私生活に影響してしまう。
ただでさえこの時期は独り言ぶつぶつ言って危ない奴なのに。
甲作戦は鬼畜みたいですが、流石に丙なのですんなり。
13回も出てるので、すんなりとは言わないかもしれないが、今回はこれでも楽な方。

▼E-6 (甲作戦)
出撃回数21回

一式陸攻(野中隊)が欲しかったので甲作戦。
ボス到達率は高いので、それほどストレスはたまらず。
そのボスはまさかのオールスター編成ですが、今回は航空支援でヒットすればどうにかなるという。
はっきり言って道中はどうでもいい、とにかくボスに行って回数を稼ぐべし!というMAPでした。
まあね、挑んでいるときは「ホントに、この編成倒せるのかよ・・・(絶望)」と思いがちでしたが。
勝てるときはホントにあっさり。今回は6度目のラスダンで、ボスに1022ダメで終了という。

▼E-7 (乙作戦)
出撃回数11回

E-6の上位互換。ボスにダメージが通りにくくなった版だと思えばよし。
そして甲と乙丙の難易度差がものすごく大きいですね。甲はE-6以上にオールスター編成(怖)。
既にやる気メーターががっちり削られているので、無難に乙作戦で攻略。
今回もE-6同様、航空支援、そして基地支援が重要でした。
攻略時は全くボスを倒せずも、ラストダンス2回目の航空支援で大ダメージが出てそのまま勝利。
ダイソン、駆逐古鬼クラスでもあっさり沈めてしまうから恐ろしい。
ん?このゲームは「航空これくしょん」だったっけか?

そんなこんなで今回のイベントも無事完走。
1605312
資材は各2万~6万消費したか。
まあ、甲作戦完走とかは狙っていないので・・・
そこまでやったら、資材よりもプレイヤーのダメージの方が遥かに大きくなりそう。
そんなガッツリ削られた春イベントでした。


そういえば、艦これアーケードがちょっと前から稼働し始めたようです。
私はゲームセンターがあまり好きではないので、当面プレイする予定はありません。
ただ、映像を見た感じでは中々面白そうだったので、並ばなくて済むようになったら1度はやりたいですね。
あれをねぇ・・・PS4(かVita)で出してほしかったですよ・・・
改とか・・・あれはなんだったのか?
1605313
じゃけん、DQH2でもやりましょうねー。
2016-05-31 : 艦これ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

訪問者カウンター

プロフィール

3番DH

Author:3番DH
性別:男
年齢:87年1月~
趣味:スポーツ観戦(野球、サッカー、プロレス)、アニゲ、漫画、小旅行など。広く浅くがモットー。
典型的なキモヲタ。

twitter

検索フォーム

QRコード

QR